庭球部

2018.10.15

全日本大学対抗王座決定試合 10月14日 愛媛総合運動公園

難敵を下し、14連覇へあと1勝!/男子準決勝

 大学テニス日本一を決める全日本大学対抗王座決定試合(王座)は準決勝を迎え、早大は関大と対戦。関大は一昨年、昨年と王座の準決勝で顔を合わせており、そのどちらもダブルスで負け越すなど苦戦を強いられてきた相手だ。しかし、今年の早大は数多くの接戦を勝ち切り、合計スコア7-2で快勝。14連覇をかけた決勝に弾みをつける勝利となった。

チームに1勝目を届けた島袋(左)・木元組

 「完全に予想通りだった」(坂井)。関大はダブルスのオーダーを変えて臨んできたが、それに動じることなく早大ペアは落ち着いて試合に入った。ダブルス3の島袋将(スポ3=三重・四日市工)・木元風哉(社2=埼玉・早大本庄)組は、「ファーストサーブはしっかり入れて、前でボレーを決めるという形が出来た」(木元)と振り返るように序盤から試合を優位に進め、危なげなくファーストセットを奪う。しかしセカンドセットは一転してサービスゲームもブレークされる苦しい展開に。しかし、「ベンチコーチや応援のおかげで、再びエネルギーを出せた」(木元)とチームの応援を力に変えて劣勢をはねのけた早大ペアが、ストレート勝ちでチームに1勝目をもたらした。隣のコートに入ったダブルス2齋藤聖真(スポ4=神奈川・湘南工大付)・小林雅哉(スポ3=千葉・東京学館浦安)はファースト、セカンドともに混戦が続いたが、どちらも決めきることができず敗北。一方ダブルス1の坂井勇仁主将(スポ4=大阪・清風)・田中優之介(スポ2=埼玉・秀明英光)はファーストセットこそ落とすものの、セカンドセットからは立て直しそのまま奪うと、ファイナルセットは相手を圧倒。結果的には2-1とリードを奪い、いい流れでシングルスにつなげることに成功した。

千頭の勝利がチームを勢いづけた

 続くシングルス。最初に登場したのはシングルス2の齋藤とシングルス4の千頭昇平(スポ2=愛知・誉)。連敗すると合計スコアで逆転され苦しくなるだけに、何としても勝利を収め試合の主導権を握りたい場面。しかし、両者とも一進一退の攻防の末にファーストセットを落としてしまう。この嫌な雰囲気を打破したのが千頭だった。「自分のミスから点を落とすことが多かったので、1,2球我慢する」(千頭)と冷静に自分のプレーを修正し、ファーストセットでは見られなかったガッツポーズや声も見られようになる。完全に調子を取り戻した千頭は、セカンドセット、ファイナルセットと立て続けに奪取し、チームの勝ちを大きく引き寄せる白星を挙げた。同じタイミングで試合が始まった齋藤は接戦をものにできず。だがシングルス5に起用された田中優は、試合を通して抜群の安定感を見せ、ストレート勝ち。さらにはリーグ戦から好調を維持するシングルス6の藤井颯大(スポ2=京都・同志社国際)もストレート勝ちと、期待の2年生がそろって躍動し、早大の勝利を手中に収めた。その後シングルス3に起用された古田伊蕗副将(スポ4=静岡・浜松市立)、シングルス1の島袋も2回戦に続いてしっかり勝ち切り、これでシングルスは6-1。合計7-2の快勝で決勝進出を決めた。

2回戦に続き準決勝でもチームの勝利を決めた藤井颯

 苦戦も予想された関大戦だったが、選手一人一人が結果を残し、王座制覇に大きな勢いをつけることができた。決勝の相手・慶大は今秋のリーグ戦で5-4と勝ちはしたものの、最後まで勝敗の分からない激戦を演じた難敵。特にダブルスは愛媛ではまだ一度も試合を落としておらず、次戦も簡単に勝たせてくれる相手ではないだろう。だが、「最後勝って笑って終われるように」(坂井)と決勝に、そして連覇にかける選手の気持ちは強い。目標にしてきた悲願の14連覇は、すぐそこにある。

(記事 小原央、写真 林大貴、松澤勇人、吉田優)

結果

○早大7-2関大



ダブルス1
〇坂井勇仁主将・田中優之介3-6、6-1、6-1大野翼・山尾玲貴
ダブルス2
●齋藤聖真・小林雅哉4-6、6(4)7林大貴・柴野晃輔
ダブルス3
〇島袋将・木元風哉6-3、7-5髙村烈司・島田達也


シングルス1
〇島袋将7-6(2)、3-6、4-1(RET)山尾玲貴
シングルス2
〇齋藤聖真3-6、4-6髙村烈司
シングルス3
○古田伊蕗副将6-0、6-3大野翼
シングルス4
〇千頭昇平4-6、6-2、6-3林大貴
シングルス5
○田中優之介6-1、6-2工藤丈寛
シングルス6
○藤井颯大6-2、7-5柴野晃輔

関連記事

王座展望~男子編~/全日本大学対抗王座決定試合(10/11)

関連特集

王座直前特集『未完』/全日本大学対抗王座決定試合(10/08)

コメント

坂井勇仁主将(スポ4=大阪・清風)

――今日のオーダーはどんな意図でくみ

相手がどうきても戦える布陣でいきました。

――大半のオーダーが入れ替え可能なのは有利でしょうか

小林、古田、田中、千頭は入れ替えられるので、自由度があるのは有利だと思います。

――相手はダブルスのオーダーを変えてきましたが

完全に予想通りでした。1は山尾くんと大野くんでくるだろうなと思っていて、心の準備はできていたんですけど、ファーストをああいった形で取られてしまったのは残念です。

――セカンドセットからはどう切り替えたのですか

気楽にやろうと思って、優之介が引っ張ってくれていたのでまずはそれに付いていけるように、とりあえず僕は球をコートに入れることだけを考えてました。

――2年連続ダブルスで負け越していた関大に2-1と勝ち越せたのはできたのは大きかったですか

ダブルスでリードできたのは大きかったです。でもその後に入った齋藤、千頭がどちらもファースト落としてしまって、嫌な流れがくるかなと思ったんですけど、そこで千頭がなんとか踏ん張ってくれたし、その後の田中、藤井、古田といい流れをつないでくれたのでよかったです。チームでカバーし合えた戦いだったと思います。

――2年生が躍動しました

そうですね、2年生最強です(笑)。みんな頑張ってくれています。

――決勝は早慶戦となりましたが、慶大の闘いぶりをどう見ていますか

初戦こそ9-0で終わってるんですけど、今日はシングルス1、2落としていて。ダブルスは3-0だったんですけど、シングルスは3-3と向こうも不安の残る準決勝だったんじゃないかなと思います。僕らの方がいい勢いで臨めるんじゃないかなと思います。

――やはりカギはダブルスでしょうか

そうですね。何回も何回も団体戦やってきて、そこは最後まで変わらないです。

――明日がこのチームの最後の試合です。意気込みをお願いします

後輩はみんな可愛い奴らばっかで、同期もいいやつばかりで、僕は4年間で一番好きなチームなので、最後勝って笑って終われるように頑張ります。

木元風哉(社2=埼玉・早大本庄)

――木元選手にとっては初めての王座になると思うのですが、緊張はありますか

昨日の試合が初戦だったんですけども、ちょっと緊張があったのか、やっぱり最初の方とかリターンのミスが多くて、固さがあったかなという風に感じています

――今日の試合は緊張しましたか

昨日よりは緊張はしなかったと思います

――リーグ戦の早慶戦以来、島袋(将 スポ3=三重・四日市工)選手とダブルスを組んでいますが、ダブルスの相性はどう感じていますか

ペアリングを組んだのが実は去年の夏関だったのですが、1回戦で負けて正直嫌なイメージしかなかったんですけれども、今年も組んでいるうちに合ってきて、だんだんコンビネーションも良くなってきてるな、と二人で話していました。

――第1セットはサービスゲームを安定して取っていたと思うのですが、振り返っていかがですか

そうですね、ファーストサーブはしっかり入れて、前でボレーを決めるという形がいいと思うので、そういう形が出来たのが大きかったと思います

――第2セットは序盤にブレークをされる苦しい展開でしたが、どんなことを考えながらプレーしてましたか

正直ツーブレイクされたときは、あー、ていう風に感じたんですけど、そこからベンチコーチの町田さん(亮副将 スポ4=福岡・柳川)だったり、応援してくださった人たちだったりの声援があって、またエネルギーをだしてしっかりやれたかなと思います

――最後に明日はこのチームの最後の試合になりますが、意気込みをお願いします

4年生率いるチームのラスト1戦なので、もし出られたらですけど、自分のベストをつくすこともそうなんですが、チームに1勝を持ってきてチームの勝利に貢献できたらなと思います

田中優之介(スポ2=埼玉・秀明英光)

――昨日に続き単複での勝利になりました。まずダブルスから振り返っていただけますか

ダブルスはファーストセットを落としてしまったんですけど、相手にも徐々に慣れてきたっていうのと僕らがセカンドセットからしっかり修正できて勝てたのがよかったと思います。

――具体的にはどのあたりを修正できましたか

二人でムキになって打ち続けていたところがあったんですけど、まずはそこをなくして、ラリーをしてくる相手に対してしっかりラリーしていこうというのと、一人が前で動くっていうのを意識してやりました。

――シングルスは2セットとも先にゲームを取られてから連取する展開でした

ファーストセットは相手にキープされただけだったので何も問題なかったんですけど、セカンドセットの1ゲーム目でブレークされてしまったのがあまりよくなかったです。でもそこを気にすることなく、0-2になってもしっかり自分のプレーを貫き通せたのがよかったと思います。

――この会場のコートの感触はいかがですか

もう最高です(笑)。

――明日はいよいよ慶大との決勝戦です。意気込みをお願いします

リーグ戦では5-4と危ない試合で、その落としたうちの2本が僕だったので、僕が勝ってちゃんと9-0で勝ちたいと思います。あときょう一つうれしかったのが2年生で5本取れたので、明日も2年生は強いってことを証明したいと思います。

千頭昇平(スポ2=愛知・誉)

――今日の関大戦にはそういった気持ちで臨みましたか

リーグ戦のときにケガをして、あんまりテニスをやっていない状態での王座だったんですけど、その中でも監督とかが自分を選手として選んでくれて、その中でもやるべきことはできているかなと感じています。

――昨年は同じ準決勝の関大戦で途中棄権となりましたが、1年を経て何か特別な想いのようなものはありましたか

僕試合中初めて吊ってしまって、何もできなくなって、負けてしまったんですけど、やっぱり試合前はそのことがよぎって。OS1っていう足が吊ったときに効く薬を使ったんですけど、点滴みたいなものなんですけど、逆に気持ち悪くなっちゃいましたね(笑)。

――逆転で見事勝利を収めました

出だしは悪かったんですけど、2セット目、3セット目と持ち直すことができて、自分のやるべきことができたのでよかったんじゃないかなと思います。

――具体的にはどういった修正をしたんでしょうか

相手が何かしてくるっていうわけではなくて、自分のミスからっていうのが多かったので、1、2球、もうちょっと我慢するっていうすぐ改善できるような簡単なことを心がけていました。

――きょうは2年生で5本を取りましたが、ご自身含め2年生の活躍はどう映っていますか

そうですね。2年生フィーバーといっていいんじゃないですか(笑)。これからは2年生の僕らの時代がやってくるんじゃないかときょうで確信しました!(笑)。2年生の時代が来るようになっていきたいですね。これからは2年生が引っ張っていけるといいですね。

――今のチーム、4年生とプレーするのはあすの決勝が最後になります

優しい先輩たちばかりで、本当にいい人しかいなかったので、笑顔で送り出せるように。1、2、3年生はあした1日全力を尽くしたいと思います。