メニュー

漕艇部

2019.03.31

第68回お花見レガッタ 3月30・31日 埼玉・戸田ボートコース

2艇が決勝進出!新人が初戦に臨む

 桜は開花したものの冬のような寒さが戻ったこの日、新体制一発目の大会となるお花見レガッタが開幕した。早大からはフレッシュなメンバーで構成されたクルー4艇が出場。そのうち、男子シングルスカルの阿部光治(スポ1=愛知・猿投農林)と女子舵手付きクォドルプルが共に決勝進出を決めた。

 早大から最初に登場したのは、昨年のアジアジュニア選手権男子クォドルプル優勝などの実績を誇るルーキー・阿部。「前半飛ばしすぎてしまって後半ちょっとばててしまった」と振り返ったが、2位に5秒以上の差を付けて無事に準決勝進出を決めた。午後に行われた準決勝でも予選と同様にスタートから飛び出し、首位をキープしたままゴール。危なげなく2日目の決勝へと駒を進めた。続いて、男子舵手付きフォアに2年生のクルーが出漕。スタートから隣のレーンの東北大が大きく飛び出し、早大は2位を争う展開となった。一時は埼玉県警察機動隊に差を付けられたものの、焦ることなくラストスパートで艇を伸ばし、2着でのフィニッシュ。この結果、タイム上位6位に入り、準決勝進出を果たした。準決勝ではさらに実力のあるクルーとの戦いとなり、「思った以上に他の艇に先に行かれてしまった」(岡本真弘、商2=東京・早大学院)と、序盤の出遅れが響き、挽回はかなわず6着でのゴールとなった。

大学デビュー戦で幸先のよいスタートを切った阿部

 女子部からはダブルスカルと舵手付きクォドルプルが出場した。新1年生と新2年生二人のペアであるダブルスカルはスタートで飛び出したものの、前半に法大Aに差されてしまう。その後はスピードを上げ切ることができず、3着で2日目の順位決定戦へと回った。そして、新入生3人が乗る女子舵手付きクォドルプル。スタートでリズムにずれが生じ、学習院大に並ばれたものの、落ち着いてコンスタントで艇を伸ばす。最後は2着を7秒近く引き離す余裕のあるフィニッシュで、見事決勝進出を決めた。メダル獲得を目標に設定していたこのクルーだが、予選のタイム順では全体の2位に付けており、1位の仙台大との差はわずかに0.5秒ほど。「優勝も狙えるなと感じたので、明日は思い切りやりたい」(浅利真美子、スポ3=秋田)と意気込んでいる。

余裕を持って決勝進出を決めた女子舵手付きクォドルプル

 いずれのクルーも練習期間は短かったものの、それぞれの実力を出し切ったレースとなった。2日目は予選なしの男子舵手なしクォドルプルを含め、3種目で決勝に臨む。特に、男子シングルスカルや女子舵手付きクォドルプルでは好成績が期待できそうだ。今大会で明るい結果を残し、シーズンの良い幕開けを飾りたい。

(記事 加藤千咲、写真 石井尚紀、加藤千咲)

 

※記事中の学年は新年度のものです。

結果

▽男子部

【シングルスカル】

【予選】

阿部光治(スポ1=愛知・猿投農林)
3分42秒53 【1着 準決勝へ】

【準決勝】

阿部
3分43秒82 【1着 決勝へ】

【舵手付きフォア】

【予選】

C:川野柊(法2=東京・早大学院)
S:牟田昇平(商2=兵庫・三田学園)
3:飯島温人(基理2=東京・早大学院)
2:筆島一輝(先理2=東京・早大学院)
B:岡本真弘(商2=東京・早大学院)
3分29秒51 【2着 準決勝へ】

【準決勝】

C:川野
S:牟田昇
3:飯島
2:筆島
B:岡本
3分39秒69 【6着 順位決定戦へ】

▽女子部

【ダブルスカルスカル】

【予選】

S:髙田涼花(社1=静岡・浜松西)
B:大槻のりか(スポ2=宮城・佐沼)
4分08秒21 【3着 順位決定戦へ】

【舵手付きクォドルプル】

【予選】

C:勝又真央(スポ1=東京・小松川)
S:中尾咲月(スポ1=三重・津)
3:浅利真美子(スポ3=秋田)
2:大崎未稀(スポ2=福井・美方)
B:茂内さくら(社1=秋田)
3分43秒87 【1着 決勝へ】

コメント

【男子舵手付きフォア】

B:岡本真弘(商2=東京・早大学院)

――今回のクルーを組んでからどのくらいの練習期間がありましたか

5日です。

――今大会の目標は

先ほども言ったように組んで5日だったので、クルーを作り上げるというよりは自分たちで目標を決めてその目標を少しでもクリアするという身近なところから設定しました。

――きょうのレースプランは

普段の2000メートルと違って1000メートルのレースだったので、スタートで置いていかれないように前半500メートルはしっかり他の艇に付いていけるように臨みました。そしてラストスパートをかけて最後の300メートルでどこまで追いつけるか追い越せるかというのを意識してやりました。

――予選は東北大に出られて、埼玉県警察機動隊と2位争いになりましたが、どのような気持ちで漕いでいましたか

東北大が速いのは事前に知っていて、正直僕たちとは相当な実力差があることはわかっていましたので出られることは想定内だったんですけど、2位を確保しないと準決勝に進めないということで、埼玉県警察機動隊に付いていくことはできていたと思うので最後のスパートでとにかく差し切るという思いで、最後の300メートルでコックスの川野を中心にスパートすることができたと思います。

――準決勝は500メートルの地点で他の艇に後れを取ってしまいましたが、スタートはいかがでしたか

予選同様、他のクルーには力があって僕たちは急造クルーでしたのでどうしてもスタートのところからうまくいかないかなとは思っていたんですけど、思った以上に他の艇に先に行かれてしまってそこから立て直すことができなかったので、そこが明日への反省というか敗因だったかなと思います。

――明日はどのようなレースにしていきたいですか

予選、準決勝と2本戦って、自分たちの課題が浮き彫りに、やっぱりスタートで他の艇に出られてしまって、なかなか中盤詰められないということが多かったので、明日は思い切ってスタートしてラストスパートで1艇でも多く抜かせるように全力を尽くしたいなと思います。

【男子シングルスカル】

阿部光治(スポ1=愛知・猿投農林)

――早大として出場する最初のレースでしたが、緊張はありましたか

全くなかったですね。

――きょうのレースプランは

1000メートルのレースが半年ぶりだったので、ペースがわからなくてなるがままになった感じですね。

――高校卒業後からこれまではどのくらい練習されていましたか

高校にいた時よりはちょっと練習量が減りました。

――予選も準決勝も他の艇を早めに引き離す展開となりましたが、レースを振り返っていかがですか

1位で上がれるレースは久しぶりだったので楽しかったです。

――準決勝進出者の中でトップのタイムを出していますが、その点はどのように感じていますか

予選で前半飛ばしすぎてしまって後半ちょっとばててしまったんですけど、タイムはそんなに悪くなかったので良かったなと思います。

――明日に向けて修正したい点はありますか

ラストスパートがきょうは残り100メートルくらいからだったので、もっと早くかけられるようにしたいなと思います。

――明日の決勝はどのようなレースにしていきたいですか

前半飛び出して、その後どんどん差を開いていくレースにしたいと思います。

【女子舵手付きクォドルプル】

3:浅利真美子(スポ3=秋田)

――今回のクルーは組んでどのくらいですか

先週の土曜日に組みました。

――クルーの仕上がりはいかがでしたか

時間がないということは最初からわかってたので、1日ひとつ何か課題を解決して一歩一歩やってきた感じです。

――今大会での目標は設定されていましたか

メダルは取りたいなと思ってたんですけど、きょうの感触とかタイムを見てみて優勝も狙えるなと感じたので、明日は思い切りやりたいと思っています。

――きょうのレースプランは

きょうは逆流が少し強かったので、レートにこだわらずスピード意識で目標を立てていたんですけど、思いのほか軽いリズムで進められたので、中盤がすごく安定していたと思います。

――前半は学習院大と並ぶ展開でしたが、焦りなどはありましたか

特に焦りはなかったんですけど、スタート刻みの何本かで少しずれが出てしまってその影響で並ばれてしまったかなと終わってからみんなで反省したときに出ました。そこを修正できれば大丈夫かなと思います。

――明日のレースに向けて、スタートの部分以外で修正していきたいところはありますか

スタートもそうなんですけど、ラストスパートの1本目でミスオールをしてしまってきれいに上げきれなかったのでラストスパートをもっと明日は詰めていって、タイム差がそんなにない状況なんですけど明日並べてみないと実際はわからないので、とにかく前半から攻めていきたいなと思います。