卓球部

2018.10.27

全日本大学総合選手権個人の部 10月27日 兵庫・ベイコム総合体育館

硴塚・緒方組が全国制覇!シングルスでは6人がランク入り

  全日本大学総合選手権個人の部(全日学)は競技2日目。この日はダブルスの決勝までとシングルスのランク入り決定戦までが行われた。ダブルスでは、男子部の硴塚将人主将(スポ3=東京・帝京)・緒方遼太郎(スポ2=東京・帝京)組が接戦を制して見事に優勝を果たした。女子部も阿部愛莉(スポ4=大阪・四天王寺)・徳永美子(スポ4=福岡・希望が丘)組が準優勝、笹尾明日香(社1=神奈川・横浜隼人)・岩越帆香(スポ1=福岡・希望が丘)組が3位と好成績を残した。また、男女シングルスでは計6人がランク入りを達成した。

 男子部のエースペアが全国制覇の快挙を成し遂げた。硴塚・緒方組は準決勝でリーグ戦で敗れていた相手にバックハンドを主体として攻め、快勝を収めた。迎えた決勝戦の相手は、シードペアを続々と破って勝ち上がってきた愛工大ペア。試合開始から緒方のチキータレシーブや硴塚のダイナミックな強打など持ち味を出していく早大ペアだが、相手もラリーで強さを見せ、互いに譲らず1セットずつを取り合う。しかし、第3セットでは、早大ペアのサーブが少し甘くなったところをレシーブから攻められて失点を重ね、徐々に相手に押し込まれてしまう。このセットを失うと、あとがなくなった第4ゲームでも相手の巧みなコース取りに苦しめられてリードを許す。先に相手にマッチポイントを握られるが、ラリーになんとか食らいついて3度マッチポイントをしのぐと、12-12から2連続ポイントを挙げ土壇場で最終セットへと持ち込んだ。運命の最終セット、先にリードしたのは愛工大。卓球台の角にボールが当たるエッジボールなど早大ペアにとってはやや不運な得点もあり3点のリードを許す。しかし、ここでタイムアウトを取り気持ちを切り替えると二人は集中力を高めて鋭いボールを打ち込み同点に追いつく。終盤は息詰まる点の取り合いとなるが、先に硴塚・緒方組がマッチポイントを握り、10-9とする。ここで、緒方が相手の意表を突くロングサーブを繰り出すと、相手のレシーブがネットにかかりゲームセット、大熱戦に決着がついた。ペア結成から約1年で初の全国タイトルを獲得してみせた硴塚・緒方組は熱い抱擁を交わし喜びを爆発させた。

全国制覇を成し遂げた硴塚・緒方組

 一方の女子ダブルスでは、準決勝で阿部・徳永組と笹尾・岩越組の同士討ちが実現した。お互いを知り尽くしている中の一戦は開始から思わぬ展開となる。先輩との対決に硬くなったのか笹尾・岩越組にミスが目立ち、阿部・徳永組が9連続ポイントを奪って一気に流れをつかみ、最初のセットを奪う。2セット目以降も阿部・徳永組は流れるようなフットワークでラリーの強さを見せて終始リードしながら試合を進める。笹尾・岩越組は最後まで思うようなプレーができないままストレートで勝負は決着。先輩ペアが後輩に大きな背中を見せつける結果となった。その阿部・徳永組は決勝戦で前回王者との対戦となったが、相手の強烈なボールをなかなか返せず惜しくも悲願の全日学タイトルには届かなかった。

 ダブルスに続いて行われたシングルスでは男女で明暗が分かれる結果となった。男子部ではダブルスの優勝で勢いに乗る硴塚が圧巻のプレーを見せた。ランク入り決定戦で国際大会でも活躍する木造(愛工大)と対戦した硴塚は、バック対バックの展開で優位に立ち得点を重ねると、相手が反応できないほどの早い打点のカウンターを決めるなど充実のプレーを披露。実力者に対して臆することなく攻め続けた硴塚はセットカウント4-1で快勝を収め、自身初の全日学でのシングルスランク入りを達成した。その一方で、ランク入り決定戦に進んだ緒方、平野晃生(スポ4=山口・野田学園)、五十嵐史弥(スポ1=石川・遊学館)はいずれもフルゲームの末に惜敗し敗退となり、ランク入りは硴塚1人のみにとどまる厳しい結果となった。また、女子シングルスではランク入り決定戦に進んだ6人中5人が突破を果たす好結果に。その中でも、リーグ戦であまり出番のなかった金子碧衣(スポ3=愛知みずほ大瑞穂)が見事な逆転勝利を飾った。最初のセットを落としたものの、激しいラリー戦に必死で食らいつき、自分からコースを変えて攻める展開で接戦を勝ち切り嬉しいランク入りとなった。

見事にランク入りを達成した金子

 明日はいよいよ最終日となり、ランク入りを達成した選手によるハイレベルな試合が繰り広げられるであろう。男子部では今大会好調の硴塚がどこまで快進撃を続けることができるか、そして女子シングルスでは悲願の優勝を達成する選手が現れるのか。早大勢の熱い戦いに注目だ。

(記事、写真 吉田寛人)

結果

▽男子ダブルス

準決勝

○硴塚・緒方組3―0内村秀・内村英組(日体大)

決勝

○硴塚・緒方組3―2松下・宮本組(愛工大)

▽女子ダブルス

準決勝

○阿部・徳永組3―0笹尾・岩越組

決勝

●阿部・徳永組0―3安藤・枝松組(専大)

▽男子シングルス

2回戦

○平野3―0上野(八戸工大)

○硴塚3―1廣田(関学大)

○緒方3―0石田(新潟大)

○五十嵐3―0高田(福岡大)

○川上3―1石田(国学院大)

●葉波0―3遠藤(明大)

3回戦

○平野3―2高橋(関学大)

○硴塚3―0小林(専大)

○緒方3―0大谷(日体大)

○五十嵐3―0久保(専大)

●川上1―3三部(専大)

4回戦(ランク入り決定戦)

○硴塚4―1木造(愛工大)

●平野3―4出雲(明大)

●緒方3―4千葉(埼工大)

●五十嵐3―4坪井(筑波大)

▽女子シングルス

2回戦

○徳永3―2工藤(金城大)

○阿部3―0竹本(淑徳大)

○鎌田3―0徳住(立命大)

○金子3―1明(朝日大)

○林3―2上野(龍谷大)

○笹尾3―0粟屋(竜谷大)

○岩越3―0原田(東北学院大)

●加藤0―3谷本(神戸松蔭女子学院大)

●澁谷0―3打波(神戸松蔭女子学院大)

3回戦

○徳永3―0菅沼(中京大)

○阿部3―1北澤(金城大)

○鎌田3―0高東(筑波大)

○金子3―0高原(日大)

○笹尾3―0寺門(国学院大)

○岩越3―1桒原(朝日大)

●林1―3滑川(東京富士大)

4回戦(ランク入り決定戦)

○徳永4―2三條(青学大)

○阿部4―1中澤(中大)

○金子4―3吉田(神戸松蔭女子学院大)

○笹尾4―0伊藤(中大)

○岩越4―0阿部(国学院大)

●鎌田0―4森田(中大)