野球部

2018.10.15

東京六大学秋季リーグ戦 10月15日 神宮球場

猛る王者の咆哮!エースの初完封で勝ち点奪取/立大3回戦

立大3回戦
立 大
慶 大 ×
(慶)○髙橋佑-郡司
◇(二塁打)小原

 前日接戦を落とし、優勝に向けて後がなくなった慶大。敗北が優勝戦線脱落を意味する重要な一戦で、先発の髙橋佑樹(3年)が躍動した。一方の打線はエースの好投に応えることができずにいたが、7回。2死二塁から瀬戸西純(2年)の中前適時打で待望の先制点を挙げる。さらに8回に代打・正木智也(1年)の犠飛で1点を加え、勝負あり。髙橋佑は自身初の完封勝利で、今季5勝目を挙げた。

 試合は序盤から、今季ここまで4勝の慶大エース・髙橋佑と体調不良のため前日までベンチを外れていた立大エース・田中誠也(3年)による緊迫した投手戦が繰り広げられる。両者とも3回までを難なく無失点に抑え、迎えた4回。慶大が絶好機を迎える。先頭の2番・渡部遼人(1年)が中前打で出塁すると、続く柳町達(3年)の投前犠打を田中誠が一塁へまさかの暴投。思わぬかたちで好機が広がり、4番・郡司裕也(3年)が打席へ。低めの球を巧みにミートした郡司の打球は右翼線際に落ちるかと思われたが、これを一塁手がジャンプで好捕。なおも好機は続いたが、2死満塁から7番・嶋田翔(2年)が三振に倒れ、無得点に終わった。

7回に先制の中前適時打を放つ瀬戸西

 厳しい状況でのマウンドが続いたが、髙橋佑の快投は止まらなかった。7回まで許した安打はわずかに3本。二塁すら踏ませぬ圧巻の投球で味方の援護を待った。すると、4回以降田中誠の前に沈黙していた打線が奮起。7回裏、1死から小原和樹(3年)が放った大飛球を左翼手が捕球できず、二塁打となる。続く嶋田は三振に倒れたが、2死から8番・瀬戸西が外角いっぱいの変化球をはじき返すと、打球は中前へ。この当たりで小原が本塁に生還し、慶大が待望の先制点を挙げた。ようやく援護をもらった髙橋佑。続く8回に四球と盗塁でこの日初めて得点圏に走者を背負ったが、最後は三振でこの回を切り抜ける。すると直後の8回裏に、1死三塁から代打・正木(1年)がきっちり中堅へ犠飛を放ち、立大を突き放す。最後は髙橋佑が三人で締め、大きな1勝をつかみ取った。

圧巻の完封勝利で、今季5勝目を挙げた髙橋佑

 髙橋佑の好投に尽きる一戦だった。エースとしての地位を確立する圧巻の投球に、最後の最後で打線が応えた。苦しみながらも、これで春に続いて4カード連続の勝ち点奪取となった王者・慶大。残すは、春に苦杯をなめた華の早慶戦のみ。因縁の宿敵との一戦を制し、3連覇を完全優勝で飾ることはできるか。3つ巴の優勝争いは、いよいよクライマックスを迎える。

(記事、写真 皆川真仁)

関連記事

最終回に好機つくるも追い付くことができず/立大2回戦(10/15)

髙橋佑、初の完投勝利で初戦を制す/立大1回戦(10/13)