メニュー

準硬式野球部

2018.10.07

10月6日 東京六大学秋季リーグ戦 東京・府中市民球場

久郷が完封勝利!白熱する投手戦を制す/立大1回戦

立大1回戦
早大
立大
(早)〇久郷-吉田
♢(二塁打)森田、永井(4表)、池澤(7表)

  前カードの明大戦から中3日で迎えた立大戦1回戦。選手の疲労が心配されたが、そんなことも感じさせない引き締まった試合となった。先発・久郷太雅(創理3=静岡・沼津東)が9回3安打、三塁を踏ませない投球を見せ、今季初の完封勝利。一方の打線は4回に2番・森田達貴主将(スポ4=埼玉・県浦和)、3番・永井隆太(スポ4=石川・七尾)の連打で先制点を取ると、7回に池澤一真(スポ2=栃木・大田原)の適時打で追加点を挙げ、相手を突き放した。

  1回裏、先頭打者にいきなり安打を許した久郷だったが、後続の打者をピシャリと抑え、相手に付け入る隙を見せずに切り抜けた。そして、3回まで両者一歩も譲らない展開で迎えた4回表。先頭打者の森田がこの試合初の二塁打でチャンスを作ると、続く3番・永井が左越え適時二塁打を放ち、待望の先制点を獲得。その後、6回まで先発・久郷は毎回走者を出すが、粘り強く投げ、失点を許さなかった。

9回3安打完封勝利を収めた久郷

  1-0という1点差での展開が続き、なんとか追加点が欲しいワセダは7回、相手投手・濱崎爽太郎(4年)の連続四球で出塁し走者をためると、7番・池上倫平副将(政経4=東京・早実)が堅実に犠打を決め、1死二、三塁という追加点獲得の絶好のチャンスを作る。しかし8番・久郷が初球、スクイズを試みるも失敗。飛び出した三塁走者がタッチアウトになってしまい、チームに一気に嫌な雰囲気が漂った。それでも久郷はその打席四球を選び出塁し、1死一、二塁としたところで迎えたのは9番・池澤。1ボール2ストライクと追い込まれた4球目、「バットの芯に当てることだけを意識した」という池澤の打球は、見事右中間を抜ける適時二塁打となり、その間に走者2人が生還した。味方の援護を受けた久郷は終盤さらにギアを上げ、7回から9回まで無安打。立大打線をテンポ良く打ち取っていった。

2点適時二塁打を放つ池澤

  終わってみると久郷が9回3安打無失点という理想的な形の勝利だった。「前回の反省を生かして、神経質にならず真っ直ぐでどんどん押していこうと心掛けた」と久郷も語るように、きょうはキレのある真っ直ぐで凡打の山を築いていった。前回登板した明大1回戦では自分の投球ができず、2回と3分の1で降板した久郷にとって自信のつく一勝になったに違いない。残すところあと2カード。法大が今後勝ち点を落とすと、ワセダが優勝する可能性が出てくる。そのためには全勝して機会を待つしかない。

(記事 瀧上恵利、写真 関飛人)

★池澤一真にご注目

送球をする池澤

 きょうの試合、2点適時二塁打を放ち、チームを勝利に導いた池澤一真(スポ2=栃木・大田原)。堅実な守備と、ここぞの一本が魅力の2年生内野手だ。今季、上級生を抑え、レギュラーの座を射止めた。内野には今駒顕二郎(教4=東京・早大学院)、森田達貴主将(スポ4=埼玉・県浦和)、そして中村大輔(商4=東京・早大学院)といった守備のうまい4年生がそろうが、そこに引けを取らない守備力を持っている。守備範囲の広さも魅力で、この試合も外野に抜けるか、というあたりを見事にアウトにしていた。守備について、「(気を付けているのは)とりあえずエラーを絶対にしないこと」と冷静に語った池澤。その堅い守備とここぞの一打でチームを支え、栄冠を手にし、秋季リーグ戦の終わりに笑顔を咲かせたい。

(記事 金澤麻由、写真 関飛人)

コメント

久郷太雅(創理3=静岡・沼津東)

――きょうの投球を振り返っていかがでしたか

序盤から少し制球が荒れていてテンポが良くなかったのですが、なんとか粘り強く投げた結果が完投勝利という結果につながったと思います。

――完投は意識されましたか

後ろにも前田(直輝、スポ3=熊本)とか江藤(健太、教3=早稲田佐賀)とかリリーフ陣は数がそろっているので、そんなに最後まで投げるということは意識せず、1イニング1イニングを抑えることを意識して投げていました。

――前回の投球から修正した部分はありますか

明大戦は序盤に真っ直ぐを打たれてそれで神経質になって変化球でいこうとして制球を乱すという場面がありました。なので、今回はその反省を生かしてちょっとアバウトに真っ直ぐでどんどん押していこうと心がけました。

――あす以降の試合に向けて一言お願いします

きょう法大が負けて優勝にまだ望みがあるので、ここから連勝できるようにがんばります。

池澤一真(スポ2=栃木・大田原)

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

きょうは、本当に久郷さんのお陰かなという感じです。

――7回に2点適時打を打ちましたが、あの打席を振り返ってどうでしたか

前の2打席はバットをしっかり振ることができなかったので、この打席では芯に当てようということだけ考えていました。

――堅実な守備も池澤選手の魅力の一つだと思うのですが、最近の守備の調子はどうですか

守備にはあまり好不調がないのですが、とりあえずエラーを絶対にしないことを心掛けてやっています。

――次戦に向けての意気込みをお願いします

あすも総力戦になると思うので、しっかりと自分の仕事をしてチームの勝利に貢献できたらなと思います。