ラグビー部

2018.11.03

関東大学対抗戦 11月4日 対帝京大 東京・秩父宮ラグビー場

帝京大戦展望

 今年もまた、勝負の時がやってきた。関東大学対抗戦(対抗戦)4試合を終え、全勝の早大。次戦は、いよいよ帝京大戦である。全国大学選手権10連覇を懸けるシーズンを迎えている王者・帝京大。早大は2010年を最後に、対抗戦での帝京大戦の白星から遠ざかっている。しかし、今夏の菅平でのオープン戦では、早大が帝京大に勝利しており、両者の地力の差は決して大きいものではない。王者に土をつけ、悲願の頂点へ向かうために、早大に求められることとは何か。

 帝京大にとって、前節の慶大戦は薄氷の勝利だったと言えるだろう。慶大に先制トライを許し、立ち上がりの不安を露呈。後半はまさかの無得点に終わり、慶大に5点差まで迫られた。しかし、本調子とは言えない中でも、競った展開で勝ちきれる強さが、帝京大にはある。相手のわずかな隙を見逃さず、スピードと忠実なパス回しでチャンスをものにできるのが、王者たるゆえん。慶大戦では、前半の短いアタックの時間に一気にトライを奪ったことが、結果的に勝因となった。FB竹山晃暉主将(4年)のプレーは目立つが、CTB尾崎泰雅(3年)など他のBK陣も引けを取らない。さらに、帝京大の強みは決してBK陣だけに留まらず、突破力のあるフォワード陣が名を連ねていることだ。竹山の正確なプレースキックも、帝京大のしたたかな試合運びを支える。

強力なフィジカルでアタックをけん引するCTB中野将伍(スポ3=福岡・東筑)

 早大が試合を優位に進めるためには――。やはり、是が非でも開始10分までに先制トライを奪いたいところだ。帝京大の立ち上がりの不安を突き、王者の牙城を崩したい。前節の日体大戦でマンオブザマッチに輝くなど、調子を上げてきたSH齋藤直人(スポ3=神奈川・桐蔭学園)を起点に、リズミカルなアタックでフェーズを重ねられれば、帝京大のディフェンスラインにもスペースが開いてくるはずだ。また、ペナルティーは可能な限り避けたい。日体大戦では、序盤にペナルティーを多発させ苦しんだ早大。勝利を収めた夏の帝京大戦でも、後半はペナルティーが連続し、長時間にわたり自陣でのプレーを迫られた。規律を保ち、マイボールポゼッションを高めたいところだ。さらに、敵陣ゴール前でのセットプレーも大きな分水嶺となる。慶大は帝京大戦、終盤に何度もゴールラインへと迫ったが、マイボールラインアウトを立て続けにスチールされるなど、不安定なセットプレーで流れをつかみきれなかった。一方、早大は前節で、安定したラインアウトからモール攻撃に持ち込みトライにつなげている。王者への挑戦でも、さらなる確実性が求められる。

 

夏の歓喜の再現、なるか

 終盤にリードを奪っていれば、帝京大は小刻みにつなぎボールを保持し続ける。そうした落ち着き、試合展開を見て最適な選択ができる点が、王者・帝京大の強さだ。とはいえ、早大との力の差は、確実に縮まってきている。序盤からペースをつかみ、終盤に王者を焦らせる展開とできるか。100周年を迎えるワセダラグビー。長らく続く『帝京一強』時代に待ったをかけ、新時代への扉を開きたい。

(記事 元田蒼、写真 石塚ひなの、石名遥)

 

早大メンバー
背番号 名前 学部学年 出身校
鶴川 達彦 文構4 神奈川・桐蔭学園中教校
宮里 侑樹 スポ4 沖縄・名護商工
小林 賢太 スポ1 東福岡
三浦 駿平 スポ3 秋田中央
下川 甲嗣 スポ2 福岡・修猷館
◎佐藤 真吾 スポ4 東京・本郷
幸重 天 文構3 大分舞鶴
丸尾 崇真 文構2 東京・早実
齋藤 直人 スポ3 神奈川・桐蔭学園
10 岸岡 智樹 教3 大阪・東海大仰星
11 古賀 由教 スポ2 東福岡
12 中野 将伍 スポ3 福岡・東筑
13 長田 智希 スポ1 大阪・東海大仰星
14 桑山 聖生 スポ4 鹿児島実
15 河瀬 諒介 スポ1 大阪・東海大仰星
リザーブ
16 千野 健斗 人4 東京・成蹊
17 峨家 直也 商4 兵庫・報徳学園
18 土田 彬洋 スポ2 茨城・茗渓学園
19 中山 匠 教3 東京・成城学園
20 沖野 玄 商3 北海道・函館ラサール
21 貝塚 陸 スポ4 東京・本郷
22 船越 明義 社4 東京・早大学院
23 佐々木 尚 社4 神奈川・桐蔭学園
◎はゲームキャプテン、※監督は相良南海夫(平4政経卒=東京・早大学院)
関東大学対抗戦Aグループ星取表
  帝京大 明大 慶大 早大 筑波大 日体大 青学大 成蹊大
帝京大

11/18 14:00

秩父宮

〇24-19

11/4 14:00

秩父宮

12/1 14:00

熊谷

〇90-7

〇141-7

〇113-7

明大

11/18 14:00

秩父宮

11/4 11:30

秩父宮

12/2 14:00

秩父宮

〇66-21

〇31-17

〇88-0

〇110-0

慶大

●19‐24

11/4 11:30

秩父宮

11/23 14:00

秩父宮

〇35-24

〇84-17

12/1 11:30

熊谷

〇68-14
早大

11/4 14:00

秩父宮

12/2 14:00

秩父宮

11/23 14:00

秩父宮

〇55-10 〇68-10 〇123-0 〇99-5
筑波大

12/1 14:00

熊谷

●21-66 ●24-35 ●10-55 11/18 14:00

敷島

○73-31

11/3 14:00

上柚木

日体大

●7-90

●17-31

●17-84

●10-68

11/18 14:00

敷島

11/3 11:30

上柚木

12/2 14:00

熊谷B

青学大

●7-141

●0-88

12/1 11:30

熊谷

●0-123

●31-73

11/3 11:30

上柚木

11/18 11:30

敷島

成蹊大

●7-113

●0-110

●14-68

●5-99

11/3 14:00

上柚木

12/2 14:00

熊谷B

11/18 11:30

敷島

※秩父宮は秩父宮ラグビー場、熊谷および熊谷Bは熊谷ラグビー場、帝京大Gは帝京大学百草園グラウンド、足利は足利市総合運動公園陸上競技場、江戸川は江戸川区陸上競技場、秋葉台は秋葉台公園球技場、明大Gは明大八幡山グラウンド、慶大Gは慶大日吉グラウンド、三郷はセナリオハウスフィールド三郷(三郷市陸上競技場)、筑波大Gは筑波大つくばグラウンド、敷島は群馬県立敷島公園サッカー・ラグビー場、味スタ西は味の素スタジアム西競技場、上柚木は上柚木公園陸上競技場。
 
関東大学対抗戦Aグループ順位表(11月2日現在)
順位 チーム 試合 得点 失点 得失 トライ
帝京大 368 40 328 53
早大 345 25 320 52
明大 295 38 257 44
慶大 206 79 127 30
筑波大 128 187 -59 19
日体大 51 273 -222 7
成蹊大 26 390 -364 4
青学大 38 423 -385 6
勝ち数の多い大学を上位とし、勝ち数が並んだ場合は同順位とする。