庭球部

2018.10.13

全日本大学対抗王座決定試合 10月13日 愛媛総合運動公園

女王の貫禄を見せつけ、全勝で初戦を突破!/女子2回戦

 全勝で初日を終え、女王としての貫禄を見せつけた。チームとして今季の集大成となる全日本大学王座決定試合(王座)。早大は初戦の相手となった地元・松山大を5−0のストレートで下した。一時は王座出場すら危ぶまれた早大だったが、この日の王座初戦は12連覇中の実力をいかんなく発揮して見せた。

ボーラーの乾和歌(文構1=奈良)とハイタッチする大矢(左)・上組

 王座のカギを握るダブルスの先鋒を任されたのはダブルス1の大矢希女子主将(スポ4=愛知・名経大高蔵)・上唯希副将(スポ4=兵庫・園田学園)組。チーム内でも絶大の信頼を置かれている経験豊富な主将・副将コンビは松山大に一切の付け入る隙を与えず、6−0、6−0のストレートで勝利。リーグ戦で全試合をストレート勝ちした確かな実力を愛媛の地でも見せつけた。続くはダブルス2の清水映里(スポ2=埼玉・山村学園)・下地奈緒(社2=沖縄尚学)組。ファーストセットを6−0のストレートで制し、セカンドセットでは第4ゲームにサービスゲームをキープされ1ゲームを奪われこそしたものの、「相手の一番得意なパターンでの失点だったので、気にすることなく」(清水)と切り替えた。動ずることなく6−1での快勝を収め、早大は勝利に王手をかけた。

王座初出場を果たした大河

 ダブルスでの快勝で勢いに乗った早大はシングルスでも松山大を圧倒する。シングル3の大河真由(スポ3=千葉・秀明八千代)はこの試合が王座デビュー戦となった。セカンドセット第3ゲームには3ポイント連取をされるも、そこから逆転でゲームをものにするなど、2セットを完封で完勝。王座デビュー戦を勝利で飾るとともに、早大の勝利を確定させた。ダブルスでも早大の勝利に貢献した主将の大矢、エースの清水はシングルスでも躍動した。シングルス2の大矢主将は6−0、6−0で圧勝。「だんだん集大成へ向けて、全部よくなってきている」(大矢)と確かな手応えを感じていた。シングルス1の清水は幾度となくデュースまでもつれる展開を強いられたが、「応援の方の声とかのおかげでなんとか踏ん張って、締めるところを締めることができた」と1ゲームも与えることなく勝利を収め、早大は5−0のストレートで松山大を下した。

エース清水も攻めのテニスを貫いた

 夏の個人戦で結果を残せず、王座出場すら危ぶまれた早大。しかし、「リーグ戦に危機感を全員が持って臨んだことによって、チーム力っていうのがこれまでと比較しても一番ワセダらしくなってきている」という清水の言葉通り、王座初戦となった松山大戦では盤石の強さを見せつけた。「(選手たちは)初戦から声も出ていたし、応援もしっかりガッツポーズ、声を出せていた」(大矢主将)とチーム全体の士気も集大成へ向けて高まっている。前人未到の13連勝へ、女王の戦いは最高のかたちで幕を開けた。

(記事 林大貴、写真 松澤勇人、森迫雄介)

結果

○早大5-0



ダブルス1
〇大矢希女子主将・上唯希副将6-0、6-0門屋沙織・武田真紀
ダブルス2
〇清水映里・下地奈緒6-0、6-1竹田菜月・西山菜々


シングルス1
〇清水映里6-0、6-0門屋沙織
シングルス2
〇大矢希女子主将6-0、6-0武田真紀
シングルス3
〇大河真由6-0、6-0本田ひなの

関連記事

王座展望~女子編~/全日本大学対抗王座決定試合(10/11)

関連特集

王座直前特集『未完』/全日本大学対抗王座決定試合(10/08)

コメント

大矢希女子主将(スポ4=愛知・名経大高蔵)

――王座初戦を迎える区あたってチームの雰囲気は

比較的いい雰囲気だと思います。初めての土地でこれまでと比べられない部分もあると思うんですけど、気を抜かないぞという雰囲気でできていると思います。

――個人として調子はいかがですか

だんだん集大成に向けて、全部よくなってきていると思います。

――愛媛に来てからの調整具合は

本当はここで一回しか練習できないはずだったんですけど、雨で延びて二回練習することができて、それもあってどこのコートが跳ねるとかどこのコートが速いとか情報も入ったので、それは幸いだったと思います。

――今日の試合では大矢選手はは単複で完勝でした

しっかりどちらも6-0、6-0で勝てたのは素直によかったと思いますし、相手の選手は昨日見ててすごく終盤ファイトして勝っていて、気持ちの強い選手だと思っていたので、しっかりと抑えることができてよかったです。

――チームの戦いぶりを振り返って

みんな初戦から声も出ていましたし、応援もしっかりガッツポーズとか声とか出せていたので、すごくいい雰囲気で次の試合を迎えられると思います。

――次の相手は関大ですが、ポイントはどこになると考えていますか

やはりダブルスですね。関西はすごくダブルス上手いですし、シングルスが三本で重みがすごくあるので、しっかりとダブルス2-0をつけたいと思います。

――準決勝への意気込みをお願いします

次も5-0目指して、チーム一丸となって勝ちに行きます!応援よろしくお願いします!

大河真由(スポ3=千葉・秀明八千代)

――王座に向けて調子はいかがでしたか

王座の前のリーグ戦から自分の調子は徐々に上がってきていました

――現地に入ってからの調整もうまくいったということですか

そうですね。雨で1日延びたんですけど、そのなかでもしっかり集中して練習に取り組んで、良い状態はつくれていたと思います

――このコートでプレーするのは初めてとのことですが、サーフェスへの適応は

会場練習は何日かできていたので、十分に対応する時間がありましたから、そこまで試合に大きく支障が出ることはなかったです

――王座デビュー戦で完勝し、これ以上ないスタートを切れたのでは

そうですね、うれしい限りです。でももちろん出させていただけたのもありますが、こういう結果になったのは仲間の支えがあったからだと思っています

――あしたの関大戦へ向けて

関大も関西第一代表で簡単な相手ではないですが、これまで王座に向けてチーム全員でしっかり準備してきたので、やれることをやるだけだと思います

清水映里(スポ2=埼玉・山村学園)

――王座に臨むにあたってここまでの取り組みを振り返って

リーグ戦に王座に行けないかもしれないという危機感を全員が持って臨んだことによって、チーム力っていうのがこれまでと比較しても一番ワセダらしくなってきて、チーム力っていうのは練習の中でも全員が共通意識を持って取り組んでいたと思います。

――ここまでご自身調整の方はうまくいっていますか

はい、うまくいっていると思います。

――愛媛のサーフェスとの相性はいかがでしょうか

悪くないですね。少し跳ねるんですけど、私はそっちの方が好きなので、特に問題はないと思います。

――試合後には練習をさていていましたが、手応えの方はいかがですか

練習ではしっかり取れているので、手応えを感じています。調子の方も悪くないと思います。

――シングルスの試合を振り返っていかがですか

シングルでは相手にゲームポイントを取られたときとかでも応援の方の声とかのおかげでなんとか踏ん張って、1ゲームも与えることなく締めるところを締めることができたので、良かったと思います。

――ダブルスでは1ゲーム与えるかたちとなりましたが振り返っていかがですか

キープされてしまったんですけど、相手の一番得意なパターンでの失点だったので、気にすることなく切り替えができたと思います。

――あすの関大戦へ向けて意気込みをお願いします

チャレンジャー精神を持って、サポートしてくれる方々の思いとかも込めて、コート上で発揮したいと思います。