応援部

2018.10.11

早明合同ステージ 10月10日 早稲田キャンパス

打倒紫紺!響け『紺碧の空』!

 9月に始まった東京六大学秋季リーグ戦(秋季リーグ戦)も、気づけばもう終盤戦だ。今週末の早明戦を終えると、残すは華の早慶戦のみとなる。先日の試合で慶大が法大から勝ち点を得たことから、早大にも自力優勝の可能性が復活した。法大の残すカードが東大戦であることを考慮すると、勝率の関係で早大はもう1試合も負けてはならない。いつも以上に気合いの入る早明戦に向け、この日の昼休み、早稲田キャンパス3号館前では早明合同ステージが行われた。

 合同ステージは、それぞれ早大、明大の第一応援歌である『紺碧の空』と『紫紺の歌』で幕を開けた。続けてチアリーダーズが今季のバンド演奏曲『ウィーアー』を踊ると、その可憐で華やかなダンスに学内を歩く人も思わず立ち止まる。授業終了から少し時間が経ったことも相まって、観客はどんどん増えていった。その後、応援合戦らしく明大は『狙い撃ち』や『ハイパーユニオン』、『ノックアウトマーチ』などを披露。最後にはリーダーの突きが印象に残る『覇者明治』でメドレーを締めくくった。

明大の応援曲『神風』と神無月について学注をする小谷

 対抗するように早大は『応援曲メドレー』の『打倒明治スペシャルバージョン』を行う。パンチのある『暴れん坊早稲田』から始まったメドレーは、『大進撃』、『ダイナマイトマーチ』などの力強い曲を含んでいて、立大、東大から続けざまに勝ち点を得て勢いづく野球部を表すようであった。小谷太郎代表委員主務(社4=神奈川・相模)は、明大の代表的な応援曲『ハイパーユニオン』にあるコールを変え「やっぱりワセダがナンバーワン!」と声を上げる。早明合同ステージならではのコールに、会場からは笑みもこぼれた。

『応援曲メドレー』は盛り上がりを見せた

 「実際の応援と野球を見て、ワセダ生としての実感を得てもらえたら」(柳澤遼輝副将、人4=埼玉・春日部)。スポーツ科学部が設立されてから、早大生全体にとって野球部の試合はあまり身近ではなくなってしまっているのかもしれない。しかし、こうして応援部が早稲田キャンパスでステージを行うことで、秋季リーグ戦の認識は広まるだろう。今週末は、久方ぶりの優勝に向けた大事な一戦である。たまには早大生らしく、神宮球場で応援歌を歌ってみるのはいかがだろうか。

(記事 今山和々子、写真 馬塲貴子)

コメント

柳澤遼輝副将(人4=埼玉・春日部)

――自力優勝が復活したことについてどう思われますか

途中ちょっと諦めかけた部分もあったんですけれど、しっかりと地道に目の前の一戦一戦に向き合っていればこういう風にちゃんと結果が見えてくるのかなと思います。このままこの調子でしっかりと今週末の早明戦で勝ち点を取って、早慶戦につなげていきたいです。

――明大からは3季連続で勝ち点を奪われています

やはり野球部も応援部もなんとなく明治大学戦においてはあまりいい印象を持っていないと思うのですが、そういった過去のことにとらわれずに、今年は今年、今シーズンは今シーズンということでしっかり割り切って全力で一戦一戦戦いたいです。

――きょう合同ステージを見に来ていた学生に一言お願いします

ぜひ合同ステージだけではなく実際に神宮の方にも足を運んでいただいて、実際の応援と野球を見て、ワセダ生としての実感を得てもらえたらなと思います。