メニュー

庭球部

2018.12.02

全日本学生室内選手権 12月1日 大阪・江坂テニスセンター

木元・田中組が早大対決を制し優勝!島袋、清水も決勝進出を決める

 木元風哉(社2=埼玉・早大本庄)・田中優之介(スポ2=埼玉・秀明英光)組が坂井勇仁(スポ4=大阪・清風)・千頭昇平(スポ2=愛知・誉)組との同士討ちを制し、見事優勝を果たした!男子シングルスでは島袋将(スポ3=三重・四日市工)がこちらも田中との早大対決となった準決勝を制し決勝へ。女子シングルスの清水映里(スポ2=埼玉・山村学園)も準決勝でストレート勝ちを収め、決勝進出を決めた。

★木元・田中組が坂井・千頭組との死闘を制し学生王者に輝く!

優勝を決め抱き合う木元・田中組

 全日本学生室内選手権(インカレインドア)男子ダブルス決勝は木元・田中組と、前日の準決勝で古賀大貴(スポ3=大分舞鶴)・安上昂志(スポ3=福岡・柳川)組との同士討ちを制した坂井・千頭組による、早大勢同士の激突となった。ファーストセットは田中のサーブや木元のネットプレーが冴え、木元・田中組がこのセットをものにする。一転、セカンドセットは一進一退の様相を呈した。4−5と木元・田中組のセットポイントで迎えた第10ゲームに「アイフォーメーションがうまくはまった」(坂井)と坂井・千頭組がキープに成功すると、その後のタイブレークも制しファイナルセットへ。10ポイントマッチとなるファイナルセットも両者譲らぬ拮抗(きっこう)したストローク戦となったが、11−9で木元・田中組が制し見事優勝を決めた。この優勝で田中はインカレインドア男子ダブルス二連覇、木元は初タイトル獲得を果たした。この日早大のユニフォームを着て戦う最後の試合となった坂井主将も「来年以降チームを引っ張るダブルスになってほしい」と期待を寄せる2年生ペア。学生王者のタイトルを糧にさらなる飛躍を誓う。

★エースの貫禄!島袋が田中をストレートで下し決勝進出

田中との同士討ちをストレートで制した島袋

 前日の準々決勝をいずれもストレート勝ちで勝ち進んだ早大のエース・島袋と田中がこの日の準決勝で相まみえた。ファーストセットは完全に島袋のペース。力強いサーブや正確なストロークで田中を圧倒し、第4ゲーム以降はポイントすらほぼ落とさない試合運びで6−1でファーストセットを先取した。しかし、セカンドセットに入ると「序盤で自分のサービスゲーム落としたあたりから少し焦ってしまった」(島袋)とストロークでのミスが目立ち始め、田中も3ブレークを奪うなどペースを取り戻す。それでも田中のセットポイントで迎えた第10ゲームをデュース合戦の末にキープすると、「このゲームが取りきれたのが大きかった。それで流れを戻せた」(島袋)とその後のタイブレークを7−5で制し、ストレートで決勝進出を決めた。決勝の相手はこちらも同士討ちとなった準決勝で慶大のエース・羽澤慎治を死闘の末に破った今村昌倫(慶大)。前回の対戦では辛くも勝利を収めた相手だ。タフな試合展開が予想されるが、早大エースの意地を見せ、学生王者の座をつかみとりたい。

★清水、快勝で宿敵の待つ決勝へ

清水は快勝で決勝進出を決めた

 ここまで女子ダブルス本戦をすべてストレート勝ちで勝ち進んできた清水。この日も早大の女子エースの実力を遺憾なく発揮した。第1ゲームでいきなりブレークに成功するなど、ファーストセットを6−2で制した清水は、続くセカンドセットも2ブレークを奪い6−2で快勝。1ブレークも許すことなくストレート勝ちで決勝進出を決めた。あすの決勝の相手は「私の中でもライバルですし、向こうもそうだと思う。ずっと意識している」という松田美咲(亜大)。先日の全日本大学対抗王座決定試合の決勝ではストレート勝ちで清水に軍配が上がっただけに、相手も雪辱に燃えているはずだ。「すごい楽しみです。でも絶対に負けたくない」。最大のライバルを下し、インカレインドア二連覇を果たすことはできるか。その戦いに注目が集まる。

(記事、写真 林大貴)

入賞を果たした男子ダブルスの選手たち

結果

▽男子シングルス
◯島袋 6−1、7−6(5) ●田中


▽女子シングルス
◯清水 6−2、6−2 松本


▽男子ダブルス
◯木元・田中組 6−2、6(6)−7、11−9 ●坂井・千頭組


▽最終結果(男子ダブルス)
木元・田中組 優勝
坂井・千頭組 2位
古賀・安上組 ベスト4

関連記事

坂井・千頭組が同士討ちを制し決勝へ。早大は三冠の可能性を残す/全日本学生室内選手権(12/01)

コメント

木元風哉(社2=埼玉・早大本庄)・田中優之介(スポ2=埼玉・秀明英光)組、坂井勇仁(スポ4=大阪・清風)・千頭昇平(スポ2=愛知・誉)組

――優勝おめでとうございます

木元・田中 ありがとうございます!

――田中選手は二連覇、木元選手は初タイトルとなりましたが、率直な気持ちとしてはいかがですか

木元 勝てて嬉しいです!

田中 僕は2連覇とかではなくて、木元くんと取れたことが一番嬉しかったです(笑)。坂井さんの時より嬉しかったです(笑)。

――とおっしゃっていますが坂井選手

坂井 まあそうですね。僕も栗林さんと組んでいた時が一番嬉しかったです(笑)。

田中 言いますね(笑)。

――坂井選手、千頭選手は2位という結果についてかいかがでしょうか

千頭 大満足です。

坂井 準優勝しちゃったぜ、って感じです。優勝しちゃいそうだったんで、僕が優勝したらみんなに空気読めないやつだなってちゃいそうだったんですけど(笑)。そこを田中、木元が食い止めてくれたので。

――セカンドセット、ファイナルセットは接戦となりました

田中 そうですね、セカンドセットの6−4のところから坂井さんと千頭の素晴らしいペアにやられてしまって(笑)、落としてしまったんですけど、気にすることなくできたのでよかったかなと思います。

木元 タイブレークに行ったまではよかったんですけど、タイブレークの6−4から僕のミスで何度もポイントを与えてしまって、ちょっと焦りました。

――セカンドセットを取り切ることができた要因というのは

坂井 簡単に言うと、相手が弱くなった。

一同 (笑)。

坂井 僕らが特別何かをしたって言うわけではなくて、相手が弱くなりました(笑)。あと、千頭のサービスゲームに猫騙しアイフォーメーションをしたんですよ。めっちゃリターンを通されるんで、ちょっとアイフォーメーションで猫騙しするかって。ただそのまま元の形に戻ってボレーするだけなんですけど。それが1ゲームでうまくはまって、ほぼリターンミスしてくれましたね(笑)。

――今大会振り返って一言ずつお願いします

田中 僕は最近勝てていなかったので、今年最後の大会でシングルベスト4、ダブルス優勝っていう結果を残せてホッとしています。

木元 僕はダブルスの優勝は本当に嬉しいんですけど、シングルスはまたいつものように負けてしまったので、また頑張っていきたいと思います

坂井 最後の大会でこうやって準優勝することができて、非常に嬉しく思います。ペアはあまり強くなかったんですけど。

一同 (笑)。

坂井 優勝した木元、田中には来年以降チームを引っ張るダブルスになってほしいと思います。

千頭 僕もダブルスは今大会で引退っていうかたちになったんですけど(笑)。坂井さんとは全然練習もしていなくて、力試しぐらいの感覚で来たので正直僕ら残ると思っていなかったので。シングルスもダブルスも、未来に繋がる試合になったんじゃないかなと思います。

島袋将(スポ3=三重・四日市工)

――きょうの準決勝を振り返っていかがですか

ファーストセットは思ったよりもリラックスしてプレーできて、変なミスもなく6−1というスコアで取れたまではすごくよかったんですけど。セカンドセットの序盤で自分のサービスゲーム落としたあたりから自分自身少し焦ってしまって。もっと余裕を持ってプレーできればよかったところを力んでミスしてしまったりして。それで流れが向こうに行きかけた部分が反省しないといけないなと思います。でもタイブレークを取りきれたのはよかったと思います。

――サーブやストロークが冴えていた印象でした

そうですね、サーブがうまく決まって、サーブに助けられた部分がありますね。ストロークはセカンドセットからフォアハンドで簡単なミスが多く見られたので。ファーストセットが良すぎたので、仕方ないかなっていう部分があるんですけど、それではダメなので。しっかりとあしたまでに修正したいと思います。

――接戦となったセカンドセットを取りきれた要因というのは

4−5のゲームで田中にセットポイントがあって。そこのゲームが取りきれたのが大きかったと思います。それで流れを戻せた部分もあったので、タイブレークもそんなに緊張することなく自分のプレーができたかなと思います。

――2年生を牽引している田中選手との試合でしたが戦ってみていかがでしたか

勢いもある選手だと思うので、あまり勢いに乗らせないようにプレーはしていました。ストレートで勝てたというのはすごくよかったかなと思います。

――あすは羽澤選手を破った今村選手との決勝ですが、対策や意気込み等はありますか

6月に1回対戦していて、その時はファイナルで6−4で勝っているんですけど、危なかった試合で。あしたもタフな試合になると思います。弱点のない選手なので、自分のプレーがどこまでできるかっていうのは鍵になると思うので、まずはあしたいいプレーができるようにしっかり準備してあしたに臨みたいと思います。あとはサービスゲームをどれだけキープできるかが重要になってくると思うので、そこに重点を置いて、戦っていきたいなと思います。

清水映里(スポ2=埼玉・山村学園)

――ワンブレークも許さずにストレート勝ちを収めましたが、振り返っていかがですか

一番課題としていたサービスキープをするっていうのがずっとできたのでよかったなと思います。サービスキープがずっとできていたので、リターンゲームでも締めるところは締めて、積極的なプレーができたと思います。

――セカンドセットの序盤は苦しい展開となりましたが、第5ゲームでブレークできたところが大きかったでしょうか

大事な場面だったので、自分から行くというよりは我慢して。応援してくれた方もいっぱいいたので、すごい力になりました。

――きょうの一番の勝因はどこにありますか

応援です、本当に応援ですね。セカンドセットの最初とか、流れが悪くなりそうなところでも集中力を保てたのは先輩方が応援してくれたっていうのが大きかったので、心強かったです。

――決勝は亜大の松田美咲選手ですが、意気込みはありますか

高校の時は18回当たって9勝9敗で。私の中でもライバルですし、向こうもそうだと思うので。早大に進んだあともずっと意識しながら練習しているので。バチバチですけどすごい楽しみです。ドキドキとワクワクと(笑)。でも絶対に負けたくないです。