メニュー

バレーボール部

2019.04.14

春季関東大学リーグ戦 4月13日 神奈川・東海大学湘南キャンパス総合体育館

チーム全体が躍動し、学芸大に快勝!

 春季関東大学リーグ戦(春季リーグ)第三戦目。早大はきょう昨年度秋季関東大学リーグ戦で2位の日体大を二戦目で破った学芸大と戦った。先週の試合では硬さが残り、なかなか試合の主導権を握ることに苦汁をなめた早大。しかしきょうは違った。序盤から宮浦健人(スポ3=熊本・鎮西)の強烈なスパイクや村山豪(スポ3=東京・駿台学園)のクイックがさく裂。終始試合のペースを掴んだままセットカウント3-0(25-18,25-22,25-16)で開幕3連勝をストレート勝利で決めた。

 第一セット、武藤鉄也副将(スポ4=東京・東亜学園)のクイックで試合の幕が上がった。先週一週間の練習について「セッター(中村駿介、スポ3=大阪・大塚)とコンビを合わせる練習を多くしていました。」と村山は語ったがその練習の成果を見事に発揮。何度も時間差攻撃で相手を翻弄した。また宮浦が一枚ブロックで相手のスパイクを止める場面もあった。終わってみれば7点差をつけて危なげなく第一セットを先取した。続く第二セットでも終始相手を圧倒。村本涼平(法4=京都・洛南)のスパイクなどで序盤から得点を離す。そして守備の面でも大きくチームに貢献したのが大塚達宣(スポ1=京都・洛南)。スパイクを決めるだけではなく何度も相手の力強いスパイクをカットした。迎えたセット終盤、一時6点差あった点差は相手の高さのあるスパイクに苦しみ3点差に縮んでしまう。しかし結局相手に一度も逆転を許さないまま第二セットも獲得した。

サーブを放つきょう大活躍の宮浦

 そして第三セット、序盤から宮浦や武藤副将、さらにサーブに苦手意識のある村山にも相手に手を出させないサービスエースが決まる。試合の主導権を完全に握っていた早大。セットの中盤からは積極的に選手を入れ替え、吉田悠真(スポ2=京都・洛南)や重藤トビアス赳(スポ1=神奈川・荏田)といった途中出場の選手が得点を重ねていった。最後は仲濱陽介(スポ2=愛知・星城)のトスに上條レイモンド(スポ2=千葉・習志野)が合わせ、スパイクを決めて試合終了。チーム全員でつかみ取った一勝となった。

トスを上げる途中出場の仲濱

 「きょうは雰囲気が良くて、その良さが最後まで続きました。」と宮浦が振り返るようにチームの雰囲気の良さがよく表れた試合であった。一点を取るごとに全員で喜び、堀江友裕(スポ4=和歌山・開智)主将をはじめとしてチーム全体で観客席にまで聞こえるほど大きな声を出す。それは相手へのプレッシャーや、自分たちチームへの鼓舞にもなっていたことだろう。あしたの相手は駒大だ。開幕戦で強豪・明大を破ったチームだが、早大はきょうの試合で見せた雰囲気の良さを保ったまま開幕4連勝を勝ち取りたい。

(記事 萩原怜那、写真 松谷果林)

セットカウント
早大 25-18
25-22
25-16

0 学芸大
スタメン
レフト 村本涼平(法4=京都・洛南)
レフト 大塚達宣(スポ1=京都・洛南)
センター 武藤鉄也(スポ4=東京・東亜学園)
センター 村山豪(スポ3=東京・駿台学園)
ライト 宮浦健人(スポ3=熊本・鎮西)
セッター 中村駿介(スポ3=大阪・大塚)
リベロ 堀江友裕(スポ3=和歌山・開智)
コメント

堀江友裕主将(スポ4=和歌山・開智)

――率直な今のお気持ちを教えてください

勝てて良かったですし、先週より全然良いプレーが出来ていたので良かったです。

―まさに快勝でしたが、どのような対策を練って試合に臨みましたか

相手はミスを少なくしていくチームなのでそれに乗じて僕たちもミスを出さないことと、隙があれば点を取って行こうと思っていたのですがそれが上手くハマっての勝ちでした。

――先週にレセプションを課題にあげていましたが、この試合ではいかがでしたか

今日は自分の感覚的にも数字的にも良かったのでそれを継続しつつもっと守備範囲をリベロなので広くやっていけたらと思います。

――雰囲気が良い印象を受けましたが、チームの状況はいかがですか

先週は開幕戦で自分たちでは声を出している気持ちでもまだまだ声出せるよという話が監督からミーティングでもあったのでチームの雰囲気が良いと思ってもらえたのなら良かったと思います。

――ご自身では雰囲気はあまり良いとは感じなかったですか

僕が声を出しているので周りのことはあまり聞こえていないです(笑)でもきょうは点数的にも序盤から走っていてましたが、もっと序盤から声を出していけば相手にプレッシャーをかけれるんではないかと個人的には思います。

――あしたへの意気込みをお願いします

あしたは駒澤で早い攻撃を仕掛けてくるし、明治に勝っているのでコンディションも良いと思いますが僕たちは自分たちのバレーをして1試合ずつチームとしては上がってきているので、あしたも調子を上げつつ勝てたら良いなと思います。

村山豪(スポ3=東京・駿台学園)

――きょうの試合はいかがでしたか

2週目だったこともあって、気持ち的には楽にいつも通りにできたかなと思います。

――きょうの試合を振り返っていただけますか

そうですね、慶大の2セット目では自分が前の時に(ローテーションが)回らずとても申し訳ない気持ちでした。きょうはしっかり1本で切れた場面が多かったと思うので、先週の修正ができたかなと感じています。

――具体的にどのような練習をされたのでしょうか

セッターとコンビを合わせる練習を多くやりました。

――スパイクについては

上がってはきていますが、まだまだ満足は出来ていないですね。きょうも1本止められてしまったのがとても悔しかったです。

――きょうはサービスエースもとっていましたが、サーブの調子はいかがですか

サーブあんまり得意じゃなくて、苦手なんですよね。きょうのサービスエースも狙わず、たまたま良いコースに入ったという感じで。すごく驚きました。まだまだサーブは課題なので、これからもっと修正していかないとなと思っています。コースをもっと意識していきたいです。

――3年生になって意識の変化などありましたか

今年に入ってコートの中に下(後輩)が入ってきて。後輩という意識よりも先輩という意識でやらないといけないなという実感が出てきました。

――あすに向けて

駒大はきょうのチームに比べて全体的に速いので、サーブで崩していかにブロックで止められるかが勝負になってくると思います。あすも頑張ります!

宮浦健人(スポ3=熊本・鎮西)

――きょうの試合はいかがでしたか

きょうは(最初から)雰囲気が良くて、その良さが最後まで続きました。結果として3-0で終われたのでよかったです。ですが、個人としてはまだまだミスが多くて課題の残る試合でした。

――今週1週間の練習ではどのようなことに取り組まれたのでしょうか

特にファーストブレークを意識していつも練習に取り組んでいます。きょうはそれがしっかり出て、ストレートで勝てたのかなと思います。

――慣れない体育館については

そうですね、きょうは寒いなという印象があったのでしっかりアップして、試合ではベストなパフォーマンスをしていこうと思っていました。(慣れない体育館でも)自分たちで対応ができたのでよかったです。

――課題の残るとおっしゃっていましたが、具体的にはどのような所でしょうか

ハイボールの処理ですね。全然できていなくて、自分でアウトにしてしまったり、ブロックされてしまったりというミスを吐き出してしまったので、そこをもっと工夫してやっていきたいと思っています。

――きょうはベンチメンバーも多く試合に出場されていましたね

きょうは点数に余裕もあって、試合に出られていないベンチのメンバーを出すことが出来てよかったです。

――あすに向けて

あすの相手はサイドの攻撃が速いですが、いつも通り自分たちのバレーをすれば大丈夫だと思っています。自分たちのできることを全部出していきたいと思っています。