ソフトボール部

2018.10.27

関東大学選手権 10月27日 栃木・渡良瀬運動場B球場

盤石の展開で1日目を終える

関東大学選手権
文教大    
早 大 X    
(5回コールド)
〇廣瀬、増田-河野
◇(二塁打)小野寺 ◇(三塁打)なし ◇(本塁打)なし

 今年度最後の公式戦である、関東大学選手権(関カレ)が始まった。今年度、栃木県足利市で行われている本大会は、4年生がチームを去ってから臨む初めてのトーナメント大会でもある。新体制を占う試金石ともなる戦い、その初戦の相手は文教大。早大は序盤から得点を重ね、盤石の展開で次戦に駒を進めることとなった。

 先発投手は、抜群の安定感を誇る廣瀬夏季(スポ3=北海道・とわの森三愛)。初回に味方野手の失策と安打でピンチを招いたが、後続を断ち無失点でこの回を終える。2回も得点圏に走者を進められるも、無失点。味方の援護を待つこととなる。打線は2回。この日6番・一塁手で出場していた堀奈々美(スポ2=千葉経大付)が遊撃内野安打で出塁すると、すかさず盗塁を決める。すると相手投手は制球を乱し、三者連続四球で先制に成功した。

この日3安打と気を吐いた遠藤

 その後2点を追加し、なおも3回の攻撃。先頭の増子奈保主将(スポ3=東京・日出)が左前打で出塁すると、続く小野寺詩織(スポ2=千葉経大付)の中越え二塁打で追加点を奪う。追撃の手を緩めない早大は、遠藤真衣(スポ2=東京・日出)のこの日3本目の安打などで得点を重ね、一挙4点を奪取。試合の行く末を決定づけた。4回から、投手を廣瀬から増田侑希(スポ1=香川・高松南)にスイッチする。東京都大学連盟秋季リーグ戦(秋リーグ)では失点も少なくなかった増田だが、「秋リーグが終わったあたりでいったん気持ちをリセットして、基礎から見直してきた」と振り返るように、練習の成果を披露。2回を3奪三振、打者6人で終える投球を披露し、5回7点差でコールド勝ちを収めた。

守護神・増田は安定した投球を取り戻した

 強豪校の意地を見せ、終始主導権を握ったままで快勝。「練習通りの力を出せた」(遠藤)と選手も振り返る、納得の一戦となった。しかし、本番はここから。見据えるのはもちろん優勝だが、順当に進めば準決勝で、早大の所属する東京都大学連盟の覇者・日体大と対戦する。先日行われた秋リーグでは、敗北を喫した相手だ。「チームとしての目標は、日体大に勝って優勝すること(小野寺)。」女王と再び相まみえるため、あすも一戦必勝で勝ち上がる。

(記事 望月優樹、写真 守屋郁宏、石﨑開)

コメント

小野寺詩織(スポ2=千葉経大付)

――いい当たりが野手の正面を突くシーンが続いていたなかで、本日安打が出ました。今の気持ちはいかがですか

関カレ(関東大学選手権)に向けてバッティングの改善を目標にしてきました。いままで良い打球が引っ張り方向のファールになってしまっていたので、それをフェアアゾーンに入れられるように練習してきた成果が出せて良かったなと思います。

――本日放った中越え二塁打の感触はいかがでしたか

打った瞬間はセンターライナーかなと思ったんですけど、意外と打球が伸びてくれてよかったです。

――守備での貢献もチームにとって欠かせないものとなっています。春から秋にかけて練習の上で気を付けてきたことはなんでしたか

やっぱりフットワークが大事なので、それを意識してノックに入ったりとか。堅実なプレーが求められているので、、強い意識をして練習をしていました。

――今大会の抱負をお願いします

チームでは最終日まで残って、(準決勝で対戦する)日体大に勝って優勝することです。個人的には、守備では堅実にアウトを取っていくということと、バッティングでも大事な場面で打てるようにしたいです。

遠藤真衣(スポ2=東京・日出)

――3打数3安打ということで非常に調子が良かったように見えましたが

そうですね。相手のチームも格下の相手だったので、力の差を見せて勝たないといけないなという気持ちがありました。練習通りの力を出せたかなと思います。

――今大会の位置付けはチームとしてどのように捉えていますか

新チーム始まってから、遠征での大きな大会はこれが初めてで。あと宿泊の大会は東日本(東日本大学選手権)とインカレ(全日本大学選手権)の二つなので、チームとしても結構大きな大会という位置付けでした

――勝てるだけ勝っておきたいというかたちでしょうか

そうですね、今回も勝てる大会としたいです。

――今後への個人的な意気込みをお願いします

きょうのことはきょうのこととして、いい結果と捉えて。明日以降、レベルはどんどん上がっていくと思うので、そこでも自分の力を出し切れたらいいなと思います。

増田侑希(スポ1=香川・高松南)

――夏から秋にかけてパフォーマンスが思うように上がらない時期があったと思います。どのように切り替えて今大会に向かってきましたか

秋リーグの前くらいから調子が悪かったので、秋リーグが終わったあたりで一旦気持ちをリセットする、悪い時の自分を忘れるために、基礎から見直してやってきました。その結果、今日は秋リーグよりも良いピッチングができたかなというふうに思います。

――その中で今日は2回をパーフェクトに抑えました

今までは変化球の変化もそこまでなかったですし、自信がなかったので、基礎からやるということが自信につながったと思います。そこが今日はよかったと思います。

――その基礎というのは具体的にはどういうことに取り組みましたか

横投げとか、本当に一からやってきました。

――直球のかかりも良かったように見えました。今日の試合で手応えのあった球種は

自分の持ち味のストレートも良かったですし、今練習中のボールがいろいろあるんですけど、そのへんも良かったです。全体的に前よりも安定して投げることができていると思います。

――これまで「楽しむ」ことが目標と繰り返されてきました。その点で今はどうですか

ソフトボールはやっぱり自分が好きでやっているので楽しいですし、自分が楽しんでやることが一番いいかなと思っています。真ん中で投げる人間が一番楽しんで笑顔でやっていれば、周りも盛り上がってくると思うので、楽しむというのは今も変わらずに自分の中にあるものですね。

――明日、明後日と大会は続いていきますが、個人的に設定している目標はありますか

秋リーグは大量失点をしてしまったので、今後この大会で登板させてもらうことがあれば最小失点で、できれば失点はしないようにしていけたらいいなと思っています。