メニュー

バレーボール部

2018.11.28

全日本大学選手権 11月27日 東京・墨田区総合体育館

全員がコートに立ち、初戦を突破!

 ついに始まった全日本大学選手権(全日本インカレ)。早大はきょう、札幌大と対戦した。序盤に緊張からか何本かスパイクミスで相手に得点を与えてしまったものの、すぐに体制を整え直した。第1、第2セットを大差で先取すると、第3セットはメンバーを大幅に入れ替えてゲームに臨み、コートに全員が立った。アタッカー全員が得点を決め、層の厚さを見せつけた早大がセットカウント3-0(25-14、25-7、25-11)で勝利。あすの2回戦へと駒を進めた。

 藤中優斗主将(スポ4=山口・宇部商)のサーブで、早大の全日本インカレの戦いは幕を開けた。コートの穴をねらったフローターサーブで相手のリズムを崩すと、宮浦健人(スポ2=熊本・鎮西)のスパイクや武藤鉄也(スポ3=東京・東亜学園)のブロックなどで一気に4連続得点。9-4とリードを奪うと、今度は村山豪(スポ2=東京・駿台学園)のサーブからサービスエースを含む5連続得点で点差は10に。藤中主将が鋭角にスパイクを打ち込み、宮浦がダイナミックなクロススパイクを決めるなど盛り上がるプレーも見られ、観客席は大いに盛り上がった。第1セットを先取すると、第2セットは武藤のサーブから6-0と大幅リード。早大の組織的なブロックを避けるため、札幌大のスパイクがアウトになる場面が散見された。第1セットでスパイクミスがあった鵜野幸也(スポ4=東京・早実)もこのセットはバックアタックを確実に沈め復調。鵜野のジャンプサーブから7度のブレークに成功し16-2。その後武藤に代わりバックライトのポジションに立ったのは、第1セットも試合中盤でサーブを放ちブレークポイントに貢献した宮下諒大(社4=東京・早実)。弾道の読めないサーブで札幌大の陣形を大きく乱し、宮浦、村山、鵜野という高い前衛が3本のブロックポイントを決め切った。25-7と18点もの差をつけてこのセットも獲得。実力差を見せつけるセットとなった。

サーブを打つ宮下

 第3セットはメンバーを大幅に変更。スタメンとして鵜野、中野博貴(教4=東京・早実)、武藤、村本、中村駿介(スポ2=大阪・大塚)、上條レイモンド(スポ1=千葉・習志野)、吉田悠眞(スポ1=京都・洛南)がコートに立った。鵜野の速いスパイクや上條の身長を生かした攻撃で順調に得点を重ねていく。序盤は拮抗した展開でブレークの取り合いが続いたが、上條のサービスエースと中村・中野のブロックポイントがこのセットの勝敗を決定づけた。この2つのブレークポイントで9-5とすると、今度は中村のサーブで相手のミスを誘って再びブレーク。勢いに乗った早大は、吉田の相手のブロックをよく見た技のあるスパイクや、途中鵜野に代わって投入された前田真治(政経4=京都・洛南)のレシーバーの腕を弾くようなパワフルなスパイクなど多種多様な攻撃で札幌大を翻弄(ほんろう)。最後も吉田の中に切り込むようなスパイクで25点を取り切りゲームセット。見事に初戦を突破した。

スパイクを打つ前田

 以前に比べ、全アタッカーが満遍なく攻撃を決めるようになった。要所でのサービスエースやブロックポイントも多く、秋季関東大学リーグ戦(秋季リーグ戦)よりも確実に組織力が高まっている。次戦の相手は青学大に決定した。青学大は秋季2部リーグ戦で2季連続の優勝を果たし、今秋の入れ替え戦では1部所属の慶大相手に大熱戦を繰り広げている。連戦が続く今大会はまさに総力戦。きょうの調子とあすの調子が同じとは限らない。「全員が調子を確かめられたことが良かった」(宮下)というように、全員に適材適所の働きが期待される。向かってくる相手の勢いに押されず、堅実なバレーボールで勝ち進みたい。

(記事 松谷果林、写真 杉山睦美)

セットカウント
早大 25-14
25-7
25-11

札幌大
スタメン
レフト 藤中優斗(スポ4=山口・宇部商)
レフト 鵜野幸也(スポ4=東京・早実)
センター 武藤鉄也(スポ3=東京・東亜学園)
センター 村山豪(スポ2=東京・駿台学園)
ライト 宮浦健人(スポ2=熊本・鎮西)
セッター 小林光輝(スポ4=長野・創造学園)
リベロ 村本涼平(法3=京都・洛南)
コメント

藤中優斗主将(スポ4=山口・宇部商)

――きょうの試合はいかがでしたか

開幕戦ということで、緊張や会場慣れしていない部分もあったのですが、徐々に慣れてきました。良い試合にできたかなと思います。

――藤中選手のサーブから勢いに乗ったのではないでしょうか

特に攻めたサーブを打ってるつもりはなかったですね。でも、自分の良いサーブを打とうと心がけて打っていきました。

――相手は初対戦でしたが

そうですね、最初は硬かったり、軟打のボールを落としてしまったりという詰めの甘い部分もありましたが、ここから徐々に詰めていってコンディションを上げていきたいですね。

――全員がコートに立ちました

リーグと違い長丁場の試合になるので、メンバーを変えながらということになりますよね。きょうは全員が出場できて良かったと思っています。

――あすに向けて

きょねんも2回戦、3回戦で苦しみましたし、相手のことがどうこうというよりは気を緩めずに行きたいですね。自分たちのバレーをしっかり徹底して、やり切れるように。準備もちゃんとやって、またあすも全員で戦います!

中野博貴(教4=東京・早実)

――きょうの試合はいかがでしたか

そうですね、初戦ということで入りが難しい部分もあったのですが、その中でみんな徐々に試合に慣れてきて、所々いいプレーも見られました。明日に繋がる試合だったのではないかと思います。初めての対戦相手でしたが、対策というよりは自分たちのやって来たことを出そうということを意識しました。

――全日本インカレに懸ける思い

4年間、たくさんの人に支えられてここまで来られたので、感謝の気持ちを持ちながら1戦1戦戦って、優勝を目指していきたいという気持ちです。

――あすに向けて

長丁場になりますし、総力戦になると思うので、チーム全員で戦って勝ちに繋げていきたいと思います。

前田真治(政経4=京都・洛南)

――全カレ初戦をふりかえって

相手がそこまで強くはなかったので、自分たちの動きを徐々に上げていくというような試合でした。1試合目にしてはもたつきもなかったですし、悪くない試合だったと思います。

――チームを見ていて、1セット目も硬さを感じることはなかったですか

リラックスして普通にいつも通りできていたと思います。ただ、相手が雰囲気で押してくるようなチームだったので、その雰囲気には負けないようにという感じでした。

――前田選手自身ケガから復帰して最初の公式戦でした

この体育館で東日本インカレとかにも出たのですが、あまり調子が良くなくて、どうかな?という感じだったのですが、ケガをしてから調子を上げることができたので個人的には満足のいくプレーができたと思います。

――ブロックポイントもたくさんありました

僕らの持ち味の1つだと思うので、出せて良かったです。

――あすへ向けて

関東2部のチームで油断はできないので、1試合1試合先を見ずに一戦一戦を大切にして自分たちの力を全部出し切ることを意識して戦っていきたいと思います。

宮下諒大(社4=東京・早実)

――初戦でしたが振り返って

チームとしては、相手の雰囲気に多少引きずられてしまう部分はあったのですが、結果を見れば大差で勝てていますしそんなに悪い入りではなかったと思います。

――入りはスパイクミスなども見られましたが、力が入っている部分も見られましたか

最初は多少固くなっていて、それがミスに繋がっていたのかなとは思いますが、そんなに気にすることでもないのかなと思います。

――全員が出場できた初戦となりました

連戦になるので、誰がどこでケガするかも分からないですし、疲れも溜まっていく中で総力戦になってくるので、きょうのように初戦から全員が出場して試合の中で調子を確かめられたことはとても良かったと思います。

――ご自身のプレーとしては

個人的にはきょうは全然ダメでしたね。自分としては固くなりすぎていて、あまり思い切りの良いプレーなどもなかったので、もうちょっと練習して思い切りの良いプレーを出せるようにしたいです。

――あすへ向けて

相手もどんどん強くなっていって、今までの結果を見れば早稲田が勝っているので、相当向かってくると思います。勢いに押されないようにこちらも全力で戦っていきたいと思います。