ホッケー部

2018.10.30

関東学生秋季リーグ 10月28日 埼玉・駿河台大ホッケー場

駿河台大に敗北、3位決定戦へ

 春と同カードとなった関東学生秋季リーグ(秋季リーグ)順位決定予選。早大は春に負けて涙をのんだ駿河台大に再び挑んだ。しかし試合のペースは相手に握られ3点ビハインドで試合を折り返す。反撃に出たい早大は相手サークルに迫るも点を奪うことはできず0―6で敗北し、秋季リーグ3位決定戦にまわることとなった。

 決勝進出をかけたゲームは早大のセンターパスで始まった。開始早々駿河台大に攻め込まれ自陣でプレーする時間が続き隙を突かれてサークル付近で攻防となってしまう。しかしMF南家未来(教2=京都・立命館)が相手ボールをカットし敵陣に切り込む。その後DF瀧澤璃菜(スポ4=岩手・沼宮内)がシュートを打つも相手ゴールキーパー(GK)に弾かれてしまい得点とはならず、第1クオーター(Q)中盤相手に先制点を奪われてしまい追う展開となる。終盤も危ない場面を迎えるがGK高橋詩帆(スポ3=栃木・今市)の粘りの守りもあり失点を許さない。第2Q早大は得点のチャンスを迎えるがなかなかものにできない。一方駿河台大も攻撃の手を緩めず2点を追加し、0対3で前半を終えた。

果敢な攻めをみせた南家

 第3Qなんとしてでも追いつきたい早大だったが、開始約3分キーパーの身体の間を通って駿河台大が放ったボールがゴールに吸い込まれてしまう。中盤DF村山陽香(創理3=東京学芸)とMF有賀瞳(スポ3=東京・成城学園)の連携などで相手のフィールドに侵入するもシュートまでは打てず苦しい時間が続く。そんな中駿河台大にペナルティーコーナー(PC)を決められてしまい0対5と突き放されてしまう。第4QでもPCを奪われるがGK高橋がゴールを守りきり、守備ではMF南家がドリブルなどで魅せる。しかし駿河台大の守備も堅い守りで点を奪わせない。このまま終了かと思われたが終了間際にPCから失点してしまい0―6で試合を終えた。

相手の守備に苦しめられた

 「(失点の)リスクを負って攻めたため、後ろのマークがずれてしまった」と安岡裕美子監督(平16年卒)が振り返るように、全員で攻めるということを実践するなかで隙をつかれゴールを奪われてしまった早大。全日本学生選手権を間近に控え修正が求められている。秋季リーグ3位決定戦では笑顔の選手たちが見られることに期待したい。

(記事、写真 新藤綾佳)

結果
TEAM 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
早大
駿河台大


コメント

安岡裕美子監督(平16卒)

――きょうの試合を振り返ってはいかがでしょうか

そうですね、全体的にもやろうとしていたことを意識的にできたのでその点は良かったと思います。

――どのような点を意識してプレーされていたのでしょうか

攻めるときはみんなで攻めきって、守るときは全員でしっかり守るというところを意識してやりました。

――きょうの駿河台大戦に向けて対策されてきたことがあれば教えてください

点を取りたいので、攻撃的なポジショニングを練習してきました。

――実戦ではいかがでしたでしょうか

相手陣地まで行くことはできたのでその点は良かったかなと思います。

――かなり得点を奪われてしまいしたが

(失点の)リスクを負って攻めたため、後ろのマークがずれてしまったことへの対応がまだできていなかったかなと思います。

――目前にせまった全日本学生選手権(インカレ)までに修正しなければいけないポイントはどこでしょうか

今のマークのずれの修正とペナルティーコーナーの守備の調整をしていきたいです。