スケート部

2018.09.30

関東大学リーグ戦 対中大 9月29日 東京・ダイドードリンコアイスアリーナ

我慢のホッケーで開幕6連勝!

 前週の試合で明大を破り、関東大学リーグ戦(リーグ戦)で単独1位に躍り出た早大。この日は現在2位の強豪・中大との対戦に臨んだ。第1ピリオド(P)に先制を許し、苦戦を強いられた早大だったが、第2P終了間際に同点とすると、試合終了1分前にFW澤出仁(スポ2=北海道・武修館)が値千金の勝ち越しゴールで試合を決めた。

 立ち上がりは明大戦と比べて動きが重く、パスがうまくつながらず、フォアチェックも甘くなるという昨年の早大が頭をよぎる試合展開となった。得点には表れないものの、ジリジリと押されている苦しい状況を打開できずにいた。そして第1P終盤ついに先制を許してしまう。このまま押し込まれてしまうのか。いや、今年の早大はやはり一味違う。嫌な流れで先制を許しても、パックへの集中を切らさずに自分たちのプレーができるまで我慢のホッケーを貫いた。すると第2P終了間際、DFハリデー慈英(スポ4=埼玉栄)のセンターライン付近からの超ロングシュートが中大ゴールに突き刺さり、会場を沸かせた。1-1の振り出しに戻して最終、第3Pを迎える。

第2P終了間際、ハリデーがロングシュートで試合を振り出しに戻す

 第3Pに入ると、ついに早大のギアが上がる。これまでの試合で見せていたような運動量を増やしたアグレッシブなホッケーが戻ってきた。しかし、プレーの精度が上がり、何度も中大ゴールに迫る早大だったが、なかなか得点に結びつけることができない。GK谷口嘉鷹(社3=東京・早実)の体を張ったキーピングを中心に、ここでも我慢の時間帯が続いた。このまま、ゲーム・ウィニング・ショット(GWS)までもつれるかと思われた試合終了1分前。澤出がパックを持ち込み、ゴール右から放ったシュートが中大ゴールのネット揺らす。残り1分、中大の6人攻撃を防ぎ切り、FW矢島雄吾(スポ4=北海道・駒大苫小牧)がからのゴールにとどめの3点目を打ち込み勝負あり。「きょうはチャンスでなかなか決められていなかったので、どうにか決めたいと思っていました」という澤出の魂の一閃がチームを勝利に導いた。

「どうにか決めたい」(澤出)という一心で放ったシュートが試合を決めた

 内藤監督がこの日の我慢強さについて、「勝ち続けていることで、いつかチャンスが来ると心から信じられるようになったのかなと思います」と話し、谷口も「この日粘り切れたのは『自信』がついたことが大きい」と言う。夏の厳しい練習に加え、さらにリーグ戦で勝ち続けてチーム全体が勝ち方を体で感じていることが、開幕6連勝につながっているのだろう。次戦の相手である東洋大も体の強さと素早いプレッシャーに定評がある強豪で、当然油断は禁物だ。最後までアグレッシブなホッケーを展開し、1次リーグ全勝で9月を締めくくる。

※1 ペナルティーによる退場で相手チームより人数が多く、数的有利な状態をパワープレーと呼ぶ。

※2 ペナルティーによる退場で相手チームより人数が少なく、数的不利な状態をキルプレーと呼ぶ。

(記事 佐々木一款、写真 糸賀日向子)

関連記事

絶対王者・明大に3年ぶりの勝利!(9/24)/関東大学リーグ戦

今季最多の14得点で東海大に快勝!(9/23)/関東大学リーグ戦

リーグ戦開幕3連勝!サマーカップで接戦となった日体大に余裕の勝利(9/17)/関東大学リーグ戦

※( )内はシュート数

結果
早大 ピリオド 中大
0(9) 1st 1(13)
1(11) 2st 0(12)
2(13) 3st 0(10)
3(33) 1(35)
得点経過
チーム 時間 ゴール アシスト1 アシスト2 PK/PP
中大 15:49 11植森 88徳光 77齊藤
早大 39:28 29ハリデー 8青木 1澤出
早大 58:54 1澤出
早大 59:34 21矢島 16鈴木 17高橋
※PKはキルプレー、PPはパワープレー、PSはペナルティショットを指す
 なお、PK/PPの表記は早大にとってPKに当たるかPPに当たるかを表記するものとする
早大メンバー
セット FW FW FW DF DF
21矢島 17高橋 16鈴木 33坂本 25篠田
19杉本 8青木 1澤出 29ハリデー 18羽場
12飛田 9生江 14小澤田 31大崎 13吉野
15伊東 2北村 11加賀美 10住友 23草島
GK34谷口 B-GK39村上
コメント

内藤正樹監督(平3二文卒=北海道・釧路湖陵)

――開幕6連勝で結果は最高でしたが、きょうの勝利をどう受け止めていますか

動き自体は明大戦と比べてよくなかったですね。きょうは第1Pは足も動いていなかったのでそれは注意して、後半になるにつれて少しずつ足が動いてきたのかなと思います。6連勝についてはしようと思ってできるわけではないので、一戦ずつ積み重ねた結果がこういう結果になったと思っています。

――動きとしては第3Pにようやくギアが上がってきましたね

第1P、第2Pは本当はやってはいけないんですけども、ウォーミングアップになってしまった部分はありますね。明大と戦って選手たちも疲れから体が重くなっている部分はあるのかもしれません。それでもやらなきゃいけないことが最初はできなかったのかなと思います。第3Pに関しては、陸トレには自信を持っておりますので、運動量を多くしていけば
その差は自然と出てくるはずだから、運動量を増やしなさいと言って送り出しました。

――あまり体が動いていない中で粘って同点で最終ピリオドを迎えました

我慢強くなりましたね。これも精神的に安定してきたのかなと思いますね。自分たちの思い通りにならない時間も、自分たちの思い通りになるまで我慢できるようになったと思います。それも勝ち続けていることで、いつかチャンスが来ると心から信じられるようになったのかなと思います。

――リーグに入って、パックへの執念が前より強くなったように感じます

それも勝ちたいという思いを体で表現できるようになったという一ついいところ田と思いますね。パックをしっかり守るということもパスやレシーブやシュートと同じように基本的で大事なことなので、そういう基本的なことをやりさえすれば、上位のチームにも食い込んでいけるということを彼ら自身が体感でわかってきたのかなと思います。

――あしたは一次リーグ最後の東洋大戦ですが、勝つために大切なポイントは何だと考えていますか

やっぱり第1Pですね。きょうのような動きでは東洋大の素早いチェックには対応できないと思います。東洋大は体も強いので、それに負けないためにもまずは足をしっかり動かして、きょうの第3Pの動きを最初からしなければいけません。きょうは夜遅いし、明日は結構早いけれども、コンディショニングをしっかり整えて臨んでほしいと思います。

DFハリデー慈英副将(スポ4=埼玉栄)

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

明大戦とやることは変わらず第1Pから足を動かして、フォアチェックで食らいついてガンガン行くホッケーというのを突き通したのが、この結果につながったのかなと思いました。

――ハリデー選手ご自身のゴールは流れを引き寄せたと思うのですが、その点についてはいかがでしたか

(第2Pの)終了間際に決めることができたというのが良かったですし、あとは本当にFWの3人が上手くフォアチェックにいってくれて、こぼれ玉をただゴールに流したら華唯(杉本、スポ1=北海道・駒大苫小牧)が良いスクリーンに入ってくれて、シュートも良いところに行ったので入ったという感じで良かったです。

――第1Pと第2Pの間にチームで話したことはありますか

立ち上がりがそんなに良くなかったので、本当に去年の早大に戻っちゃってるよという状況になっていました。初心にかえって足を動かすということを、パスもシンプルなプレーをして明大戦の時のようなプレーをしようというのを心がけて第2Pからまた気持ちを切り替えてやりました。

――明日への意気込みをお願いします

勝っても、もう全然おかしい結果ではないと思うので、しっかり今週末勝ち点6を取ってリーグ戦首位で折り返したいと思います。

谷口嘉鷹(社3=東京・早実)

――開幕6連勝ですが、その結果についてはどう受け止めていますか

優勝を目指すうえで負けられないということはわかっていたんですけど、正直嬉しいですね。もちろん勝てる自信はあったんですけど、実際に中大には勝ったことが無かったので、すごくうれしいです。

――きょう粘り切れた要因はありますか

もちろん自信がついてきて、それが結果にも裏付けられていることが大きいですね。去年よりも成長したと自分でも思っているので、僅差で負けていた部分で勝ち切れるようになったのは自信が大きいと思います。

――ディフェンスでの連携は取れていますか

その部分に関しては、毎試合前の練習でも話しています。中大はフォワードが落としてシュートが多いので、それを防ぐためにディフェンスに下がらないようにと後ろから声をかけたりとか、相手に対してのそれぞれの戦いは毎試合調整しています。

――夏の厳しい基礎練習が今の安定につながっていますか

それはすごく大きいですね。夏に厳しい練習をしたことで、結果が出てきているなということはすごく感じています。自分だけではなくチーム全体としてもすごく走ってきたので、それが走り負けないアクティブなホッケーにつながっているのかなと思います。

――あした勝つと一次リーグ全勝で折り返すことになります。東洋大戦で気を付けたいポイントと、意気込みをお願いします

東洋大はプレッシャーが速いチームなので、慌ててしまう部分もあると思うんですけど、そこは自分が一番冷静になってチームを落ち着かせたいと思います。やっぱり、勝ちたいですね。全勝で終わりたいです。

FW澤出仁(スポ2=北海道・武修館)

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

立ち上がりからちょっと流れが悪かったんですけど、全員で攻めて全員で守ってというプレーをして我慢の時間を皆で守れたのでそこが良かったかなと思います。

――立ち上がりの流れが悪かった点についてはチームでどのような話をしましたか

きょう少しフォアチェックが機能していなかったので、その点で上手くFWが流れを作れなかったかなというのがありました。後半の方でやっと足が動くようになってきてフォアチェックも決まるようになってきたので、明日につなげられればなと思います。

――自身のゴールを振り返っていかがでしたか

きょうはたくさんチャンスがあったんですけど、なかなか決めることができなくてチームに貢献できていなかったので、どうにか決めようと思っていました。見えなかったんですけど、打ったら入ったので良かったと思います。

――チーム全体でパックへの執念が強い印象を受けるのですが、その点についてチームで話してることはありますか

夏から陸上トレーニングを行ってきて運動量では負けないと思っているので、足を使ったプレーで体に当たって全員で攻めて全員で守るというプレーを心がけています。

――最後に明日への意気込みをお願いします

今全勝できているので、勝ち点3を取ることを第一にしてチーム全員で頑張っていきたいと思います。