メニュー

卓球部

2019.01.18

全日本選手権 1月18日 丸善インテックアリーナ大阪

阿部・徳永組がベスト8!緒方は王者相手に大健闘

 卓球界のビッグイベントである全日本選手権(全日本)が大阪の地で開催され、ことしも数々の激闘が繰り広げられた。大会5日目となったこの日、早大からは男子シングルスに緒方遼太郎(スポ2=東京・帝京)、男子ダブルスに平野晃生(スポ4=山口・野田学園)・五十嵐史弥(スポ1=石川・遊学館)組、女子ダブルスに阿部愛莉(スポ4=大阪・四天王寺)・徳永美子(スポ4=福岡・希望が丘)組が登場した。緒方は前回王者に対して大健闘したが、最後は振り切られ惜しくも敗れランク入りはならなかった。また、阿部・徳永組は早大の選手として最後の全日本で2度目のランク入りを果たした。

 あと一歩のところで大金星が手からすり抜けた。早大勢として唯一シングルスの5回戦に勝ち残った緒方は世界ランキング3位の前回王者・張本智和(JOCエリートアカデミー)と対戦した。世界でも実績十分の張本に対し食らいついていきたい緒方は第1ゲームこそ圧倒されて失うも、その後はフォア前への得意の逆回転サーブからバックハンドで優位に立って徐々にリズムをつかむ。気迫を前面に出して向かってくる相手に対し、緒方は冷静に鋭いバックハンドでコースを突きポイントを重ねて互角の展開となり、勝負は最終ゲームに持ち込まれる。最終ゲームも緒方はプレーを変えることなく連続得点でリードを奪うと、張本の表情に焦りが見え始め、1点ごとに場内には異様なざわつきが広がる。大金星がちらつき始めたかと思われたが、日本卓球界の若き至宝のカベは高かった。土俵際まで追い込まれた張本はプレーの精度が上がり、緒方は厳しい攻撃を止めることができなかった。最後は7-4から7連続失点で逆転負けを喫し、「我慢比べに勝てなかった」と振り返ったが、卓球ファンに『緒方遼太郎』の名を刻み込む見事な試合を見せた。それでも、男子部悲願のリーグ戦優勝に向けて緒方には更なる成長が求められる。コーチが課題として指摘するメンタル面の強さを身に付け、飛躍の1年となることに期待したい。

前回王者相手に大健闘を見せた緒方

 女子ダブルスでは阿部・徳永組が5回戦を快勝で勝ち上がり、準々決勝へと駒を進めた。その準々決勝の相手は前回大会で昨年の全日本で敗れた佐藤・橋本組(ミキハウス)。「前回は相手に対応できず敗れたので今回は対策を立てて試合に臨んだ」(徳永)と世界でも活躍するカットマンペアに対して落ち着いてラリーを繋げ、チャンスボールを逃さずに強打で仕留めて第1ゲームを奪った。しかし、第2ゲーム以降阿部・徳永組のボールに対応し始め、多彩な回転のカットに対してミスが目立つようになる。「緩急を使うことができなくなった」(阿部)と相手の術中にはまりゲームカウント1-3で敗れ、エンジのユニフォームを着る最後の全日本をベスト8で終えた。試合後、「4年間のうちにダブルスで日本一になりたかった」(徳永)と本音を漏らしたが、最後には「楽しんで試合をできた」(阿部)とスッキリとした表情で大会を去った。

2年ぶりのベスト8入りを果たした阿部・徳永組

 男子ダブルスでは、最初で最後の全日本に臨んだ平野・五十嵐組がノーシードから勝ち上がりベスト16入りを果たした。5回戦では、「全日本5日目の独特な会場の雰囲気に緊張した」(五十嵐)と序盤こそ硬さが見られたが、徐々にコンビネーションを生かしたラリー戦の強さを見せリードを奪う。しかし、この試合では相手のサーブに苦しみなかなか流れに乗ることができなかった。先に2セットを奪いながらも粘る相手に飲み込まれ、フルゲームの末に悔しい逆転負け。それでもペア結成から大会では結果が出ていなかっただけに、「一番大きな舞台で結果を残せて良かった」と二人は安堵の表情を浮かべた。

大舞台で力を出し切った平野・五十嵐組

 この日で早大勢の全日本は閉幕。早大としては納得できる結果を得られなかった選手も多いが、全ての卓球選手にとっての憧れの場である全日本の舞台で試合をすることができたことは多くの収穫をもたらしたことだろう。次の大会は3月の東京選手権となる。現役選手にとっては来年度に向けて勢いをつけたい大会であり、4年生にとっては早大の選手として最後の大会となる。選手たちが全日本で得た経験を生かし、実力を存分に発揮することを期待したい。

(記事、写真 吉田寛人)

結果

▽男子シングルス

5回戦

●緒方3―4張本(JOCエリートアカデミー)

▽女子ダブルス

5回戦

○阿部・徳永組3―1土田・宋組(中国電力)

準々決勝

●阿部・徳永組1―3佐藤・橋本組(ミキハウス)

▽男子ダブルス

5回戦

●平野・五十嵐組2―3及川・三部組(専大)