野球部

2018.10.02

東京六大学秋季リーグ戦 10月2日 神宮球場

東大に連勝し、優勝へ光差す/東大2回戦

東大2回戦
東 大
早 大 ×
(早)○西垣-岸本
◇(本塁打)福岡1号2ラン
 季節外れの強い日差しが照りつける中、東大との2回戦に挑んだ早大。ここで連勝しなければ優勝への道のりが極めて険しくなる状況で、稲穂打線が奮起した。3回裏に福岡高輝(スポ3=埼玉・川越東)の2点本塁打を含む打者一巡の猛攻で、一挙5点を奪うことに成功。投げては大量リードをもらった先発の西垣雅矢(スポ1=兵庫・報徳学園)が、無四球の安定した投球で東大打線を2安打に封じ込め、完封勝利を収めた。

 打線は1、2回を三者凡退で終えるが、3回裏、先頭の金子銀佑(教2=東京・早実)が中前打を放つと相手の中堅手が打球の処理を誤り、その間に金子は二塁まで進む。そして、続く鈴木萌斗(スポ1=栃木・作新学院)の中前適時打で金子が生還し、先制に成功した。さらに犠打で1死二塁とすると、1番・西岡寿祥(教4=東京・早実)が左越え適時二塁打を放ち追加点を奪う。なおも好機は続き、1死二塁の場面で打席には福岡。「狙っていた」(福岡)という内角低めの直球を振り抜くと、ライナー性の打球は右翼席へ。福岡の今季初本塁打で4点のリードを得た。さらに攻撃の手を緩めることなく、代わった2番手投手の連続死球と右飛で2死一、三塁とすると、池田賢将(スポ4=富山・高岡南)の右前適時打で1点を加え、5ー0と大きくリードを広げた。

右翼席へ今季初本塁打を放った福岡

 打線に援護をもらった先発・西垣は、打率3割超えの上位打線をものともせず、東大打線をテンポ良く打ち取っていく。8回表には三塁手・金子の失策と犠打で、この日初めて得点圏に走者を背負うが、「粘り強く投げようと思いました」(西垣)と次打者を3ボールから見逃し三振に切って取り、危機を脱してみせた。9回を投げ抜き、被安打はたったの2、奪った三振は8。前回先発した法大2回戦では4回を持たずに降板した西垣だが、きょうは粘り強さが光り、見事東京六大学リーグ戦初完投で初完封勝利を飾った。

リーグ戦初の完封勝利を挙げた西垣

 連勝で東大から勝ち点を獲得し、優勝への望みをつなげた早大。東大相手のこの2戦では、先制点を投手陣がしっかり抑えて守り切る、という必勝パターンを展開できている。しかし、岸本朋也副将、スポ4=大阪・関大北陽が「チャンスをつくりながらの1本は、まだできていない部分がある」と語るように、打線の決定力不足はもはや言うまでもない。現に、3回裏に5点のリードを奪った後は、得点圏まで走者を進めても追加点を奪うことはできなかった。明大、そして宿敵・慶大に勝利して賜杯を手にするためには、リードに甘んじることなく追加点を奪いにいかなければならない。稲穂打線よ、『あと一本』で頂点は見えてくるはずだ。

(記事 村田華乃、写真 杉山睦美、平松史帆)

黄字は打点付き

早大打者成績
打順 守備 名前
(二) 西岡寿祥 .303 見逃 左2 三ゴ 中飛
(一)三 福岡高輝 .297 右飛 右本 左安 中飛
(遊) 檜村篤史 .345 空振 死球 中飛 二直
(捕) 岸本朋也 .323 右飛 死球 四球 四球
(左) 瀧澤虎太朗 .286 見逃 右飛 右飛 中安
(右) 池田賢将 .278 捕邪 左安 投ゴ 空振
(三) 金子銀佑 .250 中安 一邪 右飛
  打一 山岡仁実 .333 二ゴ
(中) 鈴木萌斗 .500 中安 二ゴ 投安
  加藤雅樹 .095 右飛
  山野聖起
(投) 西垣雅矢 .000 投犠 見逃 三犠 空振

早大投手成績
名前
西垣雅矢 2.77
東京六大学秋季リーグ戦星取表
順位 慶 大 法 大 早 大 立 大 明 大 東 大 勝ち点 勝率
慶 大 ○2―1
●2―8
10/27
10/28
10/13
10/14
○2―1
●4―7
○7―3
○6-4
○10-4
.714
法 大 ●1-2
○8-2
○5-1
●6-7
○5-4
10/6
10/7
△3-3
○3-2
○2-0
10/20
10/21
.714
早 大 10/27
10/28
●1―5
○7―6
●4―5
○5―1
●0―1×
○3―0
10/13
10/14
○4―0
○5―0
.625
立 大 10/13
10/14
10/6
10/7
●1―5
○1×―0
●0―3
10/20
10/21
○8―2
○7―1
.600
明 大 ●1―2
○7―4
●3-7
△3-3
●2―3
●0—2
10/13
10/14
10/20
10/21
10/6
10/7
.200
東 大 ●4-6
●4ー10
10/20
10/21
●0―4
●0―5
●2-8
●1―7
10/6
10/7
.000
関連記事

またもエースが完封し先勝/東大1回戦(10/02)
勝つしかない東大戦。2連勝で優勝への足掛かりつかめるか/東大戦展望(9/27)

コメント

髙橋広監督(昭52教卒=愛媛・西条)

――先発を西垣雅矢投手(1年)に決めた要因は

いや、もう最初から予定通りなので。

――きょうは完璧な投球を見せましたが、いかがでしたか

うーんまあ、悪くはないですけど、ツースリーというのが5、6回あったんですけど、そこでやっぱりフォアボール出さないというのが。だからきょう無四球でしょ。そこが彼の持ち味というか、きょうの良かったところだと思います。

――全く交代は考えませんでしたか

8回とかああいうところで1点取られたら代える(場面)だったんですけど、完封懸かってたんでね。最後彼の完封があったので、完投させました。

――打線は3回にはつながりを見せましたが、あの回の攻撃を振り返っていかがでしたか

あの回は非常に良かったと思いますね。でもあそこだけなんでね。あの後やっぱり何回かね。だからあと1点でいいんだけど、もう1イニング、5点の次どこでもいいから6点目を取れる(ようにしないと)ね。無駄のない省エネの試合しますけど、そこがもう一つ。昨日もそうですけど、パッと点入るとなんかもう勝ったみたいな意識はあるんじゃないかと。ベンチ(の雰囲気)はそんなんじゃないですけどね。なかなかそこらへんの集中力が違うのかなと思いますけど。まあでも、いい内容の試合だったと思います。

――次週の明大戦に向けて

もう一戦も落とせないんでね。万全で入りたいと思います。

岸本朋也副将(スポ4=大阪・関大北陽)

――見事連勝での勝ち点奪取となりました

もう連勝しかなかったので、こういうかたちで勝ち点を取れてすごくよかったですね。

――チームの状態もとても良いのではないでしょうか

そうですね、ピッチャーが抑えて、バッター陣もしっかり点が取れて、すごくいいかたちで勝てたかなとは思います。

――先発の西垣雅矢投手(スポ1=兵庫・報徳学園)の投球はいかがでしたか

真っすぐはちょっと荒れてたかなとは思って、その分ツースリーとかツーツーとかカウント悪くしてたんですけど、その中で最後まで粘れて、フォアボールもゼロだったので、粘り切るっていうところはよかったかなと思います。

――空き週で修正したい点はありますか

チームとして、大量点は取れてるんですけど、追加点、チャンスをつくりながらの1本は、まだ取れてない部分があるので、そこはチームで話し合って、課題を克服して明治戦を迎えたいと思います。

――次戦の明大戦へ意気込みをお願いします

もう絶対勝つしかないので、絶対勝ちます。

西岡寿祥(教4=東京・早実)

――きょうの試合を振り返ってみていかがですか

勝ち方は3回に一気に5点取れてよかったと思います。試合の流れも含めて。

――3回に初球を捉えてタイムリーを放ちました

昨日から僕だけ真っすぐがきていなかったので、変化球がくると思っていました。スライダーを狙っていて、スイングは泳いでしまったんですけど、バットが芯を食ってくれたのでなんとか外野の頭を越えてくれたと思います。

――東大1回戦から1番に座っていますが、それに関していかがですか

1番に置いてもらえたのは、自分の出塁率とかを評価してもらえていることだと思うので、そこは光栄なことだと思います。1番の役目は安打を打つことだけでなくて、四死球とかどんなかたちでもいいから塁に出てチャンスメークすることだと思うので、その気持ちを持って二日間やりました。

――1番の仕事はしっくりきていますか

まぁ内容はそんなに悪くなかったと思います。安打がちょっと僕的には納得言ってないです。(1番に座った2試合で)2本だったので。まぁでも、どこの打順に座っても意識しすぎることなくプレーできているのでいいと思います。

――納得がいかないというのは安打の数についてですか

そうですね、捉えた球が安打になっていないので、そこが悔しいです。

――これまで3割台をキープしていますが

そんなに僕は3割打てるようなバッターではないので、必死に食らい付いてやっている結果として今3割をキープできているんだと思います。明大戦でも早慶戦でもとにかく目の前の球に食らい付いていって、結果的にもっと打てればと思います。

――空き週に修正すべき点は

もう一回トレーニングとかして身体を追い込みたいです。今キレがないので。キレをもう一回出して、明大戦にいいかたちで持っていきたいです。

――次戦への意気込み

東大に連勝して勝ち点取れて、明大戦と早慶戦も連勝したら全然優勝の可能性もあるので、わずかな可能性だとは思うんですけど。優勝を目指して全力でやっていきたいです。

福岡高輝(スポ3=埼玉・川越東)

――東大から勝ち点を奪いました

2連勝で勝ち点を取れたのはすごく良かったです。

――2打席目の本塁打の感触はいかがでしたか

ちょっと詰まり気味だったので、狙っていたのでしっかりとらえられて良かったです。

――狙い球はありましたか

あのときはインコースの直球を狙っていました。

――ホームランボールは今回はどうしますか

家に飾るかなって感じですね(笑)。

――きょうの試合は凡退した打席も含め内容はいかがでしたか

きょうは狙い球を絞れていたので、そこが良かったと思います。

――今週は空き週になりますが、強化したい点はありますか

しっかり自分のポイントで打てるように引き付けるというのを意識してやっていきたいです。

――今後に向けて意気込みをお願いします

本当にここから負けられないので、4試合全て勝てるように練習していきたいです。

金子銀佑(教2=東京・早実)

――きょうのヒットはうまく中前に運びましたね

そうですね。力を抜くことを考えて打席に入ってるんですけど、今まではちょっと抜きすぎてしまっていて。体からバットが離れてるなと思って、調子いいときはバットが体の近くから出ていたと思うので、きょうはそこだけ変えて打席に入りました。1打席目は簡単に追い込まれたんですけど、そこからうまくすくえて、それが得点につながったと思うのでよかったです。

――打線に火をつけたかたちとなりました

そうですね、勢いをつけられてよかったです。

――守備ではいいプレーも悪いプレーもありましたが、振り返っていかがですか

正面の打球って簡単そうに見えて難しいので、失点につながらなくてよかったです。でもああいうプレーが失点に直結すると思うので、きょうからもう一回練習して、気を引き締めていきたいです。

――東大戦をいいかたちで終えました。チームの雰囲気はいかがですか

チーム全体としてはとにかく勝つこと、相手がどこであれ一勝も落とさないことを目標にやっていたので、チーム全体で良い流れができていると思います。

――明大戦に向けた意気込みをお願いします

違った相手で、また改めて研究しないといけないので、しっかり練習して、明治戦に向けて個人の力をもう一回上げていかないといけないなと思います。

西垣雅矢(スポ1=兵庫・報徳学園)

――初完封です。お気持ちは

1回1回を積み重ねた結果の完封だと思うので素直にうれしいです。

――先発はいつ知らされましたか

1週間前くらいです。法大戦でダメだったので、きょうはやってやろうと思っていました。

――無四球でした。思ったところに投げられましたか

リズムよく打たせることができたと思います。

――打線は3回でリードを広げました

大量リードをしてくれたのでやりやすかったです。

――8回には味方のエラーでピンチとなりましたが

1試合に一回くらいはあるので、粘り強く投げようと思いました。

――ご自身の犠打も決まりました

打てるわけではないのでバントくらいは決めてチームに貢献しようと思いました。

――これからの意気込みをお願いします

チームが勝つことが一番なので、勝たせられるようなピッチングをしたいと思います。