野球部

2018.10.02

東京六大学秋季リーグ戦 10月2日 神宮球場

投打共に精彩を欠き、勝ち点奪取は3回戦に持ち越し/法大2回戦

法大2回戦
慶 大
法 大 ×
(慶)●森田晃、木澤、津留﨑、前田-郡司

 前日はロースコアでの接戦を制した慶大。しかし、きょうは投打共に精彩を欠いた。先発の森田晃介(1年)は初回、先頭打者に一発を浴びると、3回にも本塁打などで3点を失い試合をつくることができなかった。その後も投手陣が法大打線を抑えきれず、計8失点。一方の打線も、相手のミスにつけ込み先制こそしたものの、その後は沈黙。5回以降は二塁すら踏むことができず、2-8で敗戦。勝ち点奪取は3回戦に持ち越しとなった。

 打線は初回、制球の定まらない法大先発・高田孝一(2年)を攻める。先頭の今季ここまで5割近い打率を残している中村健人(3年)が中前打で出塁すると、3番・柳町達(3年)、4番・郡司裕也(3年)の連続四球で1死満塁と絶好機を迎える。ここで、5番・内田蓮(4年)への4球目を高田が暴投。幸運なかたちでの先制となった。しかし後続は連続三振とたたみ掛けることはできず。2回には、この回先頭の小原和樹(3年)が中前打で出塁するも、瀬戸西純(2年)、森田晃が連続で犠打を失敗。流れをつかむことができなかった。

2本の本塁打を浴び、3回途中で降板となった先発の森田晃

 慶大先発は森田晃。先制した直後、法大の1番・宇草孔基(3年)に際どい球を2球見逃された後の6球目を右翼席にたたき込まれ、同点に追い付かれる。2回は3人で打ち取ったものの、3回、先頭打者に左前打を許すと、4番・中山翔太(4年)に中前適時打を浴び、勝ち越しを許す。さらに、続く5番・中村浩人(4年)にフルカウントから甘く入った直球を左翼席に運ばれ、この回3失点。森田はここで降板となり、2番手・木澤尚文(2年)にスイッチした。しかし、木澤も途中出場の吉岡郁哉(4年)に右翼ポール付近へのソロ本塁打を浴び、悪い流れを止められない。

 それでも打線は4回、先頭の小原が左前打で出塁。しかし瀬戸西が2打席連続となる犠打失敗で好機を広げることはできず、2死後渡部遼人(1年)の右前適時打で1点を返すのが精いっぱいであった。その裏には、向山基生主将(4年)、中山の連続適時打でさらにリードを広げられてしまう。打線は5回以降、法大2番手の菅野秀哉(4年)の前に完全に沈黙。得点圏に走者を置くことすらできなかった。9回に先頭の代打・大平亮(4年)が右前打で出塁するも、後続が3人で倒れ2-8で試合終了。完敗を喫し、今試合での勝ち点奪取とはならなかった。

8回にこの日2つ目の三振を喫した内田

 今の慶大の課題は第2先発の確立だ。第3週の明大戦、きょうの試合と先発が打ち込まれる展開が目立つ。試合の流れをつかむためにも、先発には試合をつくる役割に期待したい。また、打線では共に打率2割台前半に落ち込む3番・柳町、4番・郡司の奮起が求められる。主軸の活躍なくして3連覇はないだろう。あすの3回戦では、3連勝中の髙橋佑樹(3年)の先発が濃厚。髙橋自身は好調であるだけに、打線が意地を見せ、勝ち点をもぎ取りたい。

(記事 岡田静穂、写真 吉田優、皆川真仁)

関連記事

首位攻防戦第1ラウンド。小原の一発で制す/法大1回戦(10/02)