メニュー

準硬式野球部

2018.10.13

東京六大学秋季リーグ戦 10月13日 東京・上柚木公園野球場

優勝への最終章!慶大に圧勝し、賜杯獲得へ王手をかける/慶大1回戦

慶大1回戦
早大 0X   14
慶大    
(早)〇久郷、前田、今井-吉田
♢(二塁打)永井(3表)、今駒(4表)、徳島(6、7表)

  早大、慶大、そして法大が勝ち点3で並び、三つ巴となっている東京六大学秋季リーグ戦。この試合の前の時点での首位は早大であり、2位の慶大と法大までの勝率差はわずか0.003。混戦を極めている。自力優勝の可能性は早大しか保持していないが、法大の残りの試合を考えればこのカードでの勝ち点はもちろんのこと、もう1敗もできないという厳しい状況だ。そんな中迎えたきょうの試合、早大は14点を挙げ、慶大を圧倒。優勝へ王手をかけた。

  この試合の先発は久郷太雅(創理3=静岡・沼津東)。前週の立大3回戦では打ち込まれたが、この日は5回まで本塁打1本以外に打たれることなく安定した投球を披露していた。しかし、6回にいきなり慶大打線につかまると、2本の単打と四球で無死満塁としたところで降板。前田直輝(スポ3=熊本)にスイッチした。しかし、前田も続く4、5番打者を抑えられず、2点を失ってしまう。それでもこの窮地をそれ以上の失点なく抑えると、その後は無失点でつなぎ、7回から今井佑哉(社1=東京・早実)に交代。三投手で合計3失点に押さえた。

内野安打で出塁する森田達貴主将(スポ4=埼玉・県浦和)。きょうは6打席5出塁で4得点

  9季ぶりの優勝へ向け、何としても連勝したい慶大戦。この日の相手先発は、春季リーグ戦で最優秀防御率を獲得した慶大のエース村石就昭(4年)だった。チャンスは少ないかと思われたが、3回に永井隆太(スポ4=石川・七尾)の右翼線への適時二塁打で幸先良く先制に成功する。そしてこの試合1年生ながら初の4番に座った関大輝(基理1=茨城・江戸川学園取手)がつなぐと、打席には中村大輔(商4=東京・早大学院)。「ここまであまり調子も良くなかった」という中村大だが、その打球は適時打となり、2点目を追加した。4回にもさらに2点を入れ村石をマウンドから引きずり下ろすと、この試合全打席安打で3打点という中村大など4年生の活躍で、その後に登板した投手たちも攻略。試合を通じて19安打14得点をし、慶大に7回コールド勝ちを収めた。

適時打を放つ中村大。この日は全打席安打3得点3打点の活躍

 「チーム全体として2年前にやられているというのはもちろん意識している」(永井)。慶大の拙守も重なり、大勝した今試合。それでも早大は2年前の悲劇を忘れてはいない。優勝を懸けた早慶戦を1戦目、2戦目共に9回で得点を許し敗戦。目の前で胴上げが行われたのだ。あれから二年。当時、期待の下級生として出場していた森田や池上倫平副将(政経4=東京・早実)も最上級生となり、チームの中心選手になった。今年のチームに「来年」はない。今こそ雪辱を果たし、笑顔で胴上げをしたい。

(記事 金澤麻由、写真 今山和々子、杉本遼冴)

★「四年間最高の仲間に恵まれて幸せでした」(林)

 9季ぶりのリーグ優勝を狙う早大。そこへ向け戦っているのはグラウンドの選手たちだけではない。もちろんスタンドの選手も同じ目線で戦っている。その一人が林新太郎(スポ4=神奈川・相模原中教校)だ。ベンチ入りし、活躍することを目標として日々励んでおり、ベンチ外というのは複雑なことだろう。ケガの影響などで思うような活躍ができず、悔しい思いもしてきた。それでも林はこの一年、心から応援をしてきた。「今年はその悔しい気持ちを(ベンチ入り)メンバーの人たちが清瀬(清瀬杯全日本大学選抜)などで晴らしてくれた」と言う。また、この四年間をふりかえり、「悔しさもあり、楽しさもあった」と語った林。最後のシーズンとなる秋季リーグ戦では悲願の優勝をつかみ取り、「最高の仲間」と共に、林らしく笑顔で四年間を締めたい。

応援する部員たち

(記事 金澤麻由、写真 杉本遼冴)

コメント

中村大輔(商4=東京・早大学院)

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

慶大は何としても負けられない相手でしたので、しっかり準備をして臨もうという事を決めて戦いました。

――2年前は慶大に目の前で優勝されています。きょうの試合はいかがでしたか

優勝を懸けた戦いなので、やはり気負っていたところもあったのかなと、今思うと、反省点としてあります。今回は慶大ということはあまり意識せずに自分たちの野球ができれば勝てるということを考えてやった結果、きょう(の勝利)につながったのかなと思います。

――相手投手が村石選手でしたが、印象や意識していたことはありますか

本当に序盤から後半勝負だということは考えていて、じっくり行こうという風に話をしていたのですが、その中でも皆、甘い球をきっちりと打てていましたし、相手のミスもあったので、そこに付け込む事ができたのが良かったのかなと思います。

――本日5打数5安打の大活躍でしたが振り返っていかがですか

びっくりですね。ここまであまり調子も良くなかったので。きょうは5本打つことができて、ほっとしています。

――打席の中で全て浅いカウントでの安打でしたが何か意識していたことなどありましたか

本当はボールを待とうと思っていたのですが、甘いのがきてしまったので、ついつい振ってしまうような調子の良さだったのだと思います。

――あす勝てば優勝が決まりますが、それについて意気込みなどありますか

リーグ戦ということですが、トーナメントの決勝というつもりで。負けたら終わりなのでそういう気持ちで臨みたいと思います。それときょうの試合は結構点差が離れて余力を残して勝てたのですが、あしたはあしたで別の締まった展開というのも考えられるので同じ慶大ですけど相手が違うと思ってもう一回切り替えてきっちりワセダらしい野球をできたらなと思います。

永井隆太(スポ4=石川・七尾)

――試合を終えた感想をお願いします

チームとして準備してきたものを、しっかり守備でもバッティングでも出せたかなと思います。個人としても、チャンスで一本が出たのでよかったかなと思います。

――相手の先発は春季リーグ戦で最優秀防御率を取った投手でした。いかかでしたか

前日のミーティングでも、そんなに点は取れないだろうということで、数少ないチャンスで(決めていこう)という感じだったのですが、きょうは本当に相手のミスもあって点が取れました。よかったです。

――3安打は全て適時打でした。ご自身の打席を振り返っていかがですか

あんまり僕の中では調子が良くないなと思っていたのですが、コンパクトに打つことを心がけて、つなぐ意識で打ちました。

――2年前の秋季リーグ戦では慶大に負けて優勝を逃しています。きょうの試合、特別な思いはありましたか

その頃僕はベンチにも入っていなかったのですが、チーム全体として2年前にやられているというのはもちろん意識していて、逆に今回は連勝しようとここまでやってきたので、そのままの勢いであしたも頑張ろうと思います。

――あすは優勝がかかっています。意気込みをお願いします

四年間頑張ってきたことをあした出すというのが全てだと思うので、きょうの勝ちはきょうの勝ちということでまた気持ちを切り替えて、あした全てを出したいと思います。

林新太郎(スポ4=神奈川・相模原中教校)

――いつも応援席ではどのようなことを心掛けていますか

チャンスの時などに、流れを(早大に)一気に持ってこられるように意識をしてやっています。

――選手の応援歌はどのようにして決めていますか

大体ノリですけど、その選手に合っていそうな応援歌を選んでいます。向こうから要望があった訳ではありません。今駒(顕二郎、教4=東京・早大学院)だったら『スピードスター』(千葉ロッテマリーンズの応援歌)だったり。その人に合わせています。

――まだシーズンの途中ですが、ここまでの四年間を振り返っていかがですか

通算で100試合以上を見ていて、去年くらいまでは「悔しい」という思いもありスタンドにいたのですが、4年目になって心から応援できるようになりました。自分はケガもあり、ピッチャーから野手に転向したなどしたので、全く思うような活躍をすることができませんでしたが、今年はその悔しい気持ちを(ベンチ入り)メンバーの人たちが清瀬(清瀬杯全日本大学選抜)などで晴らしてくれて。リーグ戦もいい勢いで来てくれているので。悔しさもあり、楽しさもあった四年間でした。四年間最高の仲間に恵まれて幸せでした。

――あす勝てば9季ぶりの優勝が決まります。意気込みをお願いします。

あすもチーム一丸となって。スタンドから勢いを作れるようにみんなで盛り上がっていきたいです。このままの勢いで関東(関東地区大学・社会人王座決定戦)に行って、ワセダの野球、ワセダの色を王座でも出して行ければ良いと思います。あすは絶対に勝ちます。