メニュー

ソフトボール部

2018.11.26

早慶定期戦 11月24日 早大所沢キャンパスグラウンド

慶大に大勝!MVPは杉本に

早慶定期戦
慶 大
早 大 X 10
○山内、松下、金子-井口
◇(二塁打)梶谷 ◇(三塁打)織部 ◇(本塁打)杉本

 毎年早大所沢キャンパスに慶大を迎え、行われている早慶定期戦。東京都大学連盟2部リーグに所属する慶大は格下相手だが、「この大学に入った以上、(早慶戦は)一番大事な戦い」(杉本亮太、教2=神奈川・柏陽)と決して侮ることはできない。試合は2回、吉原陸(スポ2=福島・安積)の右前適時打で先制すると、続く3回は丹野太郎主将(スポ3=兵庫・滝川学園)の相手二塁手を強襲する適時打で加点。そして4回には杉本に一発が飛び出し、徐々に得点を重ねた。その後2番手・松下直矢(スポ2=京都・南陽)が1点を失ったが、6回には早大が打者一巡の猛攻を見せ試合を決め、大勝を収めた。

 試合が動いたのは2回だった。この日4番に座った先頭の川上が痛烈な右前打で出塁。すかさず盗塁を決めた。その後打者2人が倒れ、打席には昨年の男子部MVPに輝いた7番・吉原。すると、一、二塁間をしぶとく破る右前適時打を放ち先制に成功した。さらに3回。2死から梶谷陽介(法2=神奈川・柏陽)が三塁手前へセーフティバントを決める。今年磨いてきた持ち前の『小技』を駆使し出塁すると、3番・丹野が打席に。丹野が捉えた打球は相手二塁手のグラブを強襲。ボールが転々とする間、一塁走者・梶谷は一気に本塁へと駆け込んできた。徐々にリードを広げる早大。4回には5番・杉本にランニング本塁打が飛び出し、リードを3点とし試合の主導権を握った。

ランニング本塁打を放ち、迎えられる杉本

 先発のマウンドに上がったのは、山内壮起(スポ2=千葉・成田国際)。この日は安定感抜群の投球を披露した。初回を無失点で抑えると、2回と3回はあっさりと三者凡退で片付けた。4回は先頭打者に四球を献上したが、後続を難なく切って取る。慶大打線に付け入る隙を与えなかった。新体制発足以降、2年生ながら早大投手陣を引っ張ってきた山内。今年を締めくくるにふさわしい結果を残し、マウンドを降りた。

 山内の好投もあり波に乗る早大。5回からは松下がマウンドに上がった。しかし、先頭打者にいきなり右中間への二塁打を浴びピンチを迎える。その後2死とする間、二塁走者は進した。ここをゼロで切り抜け攻撃に流れをつなげたいところであったが、松下が次打者に痛恨の暴投。三塁走者が生還し、1点を許すかたちとなった。だが、取られた分は取り返す。6回に無死一、三塁の好機をつくると、6番・織部雅之(スポ3=宮崎南)の2点適時三塁打で加点。さらに吉原や高橋尚希(スポ2=宮城・泉館山)らにもそれぞれ適時打が飛び出し、リードをさらに広げた。気が付けばこの回、打者一巡、7得点の猛攻で慶大を突き放し、まさに取られた分以上を取り返してみせた。最終的に一方的な展開へと持ち込んだ早大。最終回を3番手・金子太(教3=埼玉・川越)が締め、伝統の一戦を白星で飾った。

試合後、早慶の男子部、女子部全部員で記念撮影が行われた

 慶大に10-1と力の差を見せつけた早大は、最高のかたちで今年を締めくくった。振り返れば、新体制発足直後の東京都大学連盟秋季リーグ戦では4位に沈んだが、10月末の関東大学選手権では好調な打線が目を引き、2位という結果を残した。徐々にステップを踏みつつあるが、来年の夏に全国制覇を果たすためにはまだ力不足だ。最大の敵となるのは、やはりエース小山玲央(2年)を擁する日体大であろう。小山の牙城を突き崩し、先輩たちが今年あと一歩のところで届かなかった全国制覇を果たすことはできるか――。「(冬は)基礎練習を増やすと思う」(杉本)。悲願に向けた長く、厳しい冬が始まろうとしている。

(記事、写真 石﨑開)

★背番号を交換し

 この日、杉本亮太(教2=神奈川・柏陽)が袖を通していたのは、『3』の文字が刻まれたユニホームであった。これまでは背番号『77』だった杉本。「(今夏に引退された)新堀さん(潮、教4=東京・早実)と交換というかたちで。一時的に借りていて僕が卒業したら返すということで」。先輩の思いも背負った杉本はこの日、貴重な追加点となるランニング本塁打を放ち、男子部MVPに選ばれた。「(学習院大との)早学定期戦でもMVPをいただいて。去年のインカレ(全日本大学選手権)は試合に出られなかったので、今年は出られるように頑張りたい」。来年へ向け、杉本はこう決意を新たにした。

男子部MVPに選ばれた杉本

コメント

杉本亮太(教2=神奈川・柏陽)

――相手は慶大。どのような気持ちで試合に臨まれましたか

この大学に入った以上、(早慶戦は)一番大事な戦いだと思うので、やる気を全面に出していきました。

――背番号を『77』から『3』に変更されていましたが

一応、(今夏に引退された)新堀さん(潮、教4=東京・早実)と交換というかたちで(笑)。一時的に借りていて僕が卒業したら返すということになっています(笑)。

――きょうの試合を振り返ってみていかがですか

なかなか対戦しないタイプのピッチャーというか、練習していないタイプのピッチャーだったので、1巡目はちょっと苦戦したんですけれども、それ以降は全体的に打てていたので良かったのではないかと思います。

――本塁打は振り返ってみていかがですか

当たりは良かったんですけれども、センターが深く守って捕られそうで(笑)。ちょっと焦りましたね(笑)。

――最近の打撃の調子はいかがでしょうか

僕はキャンパスが早稲田なのであまりボールを使った練習ができずにどうしてもトレーニング中心といった感じなんですけれども、逆にそれがいいかたちになっているのかなと思います。

――冬はどういった練習をされる予定ですか

去年は結構バッティングとか基礎練習を増やして、(バットを)振る量を確保するという感じでした。今年はまだ分からないんですけれども、多分同じように基礎練習を増やすと思います。

――男子部MVPを受賞されました。これについてはいかがですか

(学習院大との)早学定期戦でもMVPをいただいて。早慶戦でも取れたので、この調子が続くように頑張ります。

――最後に、来年に向けての意気込みをお願いします

去年のインカレ(全日本大学選手権)は試合に出られなかったので、今年は出られるように頑張ります。