メニュー

ハンドボール部

2019.04.15

関東学生春季リーグ 4月14日 東京女子体育大学体育館

必死に食らいつくも、強豪・筑波大相手に力負け

 2019年度の早稲田の戦いが始まった。関東学生春季リーグ(春季リーグ)開幕戦、上位4位以内を目指す早稲田は筑波大と対戦した。立ち上がりいきなり3連続失点を許す厳しい展開になるも3連続得点で同点に追いつく。しかし中盤以降自分たちの流れにうまく乗れないでいるとじわじわと点差を広げられてしまう。その後も流れを変えることができず、強豪・筑波大相手に15-23で敗戦となった。

 前半開始直後、筑波大にいきなり先制点を許すと速攻などからさらに2点を許し3点のビハインドを負う。しかし、吉田瑞萌(スポ3=東京・佼成学園女)のカットインからのシュートなどで徐々に流れを引き寄せると、岡崎麗(教4=埼玉・浦和実)がミドルシュートを突き刺し反撃開始。吉田がカットインからシュートを決め1点差に迫ると、大沢アビ直美(スポ4=東京・佼成学園女)がスーパーセーブを見せ流れを完全に引き寄せる。すると前半10分、阿部美幸(スポ2=東京・佼成学園女)がシュートを決めついに同点に追いつく。その流れのまま逆転したいところだったが、退場で数的不利になると、一気に流れは筑波大に。強靭なフィジカルを前面に押し出す相手に対して効果的な守備を見せることができず、7連続失点を喫してしまう。途中、速攻からポスト直撃のシュートを放つなどチャンスは作るものの決めきることはできない。その後、数的優位になるも活かすことはできず。7-12で前半を折り返した。 

大沢はチームのピンチを何度も救った

 5点差を追いかける後半、いきなり相手に得点を許し出鼻をくじかれるが紅林詩乃(スポ2=東京・佼成学園女)が鋭いステップからシュートを決めて反撃ののろしを上げる。だが、良い流れの中でも相手ディフェンスに阻まれなかなか得点を奪うことができないでいると、逆に相手の強烈なミドルシュート、素早い速攻から連続失点をしてしまう。その後は一進一退の攻防が続くも、自分たちの速攻の場面などでのミスが目立つ。チャンスを確実に決めきる相手に4連続得点を許し、点差を広げられてしまう。しかし後半20分、岡崎が今日2本目のミドルシュートを突き刺しチームを盛り立てると、それに大沢もファインセーブで応える。これで一気に流れに乗った早稲田は阿部、吉田のなどの4連続得点で意地を見せるが中盤以降の失点が響いて追いつくことはできず。春季リーグ開幕戦は15-23で黒星スタートとなった。

見事なミドルシュートを決めた岡崎

 初戦を勝利で飾ることはできなかったものの、「新しく取り入れたものが筑波大相手にも通用する部分があった」という杉山瑞樹主将(社4=神奈川・横浜創英)の言葉にも表れているように、まだまだ悲観する状況ではない。むしろ、チーム作りの過程である春季リーグ初戦で、良い面も悪い面もはっきりしたことは今後のリーグ戦に向けてプラスに働くだろう。早稲田の戦いはまだ始まったばかりだ。 

(記事 稲葉侑也、写真 宅森咲子、栗林真子)

関東学生秋季リーグ
早大 15 7-12
8-11
23 筑波大
GK 大沢アビ直美(スポ4=東京・佼成学園女)
LW 杉山瑞樹(社4=神奈川・横浜創英)
LB 吉田瑞萌(スポ3=東京・佼成学園女)
PV 紅林詩乃(スポ2=東京・佼成学園女)
CB 岡崎麗(教3=埼玉・浦和実)
RB 阿部美幸(スポ2=東京・佼成学園女)
RW 衣川直緒(社3=愛知・星城)

コメント

杉山瑞樹主将(社4=神奈川・横浜創英)

――きょうの試合の感想をお願いします

 試合後のミーティングで監督さんとかは点差以上にやられた感はしなかったと言っていたんですけど、私的には結構自分のプレーも含めてやられた感が強くて、自分のプレーができていなくてチームを盛り上げることができなかったので、その分点差が開いちゃったかなと思います。

――春季リーグ開幕戦、そして筑波大相手ということでどのような試合前どのような気持ちで臨まれましたか

 リーグ前に筑波とは練習試合ができていたので、ある程度のイメージはできていたので、最初から受け身にならないことなどを意識していたんですけど、それ以上に相手のフィジカルにやられてしまったかなという印象です。

――試合全体を振り返っていかがでしたか

相手のスーパーシュートとかもあったんですけど、それ以上に気を抜いた時のリバウンドなど、一番詰めないといけないところを自分が一番できていなかったので、そういうところから直していかないといけないなと思いました。

――試合中、何度か良い時間帯もあった中で最終的に8点差がついてしまいましたが

 波に乗った時に乗り切れないというのがあって、点とっても結局失点してしまったり、早稲田のペース、大きい波を作り切れていないので、それが追いつくことができなかった原因かなと思います。

――チームのカギになると話していたセンターの出来はいかがでしたか

 岡崎はリーグ戦スタメンで出るのは初めてだったと思うんですけど、今日2本ミドルシュート決めて、相手の逆もついていたので、自信をつけるという意味ではいい機会になったかなと思います。紅林もセンターに入っていて、きっかけとかで詰まってしまうときもあったんですけど、一対一で切れる選手なので、得点も奪えていたので良かったと思います。

――ご自身の今日の出来はいかがでしたか

 自分自身はオフェンスもディフェンスも全然ダメで、シュートも(試合前に)サイドから得点を奪っていこうと話していたんですけど、まず自分が決めきれていなかったので、そこで波に乗り切れていない部分もあったし、ディフェンスも、自分の伝えミスで連携がうまくいかずに相手に気持ちよくシュートを打たれてしまったりしたので、自分のところで崩された感が強いです。

――チームとしてよかった点はありましたか

 新しく取り入れたきっかけとかがあったんですけど、そのきっかけとかも実際に使って、点を取れたりしたので、それが筑波大相手に通用するということは今後のリーグ戦でも通用すると思うので、試す場としては良かったと思います。また、筑波大は春季リーグ戦う中で一番フィジカルが強いので、最初に対戦できたことは良かったかなと思います。

――次戦への意気込みをお願いします

一戦一戦大事に、100%の力を発揮できるように戦っていきたいと思います。

大沢アビ直美(スポ4=東京・佼成学園女)

――最近のチームの雰囲気などはいかがですか

良い時は声出しているんですけど、まだ少し4年生が上げていこうとしている雰囲気に下を巻き込めていないかなと。自分も最上級生なので、もうちょっと巻き込めるような存在になっていかなくてはいけないと思います。

――きょうの筑波大戦に向けて対策はありましたか

ミドルシューターがたくさんいるので、2枚目を前に出させてそのまま付いていかせたり、シューターが中にきたら3枚目を出させたりという風に、ディフェンスがピストンしてアグレッシブに動かしていくということをしていました。サイドで勝負させるディフェンスにしていましたね。

――きょうの試合は振り返っていかがでしょうか

最初の出だしはあまり良くなくて、前半流れがいい時もあったんですけど、シュートミスだったり、ルーズボールが取れなかったり、そういうところで相手にリズムを持っていかれちゃったかなというのがあります。後半は攻めあぐんでしまった時間があって、その時にディフェンスのシャットの上から打ってそのまま逆速攻とか、相手のディフェンスのシステムにそのままはまってしまった感じがしたので、もうちょっと攻め手を増やした方がいいのではと思いました。

――大沢選手は約1年ぶりの試合だったと思いますが、感覚などは戻ってきましたか

まだ全然という感じですね(笑)。パーセンテージでいったら50パーセントくらいです。まだ全然体と頭が噛み合わないというか、うまく繋がっていなくて、頭ではわかっていても体が反応しないというシュートがあったので、もうちょっと練習が必要かなと思います。

――足自体は完全に治ったのでしょうか

はい、大丈夫です。

――次戦に向けて一言お願いします

桐蔭横浜大は結構速攻で推してくるチームなので、まずは攻めでしっかりシュートまで行って確実に点を取るというのと、バックチェックをしっかりして、なるべくアウトで勝負させてセーブするというイメージでやっていきたいかなと思います。

吉田瑞萌(スポ3=東京・佼成学園女)

――試合を終えた今の気持ちを教えてください

筑波大はいつも上位にいるチームだったので、そこに食らいついて最後に勝とうという話だったんですけど結果的にそれができなくて悔しいです。

――きょうの試合を振り返ってみていかがですか

自分がオフェンスをやっていてすごく感じたのは、何が相手に効くんだろうというのが途中からなくなってしまったということですね。なのでオフェンスのレパートリーとかを増やさないと今後上位のチームと当たるときに厳しいかなというふうに思いました。

――相手が筑波大ということでしたが、チームとして何か対策はされてきましたか

上から打ってくるチームなので、ただ0-6ディフェンスで待っているだけじゃなくて、1-5ディフェンスで仕掛けて上から打たせないようにしようということはやっていました。

――今回の試合での得点に大きく絡んでいましたが、ご自身としてはどうですか

この春季リーグは自分も得点をしに行きつつ、しっかり周りも生かせるようなプレーができたらいいなと思っているので、反省して次にむかって頑張りたいです。

――次の試合への意気込みをお願いします

やることはどのチームに対しても変わらないと思うので、しっかりことしの早稲田らしさを見せていければいいかなと思います。