野球部

2018.10.02

東京六大学秋季リーグ戦 10月1日 神宮球場

首位攻防戦第1ラウンド。小原の一発で制す/法大1回戦

法大1回戦
法 大
慶 大 ×
(慶)○髙橋佑、髙橋亮-郡司
◇(本塁打)小原1号2ラン(二塁打)郡司

 ここまで2カード連続で勝ち点を獲得しているチーム同士の対決となった今試合。優勝に向けて負けられない一戦は、白熱した投手戦となる。慶大の先発・髙橋佑樹(3年)は初回に先制を許したが、その後バックの攻守にも助けられて立ち直り、流れを引き戻す。すると打線が5回に小原和樹(3年)の左越え2点本塁打で逆転し、そのまま逃げ切りに成功。今季勢いに乗る法大を打ち負かし、貴重な1勝を手にした。

 台風で2日間の順延となり、ようやく1回戦が行われたこの日。髙橋佑が、まだ誰の足跡も付いていないマウンドに立つ。今季安定した投球が続いていた髙橋佑だったが、先頭打者に中前へ安打を放たれると、打者走者は一気に二塁を陥れる好走塁を見せる。いきなり得点圏へ走者を進められると、その後2つの四球で2死満塁のピンチを招く。相手先発が好投手・三浦銀二(1年)であるだけに、初回からの失点は避けたい場面。しかし川口凌副将(4年)に初球を左前に運ばれ、先制を許してしまった。ただ、本塁を狙った二塁走者は左翼手・柳町達(3年)の好送球で刺殺に成功。大量失点は防ぐことができた。

左前打で出塁し、小原の本塁打で生還した嶋田

 その後の3回を無失点で切り抜けた髙橋佑だったが、5回にまたもピンチを迎える。先頭打者を遊撃手の失策で塁に出し追加点の危機を迎えると、1死から相手打者が放った打球は、右翼方向への大飛球となる。しかしここで右翼手の中村健人(3年)が、フェンスに激突しながらも捕球する大ファインプレーを披露。次打者も三ゴロに切って取り、無失点でこの回を終えた。
 すると直後の5回裏、打線が髙橋佑の粘投に応える。1死一塁の場面で打席に入った小原和樹(3年)が放った打球は、左翼方向に高々と舞い上がる。「レフトフライかと思った」(髙橋佑)という打球はぐんぐんと伸び、そのままスタンドへ。逆転の2点本塁打で、試合をひっくり返した。その後髙橋佑は7回1失点で降板し、髙橋亮吾(3年)へスイッチ。髙橋亮は鋭く落ちるフォークと最速149キロの直球で相手打線を制圧し、見事に試合を締めくくった。

好調ぶりをうかがわせた髙橋亮

 「調子は良くなかった」。試合後、髙橋佑はこの日の投球を振り返った。その闘志に火をつけたのは、味方野手のプレーだったという。「特に外野手が本当に良いプレーをしてくれたので、それに乗らせてもらった」(髙橋佑)。7回には中堅手の渡部遼人(1年)も好捕も見せるなど、今試合は出場したすべての外野手が美技を披露した。この試合の勝利で再び単独首位に立った慶大。あすも投手陣、野手陣が一体となって、勝ち点を奪いにいく。

(記事 望月優樹、写真 村田華乃)

コメント

髙橋佑樹(3年)

――調子はいかがでしたか

最初良くなくて、きょう厳しいなって思っていたんですけれども、野手が「(お前)諦めるなって」っていうプレーをしてくれたのでしっかりやらなきゃなって(思いました)。途中からはもうあまり考えずに思い切って投げることだけ(意識して)やりました。

――途中から立ち直ったというのは状態が良くなったのですか。それとも精神的に安定したのですか

精神的にちょっと吹っ切れたというか。試合前から粘ろう、粘ろうとしていたんですけれども、途中からは割り切って投げられるようになったと思いますね。

――悪天候で試合が2日延期になったことに関してはいかがですか

法政が先週は空き週で僕らは明治とやっていたということから考えたら、僕らにとってはプラスだったので、そこはポジティブに捉えて2日間過ごしていました。

――小原和樹選手(慶大3年)の逆転本塁打はどのように見ていましたか

レフトフライかと思いました(笑)。

――小原選手をベンチで迎えた時の気持ちはいかがでしたか

和樹がホームラン打ってホームにかえってくるところまでは、信じていなかったです(笑)。

――今季は好投が続いていますが、好調の要因はなんでしょう

野手のファインプレーです。別にきょうに限らず、前に向かって飛んで捕ったりとか、特に外野手が本当にいいプレーをしてくれているので、それに乗せてもらって投げているような感じだと思います。

――自身の球には好調の要因を感じていないのでしょうか

でも思いっきり投げられているので、球もいいときはいいですし、ボチボチってところですかね。

――東京六大学春季リーグ戦と比べて調子はいかがですか

球はちょっと速くなったと思いますね。それで変化球とかも生きているのかなと思います。

――明日に向けて意気込みをお願いします

きょう勝っただけじゃ勝ち点は取れないので、明日もう一個勝てるようにしっかり準備したいと思います。

――登板数がだいぶ重なってきたと思いますが、勤続疲労はありますか

あんまり感じたことはないですね。登板数だけがいま六大(東京六大学)の3年生の中で1位になれているので、できるだけ何かの1位にはなりたいかなと。今後も(登板数を)増やせていけたらなと思います。

――初回にいきなりピンチを迎えるかたちでの試合だったと思いますが、そこで今の法大の勢いを感じたりはしましたか

ガッとくる感じはあって、本当に怖いなとは思いましたね。

――もし次回の登板がこのカードでありましたら、どのような投球を披露したいですか

きょうで野手が相当信頼できるということが確信に変わったので、後ろ(を守っている野手陣)を信じて腕を振るだけですね。