ホッケー部

2018.11.05

全日本学生選手権 11月2日 早大東伏見グラウンド

インカレベスト8で閉幕

 前日京大に快勝した早大は準々決勝で昨年準優勝の天理大と対戦した。天理大は大学女子ホッケーの『四強』と呼ばれる存在。試合開始直後ペナルティーコーナーから先制を許すと第1クオーター(Q)で2点を奪われてしまう。第2Qは無失点に抑えるも試合後半でも追加点を奪われ0−5で試合終了。ベスト8で女子ホッケー部の全日本学生選手権(インカレ)は幕を閉じた。

 早大のセンターパスでゲームが始まると、天理大は積極的に攻撃を仕掛ける。一気にボールを運びシュートを打つがここはGK高橋詩帆(スポ3=栃木・今市)が冷静に止める。しかし「最初の方に失点しまったのが悔しい」(高橋)と振り返るように開始約2分ペナルティーコーナー(PC)を献上してしまうと白球を押し込まれてしまい先制される展開となる。負けていられない早大も今試合でフォワードも担ったDF瀧澤璃菜主将(スポ4=岩手・沼宮内)が1対1から敵陣へ切り込むが得点までには繋がらない。直後2度目のPCを一度はキーパーが弾くもリバウンドを入れられ2点差に広げられてしまうが第1Q終盤は相手の猛攻を耐え最初の15分を終える。第2Q中盤早大に得点のチャンスが巡ってくる。MF南家未来(教2=京都・立命館)がサークルインをするとPCを獲得しDF瀧澤主将がゴールを狙うがキーパーに弾かれてしまう。天理大も攻撃の手を緩めずゴールを狙い続けるが、守備陣やGK高橋の好守により第2Qは失点せず2点ビハインドで試合を折り返した。

ゴールを守るGK高橋

 第3Qが始まると1点でも追いつきたい早大は「キャプテン瀧澤に繋いだ時には押し上げて点を取りにいこう」と安岡裕美子監督(平16年卒)が言及するようにDF瀧澤主将がドリブルで運び攻め込むがパスカットをされてしまう。その後奪われたPCを一旦キーパーが止めるもボールを浮かせてネットに入れられてしまい0―3となる。最終Qに入っても流れは天理大にあり早大はなかなかサークルに迫ることができない。しかし守護神・GK高橋の堅守もありゴールを許さず耐えていたが試合終盤に2点を追加され0―5で準々決勝敗退となった。

思うように攻められなかった早大

 「必死の一言でした。」とDF瀧澤主将はこのゲームを振り返った。必死に食らいつき最後までゴールへの執念を見せた早大であったが、「四強」と呼ばれる天理大のカベを打ち破ることは叶わなかった。インカレは幕を閉じたが、秋季リーグ3位決定戦が残っている。相手は春にも戦い涙をのんだ東農大だ。春の借りを返し有終の美を飾れるようにチームは次を見据えている。

(記事 新藤綾佳、写真 涌井統矢)

※掲載が遅くなり、申し訳ありません

結果
TEAM 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
早大
天理大


コメント

安岡裕美子監督(平16卒)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

そうですね、攻めれる部分もあったのであとは共通認識で守りと攻めを意識できたところはありそこはすごく良かったのかなと思います。

――天理大戦へ向けて対策されたことはありますか

攻める時間を設けるために攻撃的なポジショニングで、キャプテン瀧澤(璃菜、スポ4=岩手・沼宮内)に繋いだ時には押し上げて点を取りにいこうというプランで臨みました。

――相手の攻撃というのはいかがでしたでしょうか

全員で上がってくるので少しマークがずれた部分はあったかなという感じですね。

――ハーフタイムに選手たちと話し合われたことなどはありますか

前半では2点失点でまだいけるという感じだったので攻撃的なポジションで最後いこうという臨みました。

――なかなか攻めきれない印象を受けましたが

予想はできていました。普段やっていない人がディフェンスに入っていたりしたのですがクリアするところはクリアできたので点は取られましたがフィールドだけではないのでよく頑張ってくれたなと思います。

――残りの秋季リーグ戦への意気込みをお願いします

次は東農大戦になるのでそこは少数ですが全員で共通認識を持って点数を取って勝ちたいなと思います。

DF瀧澤璃菜主将(スポ4=岩手・沼宮内)

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

「必死」の一言でした。フィジカルとメンタルの強さ、パスのスピードであったり、技術も体力もどちらもすごい相手でした。

――天理大に対して、どのような対策で臨まれましたか

対策という対策ではないんですけど、とりあえずみんなで中を締めました。これまでは私が一番後ろでDFとして守っていたんですけど、このインカレでは作戦を変えて、私がFWに上がって点を取るという役目を担ったんですけど、決めることができませんでした。

――フィジカル以外での天理大の強さは何か感じられましたか

個々の判断の良さといいますか、パスでいくのかランでいくのかを個人で瞬時に判断して、鋭いパスもありキレキレのドリブルもあるので、自分でいくこともできるし、味方に預けて攻撃の展開の幅を広げたりもできるのはすごいなと思いました。

――GK高橋選手が奮闘していました

彼女こそがうちの守護神です。

――最後のインカレを終えた感想はいかがですか

今までインカレでは負けている印象が強かったんですけど、最後のインカレでとにかく1勝できたということが嬉しいです。もちろんもっと決めなきゃいけない場面もあったのですけど、自分自身でゴールを決めて1つでも勝つことができたのは良かったかなと思います。ただ、まだまだ課題は感じたので、課題は残るインカレだったかなと思います。

――最後に、今後への意気込みをお願いします

まず来週の土曜日に秋リーグの順位決定戦が残っているので、東農大をビデオ分析して、しっかりと対策を練っていきます。秋リーグ最後の試合は絶対に勝ちたいので、みんなで練習を重ねたいと思います。その次の慶大戦に関しては、慶大にも絶対に勝ちたいのでパスの精度とかを高めていければなと思います。あと、きょうの試合で感じた課題なんですけど、チーム全体として自分のマークしか見ていないくて、お互いにカバーし合う意識が少し足りないかなと感じたので後ろからの声かけであったりを東農大戦までに、慶大戦も見据えて修正して挑みたいと思います。

GK高橋詩帆(スポ3=栃木・今市)

――きょうの試合はいかがでしたか

第1クオーター(Q)の最初の方に失点しまったのが悔しいです。試合始まる前に開始5分は失点しないでいこうという話をしていたのでそこを守りきれなかったのが悔しいところです。

――天理大戦へ向けて対策されたことはありますか

今まではディフェンスだけを固めてきてたのですが、たっきーさん(瀧澤璃菜主将、スポ4=岩手・沼宮内)をフォワードにおいて得点力を高めるためにポジションとかを入れ替えながやってきました。ディフェンスにも慣れない子が入ってきたりしていて、最初とかは合わない部分もあったのですが練習でマークの修正や展開のやり方などを重点的にやってきました。

――好セーブなどがみられましたが守るうえで意識していたことはありますか

リーグ戦ではなくてトーナメントなので1点でも失いたくないなと思いながやっていました。失点が重なってしまったのでちょっと申し訳ないなという感じです。

――相手の攻撃面は戦ってみていかがでしたか

1回止めてリバウンドとかの詰めがすごく速くて、自分が構えきれていない時に打たれたりすることが結構しんどかったです。中盤はパス崩しで、サークルの中はドリブルで来てたりして、使い分けが上手だなと。

――秋季リーグの残りの試合への意気込みをお願いします

春東農大に負けていて、4年生さんとできるリーグ戦が最後なのでしっかり勝ち切ってみんなで4年生さんにいい思いをさせてあげたいなと思います。