バスケットボール部

2018.10.07

関東大学女子リーグ戦 10月6日 茨城・筑波大学筑波校舎

アウェイにも屈せず接戦を制す

 2ヶ月と長期に渡る関東大学女子リーグ戦(リーグ戦)もきょうでちょうど半分の試合を終えた。全勝中の早大は春のトーナメントで惜しくも破れた筑波大と筑波大のホームで対戦。ホームゲームとあって会場は筑波大の応援で埋めつくされていたが、早大はその雰囲気には飲まれることなく出だしを切った。しかし「ワセダのバスケができなかった」とF澁谷咲月(スポ3=大阪薫英女学院)が語ったように第2クオーター(Q)から攻めあぐねる。試合はシーソーゲームにもつれ込み、59-56で僅差での勝利となった。

 筑波大の声援に包まれる中始まった第1Q、先にゴールネットを揺らしたのは早大。C中田珠未(スポ3=東京・明星学園)からのパスをF内山未悠(社3=愛知・桜花学園)が決め切り先制した。その後も澁谷のドライブやC中村美羽(社3=千葉・昭和学院)のゴール下も決まるが拮抗した展開になる。第1Q残り2分でG高田静主将(スポ4=山形市立商)とF細貝野乃花(スポ3=愛媛・聖カタリナ女)がスリーポイントを沈め、一歩リードして迎えた第2Q。C田中真美子(スポ4=東京成徳大)が安定したプレーを見せるが、両チームなかなかシュートが決まらない。第2Qは9-6とロースコアな戦いで前半を折り返した。

タイトなディフェンスにもアタックを続けた田中

 後半は筑波大のタイトなディフェンスもあり攻めあぐねてしまう。第3Q、筑波大のファウルが目立つことを逆手にとり、高田が積極的なドライブを仕掛けると筑波大のチームファウルがかさむ。このフリースローのチャンスを中田、中村がものにし少しずつながらも得点を重ねた。第4Qは逆転を許す場面もあったが「4年生を中心に声を掛け合い」(澁谷)、筑波大の雰囲気に飲み込まれることはなかった。高田と田中の4年生コンビがアタックを続け、チームを盛り上げると3点のリードを守り切り59-56で勝利を掴み取った。

走力が強みの澁谷

 アウェイに屈せず白星を挙げたが、「春のトーナメントで負けているから点差をつけようと話していた」(澁谷)選手にとって課題は残っている。あしたも筑波大のホームゲームであり、筑波大はきょうの敗戦を受けさらにアジャストしてくるだろう。しかし早大も負けていられない。きょう挙がった課題を改善し、きょうよりも点差をつけて全勝記録を守ってほしい。

(記事、写真 阿部かれん)

第68回関東大学女子リーグ戦 10月6日(vs筑波大)
   1Q 2Q 3Q 4Q 合計

早大

20 15 15 59
筑波大 13 24 13 56
◇早大スターティングメンバー◇
G#21 高田静(スポ4=山形市立商)
F#23 澁谷咲月(スポ3=大阪薫英女学院)
C#25 中村美羽(社3=千葉・昭和学院)
C#33 中田珠未(スポ3=明星学園)
F#37 内山未悠(社3=愛知・桜花学園)
コメント

F澁谷咲月(スポ3=大阪薫英女学院)

――相手ホームでの接戦を制しましたが今のお気持ちはいかがですか

トーナメントで負けて、チームとしては圧倒して勝とうということだったんですけど、接戦になって、ディフェンスは結構粘れてできた部分もあったのでそこは良かったかなと思うんですけど、オフェンスの方がワセダらしいバスケットができていなかったかなと思います。

――ディフェンスで粘れたとのことですが具体的に振り返っていかがですか

2ピリのところで9-6となって、6点に抑えたのはすごい良くて、相手にもタフショットを打たせてリバウンドをしっかり取れていたところは良かったかなと思います。後半はドライブでやられたり色んなところがあったのでそこは修正するべきところかなと思います。

――オフェンスでワセダのバスケができなかったというのは筑波大のディフェンスがきつかったからでしょうか

それもあるんですけど、一人一人が戦えていなくて、一対一に行っていたのも高田さん(静主将、スポ4=山形市立商)とか田中さん(真美子、スポ4=東京成徳大)だけだったので、一人一人が戦えていなかったから相手を崩すことができなくて止まった状態になってしまってっていうので、ダメな状態を自分たちで作り出していたから、相手の問題ではなくてまずは自分たちの気持ちの問題とかもあるのかなと思います。

――最後に勝ち切れた要因は何でしょうか

4年生が中心になって声を掛けてくれて、まずディフェンスから頑張ろうということを終始言ってくれて、そこからコートの中もベンチも一丸となって戦えたので最後勝ち切れたのかなと思います。

――ご自身のプレーはいかがでしたか

全然納得はいっていなくて、でもきょう走れていたかなと思ったのでそこは自分の強みでもあると思うので、明日も走ることは継続するというのと、もう少し得点に絡んでいきたいなと思います。

――あしたも筑波大ホームでの試合ですが意気込みをお願いします

あしたはワセダのプレーをしっかりして圧倒的に勝てるように頑張ります。