ハンドボール部

2018.10.06

関東学生秋季リーグ 10月6日 東京・国士館大学多摩キャンパス体育館

4年生が躍動!強敵を下し、4連勝で最終戦へ/中大戦

 関東学生秋季リーグ(秋季リーグ)第8節。1カ月を越える長い戦いも、あっという間に最終週を迎えた。ここ3戦の連勝で持ち直した早大は、勢いそのままに4連勝を飾りたいところ。この日の相手は関東学生春季リーグ(春季リーグ)で3位の結果を残している強敵・中大だ。試合は課題としている立ち上がりに失点を許し、序盤は追いかける展開に。しかし、小畠夕輝(スポ4=岡山・総社)らの強烈なシュートで得点を重ね同点で折り返す。後半は伊舎堂博武副将(社4=沖縄・興南)の連続得点でリードすると早大ペースで試合を進め、競った展開ながら秋季リーグ4連勝を決めた。

  開始直後にパスミスから速攻を受けて失点。連続でセットオフェンスも決められいきなりビハインドを背負った。早大で今季最も得点を挙げている三輪颯馬副将(スポ4=愛知)も厳しいマンマークに合い、完全に動きを封じられてしまう。しかし、その中で両45度が気概を見せた。苦しい展開ながら小畠がディフェンスの上から叩き込むシュートやカットインで得点を重ね、伊舎堂も回転しながらディフェンスを振り切り華麗なプレーでネットを揺らす。さらに小畠が得た7メートルスローを伊舎堂が決めるなど、先行する中大に追いすがった。マークされていた三輪もリバウンドからシュートを決め、隙をつくプレーで存在感を示す。そして同点に追いついたところで前半24分、「要所で僕に回ってきたら絶対決めてやろうという気持ちでやっていました」という途中出場の四十宮実成(政経4=徳島市立)がディフェンスを引きずりながらポストシュートを決め、この日初めてリードを奪うとワセダサイドは大歓声に包まれる。このままリードした状態で折り返したかったが、前半終了間際に点を決められ9−9で前半を終えた。

ガッツポーズでチームメイトの歓声に応える四十宮(右から2番目)

 後半が開始してすぐに伊舎堂の連続得点でリードを奪う。中大も引き下がらず早大ゴールに襲いかかったが、間を割らせない集中したディフェンス、GK永田奈音(スポ4=宮崎・小林秀峰)の好セーブも光り、後半8分から約10分もの間、中大の攻撃を沈黙させた。この流れに応えるようにオフェンス陣も奮起。小畠が自身で得た7メートルスローを決め、前半鳴りを潜めた清原秀介(商3=東京・早実)もサイドシュートで得点。そして宮國義志(社3=沖縄・浦添)と伊舎堂の華やかなスカイプレーで3連続得点を挙げると、リードを3点にまで広げた。得点場面だけでなく、ルーズボールやリバウンドでも執念を見せるなど、一つ一つの泥臭く『ワセダらしい』プレーがさらにチームを勢いづかせる。相手のタイムアウトの後は一時同点に追いつかれたが、山﨑純平主将(社4=岩手・不来方)や四十宮のステップシュートで再び点差を広げ22−20で試合終了。手に汗握る試合を制した。

伊舎堂は効果的なゴールを決め続けた

 「やっとワセダらしさが出てきたかな」(永田)。リーグ前半戦は苦しんだが、「リーグ後半になってからはしっかりチーム全体が自分のできることは何かということを考えている」(伊舎堂)ことが早大を復活させた要因だろう。この勝利により早大は怒とうの4連勝。全日本学生選手権(インカレ)のシード権が手の届くところに見えてきた。あす、迎え撃つのはフィジカルの強い難敵・筑波大だ。「しっかりワセダらしく勝って、インカレにつなげられたらと思います」(永田)。秋季リーグ最終戦を白星で締めくくり、春の覇者の意地を見せてほしい。

(記事 宅森咲子、写真 岡本雷太 小松純也)

関連記事

関東学生秋季リーグ男子展望/関東学生秋季リーグ(8/31)

関東学生秋季リーグ
早大 22 9-9
13-11
20 中大
GK 羽諸大雅(スポ3=千葉・市川)
LW 三輪颯馬(スポ4=愛知)
LB 小畠夕輝(スポ4=岡山・総社)
PV 中村祐樹(スポ2=北海道・札幌西)
CB 山﨑純平(社4=岩手・不来方)
RB 伊舎堂博武(社4=沖縄・興南)
RW 清原秀介(商3=東京・早実)
星取表(10月6日現在)
早大
筑波大
中大
日体大
国士館大
法大
日大
明大
東海大
立大
5位 早大

22○20

36○29

25○18

26○22

23●30

23△23

25●32

1位 筑波大
34○22
24●29

26○25
35○25
24●25
22○19
33○19
39○22
7位 中大
20●22
22●34
24○21
25○20
30○25
20●23
22●27
22●23
6位 日体大
29●36
29○24
21●24
29●30
28△28
26○25
38○28
33○30
4位 国士館大
18●25
25●26
30○29
28○24
33○24
27●31
23○18
30○27
10位 法大
22●26
25●35
20●25
24●28
23●32
24●25
22○21
28○26
2位 日大
30○23
25○24
25●30
28△28
24●33
32○23
35○31
31○30
3位 明大
23△23
19●22
23○20
25●26
31○27
25○24
22△22
26○24
8位 東海大
23○21
19●33
27○22
28●38
18●23
31●35
22△22
21●22
9位 立大
32○25
22●39
23○22
30●33
27●30
26●28
30●31
24●26
コメント

伊舎堂博武副将(社4=沖縄・興南)

――勝利の感想をお願いします

リーグの後半でしっかり立て直しができてきて良かったなと思うし、インカレ(全日本学生選手権)につながる内容もリーグ後半に入って出てきているので、良かったと思います。

――試合展開を振り返っていかがですか

シーソーゲームで離される場面も多かったんですけど、そこでしっかりディフェンスで粘り強く我慢して守って大きく離されることなく最後までシーソーゲームをやっていって、最後の10分くらいから四十宮(実成、政経4=徳島市立)だとか、普段点数を取らない人たちが大事な場面で点数を取ってくれたというのはチームにとっても大きい結果だと思います。そういうところを見たらきょうは本当にいい成果だなと思います。

――同点で迎えた後半、伊舎堂選手の3連続得点で突き放しましたね

そうですね。前半、相手が1人少ない時の僕たちの攻撃の時に全然点数が取れなかったので、後半シーソーゲームの中で最低2点は取りたいという気持ちがありました。そこで純平(山﨑主将、社4=岩手・不来方)がセンターとして相手が5人の時の崩し方のポイントをしっかり突いてくれたので僕が行きやすいスペースをつくってくれて、それが3点につながりました。取らせてもらったという感じですね。

――ワセダらしいプレーもみられました

そうですね。僕は途中気持ちが切れてしまった部分があったんですけど、それでも周りの4年生が中心となってチームを鼓舞して最後まで僕にも声をかけ続けてくれて。申し訳ないという気持ちもあるんですけど、居てくれて本当にありがたいし、チームプレーというのは1人の人間が崩れていったら再建するのは難しいなときょう自分で感じていました。

――チームの雰囲気はいい感じですね

ベンチにいる人たちも、ベンチ外の応援席にいる人たちも、ただの応援だけではなくてチームの為に必要な応援や声掛け、裏方のサポートをやってくれているので僕たちはその分プレーに集中できていると思います。リーグ後半になってからはしっかりチーム全体が自分のできることは何かということを考えている結果がこの4連勝につながっているのだと思います。

――最終戦に向けて一言お願いします

筑波大は春リーグ(関東学生春季リーグ)勝利している相手なんですけど、今季は圧倒的に見える強さです。(早大と)同じタイプでフィジカル的な要素を大事にしているチームなのでそういう部分では負けたくないなと思いますし、あまり国内の大学のハンドボールでフィジカル面を強く鍛えているチームというのはそこまで多くないので、これからの日本の学生ハンドボールを高めていくためにもワセダと筑波大はあしたしっかり体と体がぶつかり合うような、スピードだとか、何と言ったらいいかな(笑)。基本的な事をお互い大事にしているので、そこで基本的なミスとかで負けたりしないように全員で気を引き締めていきたいなと思います。

小畠夕輝(スポ4=岡山・総社)

――4連勝となりました。勝利の感想をお願いします

うれしいです。これから勝っていければ(全日本学生選手権の)シード権にもつながってくると思うのでこの勝ちは大きいし、あしたにもつながる良い試合だったかなと思います。

――前半は追いかける展開の中で小畠選手の得点が光りましたね

きょうだいぶ肘が治ってきていて、シュートを本気で打てるようになって、球も走っていたので入ってよかったです。

――きょうの試合の良かった点は具体的に挙げられますか

実際オフェンスミスとかも多くて、本当にめちゃめちゃいい試合かと言われたら全然そうではないので、結構課題も多く見つかったかなという印象です。

――その課題はオフェンスミスでしょうか

オフェンスミスもありますし、ディフェンスも結構やられ方が悪い部分もあったので。アウトを守るとチームで決めていたけれどそこもやられたりしてしまいました。

――泥臭いプレーもみられましたね

そういうワセダらしい所が出ていたのはよかったと思います。

――最終戦に向けて一言お願いします

あした勝ってシード権取れるように頑張りたいと思います。

永田奈音(スポ4=宮崎・小林秀峰)

――4連勝となりました。感想をお願いします

やっとワセダらしさ出てきたかなというのが正直な感想です。ここ最近の4連勝は、やっぱりルーズボールへの飛び込みなど、泥臭くいくスタイルっていうのが見えてきたからだと思います。

――きょう競った試合になりましたが、試合展開を振り返っていかがですか

ディフェンスに関していえば、20失点なので、自分たちのやりたいディフェンスはできたと思います。逆にオフェンスは、速攻中のミスを減らそうという話をしていたのに、まだ多い部分があるので、これからインカレに向けて改善する点ではあるかなと思います。

――羽諸(大雅、スポ3=千葉・市川)選手に代わっての出場でしたが、意識した部分はありますか

個人的にああしようこうしようという考え方は特になくて、羽諸がのびのびやるために、代わった僕が止められなかったりチームの足を引っ張ってしまったりすると、羽諸に負担がかかるのでいつも出たら何が何でも一本止めてやろうという気持ちではやっています。

――4年生から見て、やはりチーム状況は良くなってきているのでしょうか

そうですね。良くはなっていると思うんですけど、もう一個ここでオフェンスだったりディフェンスだったりというところで皮がむけたら、やっぱり日本一というものが近づくと思います。

――残り1試合になりました、あすへ向けて意気込みをお願いします

筑波大ということで強敵ですけど、勝てない相手ではないと思うので、ここしっかりワセダらしく勝って、インカレにつなげられたらという風に思います。

四十宮実成(政経4=徳島市立)

――お疲れ様でした。まず感想をお願いします

今日勝たないとシード権が取れないという状況で、最終的に勝てたのは良かったかなと思います。

――今日競った試合になりました。試合展開を振り返っていかがですか

ディフェンスは頑張ってくれている中で、なかなか点が取れなくて、2点差3点差になったときに、離し切れないという状況が続いていたので、なんとか逆転だけはされないようにと思いながらやっていました。

――要所での出場でしたが意識した部分はありますか

今日拓(高橋拓也、人4=群馬・富岡)がいない中で、基本的にオフェンスだけだったので、(ポジションに)張ることじゃなくて、僕の持ち味のスライドでどうにか打開できるように、要所で僕に回ってきたら絶対決めてやろうという気持ちでやっていました。

――その中で大事な場面で得点を挙げられたと思います

まあ最後決められたのは良かったんですけど、途中自分の中では張れていないところやボールに絡めないところが多かったので、後半途中でもスライドだったりブロックだったりができるように、明日も筑波大戦があるので頑張っていきたいと思います。

――台風で日程がずれ込みましたが、何か影響はありますか

うーん。特にないです(笑)。

――最後に明日に向けて意気込みをお願いします

筑波大は結構体を鍛えてきてフィジカルも強くて、特にライン際やポストとかは厳しい当たりになってくると思うので、しっかりオフェンスで出たときは当たり負けないようにしっかりやっていきたいなと思います。