メニュー

剣道部

2018.09.26

早慶対抗女子試合 9月24日 早大剣道場

見せたワセダの底力!早慶戦15連勝で4年生の引退に花

 関東女子学生優勝大会の敗退からはや3週間。早慶対抗女子試合(早慶戦)がことしも早大剣道場にて行われた。4年生にとっては引退試合となるこの試合。序盤から一進一退の展開が続いたが、三将・山下紗奈未副将(社4=山形・左沢)が延長戦を制しリードを奪うと副将・太田麻友(スポ3=茨城・守谷)が圧巻の2本勝ち。惜しくも大将・小西波瑠主将(スポ4=大分舞鶴)は敗れたものの、4−3で慶大に勝利。見事早慶戦15連勝を果たした。

 先鋒を任されたのは和田桃花(社2=鹿児島・錦江湾高)。序盤から打ち合いとなる中、和田は先手を取ったものの、延長戦の末敗れてしまう。しかし続く二神明日美(社1=愛媛・済美)が攻めの姿勢を貫き、延長戦でドウを決める。そして五将・沖田瑞希(社4=京都・日吉ヶ丘)は「前がどんな状況でも自分は勝つ」と強い気持ちで試合に挑み、見事1本勝ち。4年生がワセダに初めてリードをもたらした。しかしリードはつかの間。中堅・品川大華(スポ3=広島・広)がドウを決められ1本負けを喫する。なかなか流れをつかめず、早大は我慢を強いられた。

粘り勝ちでチームに勢いをもたらした山下

 この苦しい状況を打開したのはやはり4年生だった。2−2の場面で出場したのは三将・山下。山下は様々な技を繰り出し1本を取りにいくも、なかなか旗が上がらない。それでも「我慢するということを意識した」と山下は落ち着いていた。延長戦に入ってもペースを崩さず、勝ちを急がない。そして最後は狙っていたメンを決めた。この山下の粘り勝ちがチームに流れを呼び込む。3−2とリードした展開での出場となったのは副将・太田。勝てば早慶戦勝利が決まるこの局面。それでも太田は気負うことなく無心で佐藤真優(4年)に挑んだ。序盤にメンで1本を取ると、「2本目は速攻をかけて取りにいこう」と勢いそのままにドウを決め、圧巻の2本勝ち。「(4年生に)恩返しできるタイミングが早慶戦しかなかった」。ことしなかなか結果を出せていなかった太田が、4年生の前で躍動。優秀選手賞にも選ばれた。最後に登場したのは大将・小西。高校時代からのライバルである安井悠(4年)との主将対決となった。早大の勝利は決まっていたが、「思い切ってやろう」と小西は果敢に攻める。しかし得意な相メンで勝負を挑むも、1本を許す苦しい展開に。反撃むなしくそのまま1本負けとなったが、小西は最後の最後まで1本を狙い続け、主将としての存在感を見せつけた。結果4−3で、早大は見事早慶戦15連勝を達成。試合後、早大剣道場は選手たちの笑顔で満ち溢れた。

圧巻の2本勝ちを収め、2年連続で優秀選手に選ばれた太田

 「最後は笑って終われてよかった」(小西)。早大はことしも全日本女子学生優勝大会(全日本団体)への出場を逃すなど、満足いく成績を残すことはできなかった。それでも宿敵との伝統の一戦に勝利し、ワセダの底力を見せつけた。特にこの1年間結果を出せず、悔しさを味わってきた4年生にとって、この早慶戦での勝利は格別なものとなったであろう。「もう失うものは何もない。初心に戻って部員全員で全日本団体出場を目指す」と太田はすでに先を見据えている。来年こそ悲願の全日本へ――。新生ワセダの挑戦がこれから始まる。

(記事・写真 永池隼人)

最後は笑顔で締めくくった!

結果

◯早大4―3慶大

先鋒 和田  メ―メメ 高橋

次鋒 二神 延ド― 川村

五将 沖田  メ― 早津

中堅 品川   ―ド 馬場

三将 山下 延メ― 佐々木

副将 太田 メド― 佐藤

大将 小西   ―メ 安井

優秀選手 太田、安井(慶大)

コメント

小西波瑠主将(スポ4=大分舞鶴)

――本日はどのような意気込みで挑まれましたか

相手は3年間ワセダの選手を倒している強い選手で、高校のときからのライバルでもあったので、勝負がかかっている場面でも勝利が決まっている場面でも、思い切ってやろうと思っていました。

――関東女子学生優勝大会で敗退からチーム全体で取り組んできたことはありますか

団体戦で負けてから早慶戦が早かったので、気持ちの切り替えがすごく難しかったんですけど、くよくよしている時間はないというのを部員で共有して、今回の早慶戦に挑みました。

――惜しくも勝利とはなりませんでしたがご自身の試合を振り返っていかがですか

私自身得意な相メンで勝負して取られたので、悔いはありませんでした。その後の応援もすごく力になって、引退試合としては楽しめたと思います。

――早慶戦連勝記録を15に伸ばされましたがどう評価していますか

15連覇がかかっているということでプレッシャーがかかる試合ではあったんですけど、後輩と同期たちがしっかりと私の前で勝利を決めてくれて、思い切って試合をすることができたので、良かったと思います。

――主将としてチームを引っ張ってきましたがこの1年間を振り返っていかがですか

本当に頼りないキャプテンだったと思うんですけど、部員がしっかりついてきて来てくれて、ワセダらしい戦いができたと思います。

――ワセダでの4年間を振り返っていかがですか

私は1年生の時から試合に出させてもらって、本当に悔しい思いをすることが多かったんですけど、最後は笑って終われてよかったと思います。最後の早慶戦も出し切って負けたという感じなので悔いはないです。

――最後に後輩のみなさんにメッセージをお願いします

私たちの学年は1回インカレを経験しているんですけど、1つ下の代から一度も経験していないので、この3年間の悔しさを晴らしてほしいと思います。

山下紗奈未副将(社4=山形・左沢)

――本日はどのような意気込みで挑まれましたか

2勝2敗で回ってきて、勝たないと大将に負担をかけると思ったので、絶対に勝つという強い気持ちで挑みました。

――本日はどのようなことを意識していましたか

普段通りやることですね。自分勝手にいったら打たれると思っていたので、我慢するということを意識して。勝負がかかっていたので慎重にいきました。

――同点の場面での出番でしたが延長戦で見事メンで勝利しました振り返っていかがですか

相手のことを研究していたときにあそこ打てるなと思って狙っていたので、1本勝ちできてよかったです。

――早慶戦連勝記録を15に伸ばされましたがどう評価していますか

偉業を成し遂げたんだなと思います。まだ勝ったという実感はないんですけど、すごくうれしいです。

――ワセダでの4年間を振り返っていかがですか

4年間で悔しい思いもたくさんしたんですけど、その分いい思い出もたくさんあったので、本当にワセダの剣道部に入ってよかったなと心から思います。

――最後に後輩のみなさんにメッセージをお願いします

3連続全日本に出れていないので、絶対来年こそ出てほしいです。そのためにもう試合はないですけど、あと2週間は稽古に出るのでアドバイスをできればなと思います。

沖田瑞希(社4=京都・日吉ヶ丘)

――本日はどのような意気込みで挑まれましたか

関東大会に負けて全日本がなくてこれが引退試合になるということで、絶対負けられないという思いと4年生なので前がどんな状況でも自分は勝つという意気込みで挑みました。

――本日までどのようなご準備をされてきましたか

いつも通りの準備をしてきました。

――同点の場面での出番でしたが見事メンで勝利しました振り返っていかがですか

勝つことだけを意識していたので、何を打とうとかどういう展開を意識したというわけではなくて。自分が得意なところを打てたのかなと思います。

――早慶戦連勝記録を15に伸ばされましたがどう評価していますか

伝統をつなげたことはとてもうれしいですし、今後後輩たちにもつなげていってほしい記録でもあります。でもやっぱり後輩たちには全日本に出てほしいです。

――ワセダでの4年間を振り返っていかがですか

1、2年生の時は試合にも出れなくて、初めて出た試合でもあまり勝てなくて、悩むことが多かったんですけど、最高の仲間に出会えてこんな環境で剣道をできたことは誇りですし、これからも忘れられない4年間だと思います。悔いはないです。

――最後に後輩のみなさんにメッセージをお願いします

早慶戦に関しては次勝てば16連覇ということなんですけど、そんなことは気負わず自由にやってほしいなと思いますし、後輩は11人いるんですけどそれぞれが役割をもって、ことしこそは目標である全日本優勝と早慶戦勝利を達成してもらえればなと思います。

太田麻友(スポ3=茨城・守谷)

――本日はどのような意気込みで挑まれましたか

関東の団体戦は自分のせい負けたというのがあって。一番長く4年生といて、(その4年生に)恩返しできるタイミングが早慶戦しかなかったので、絶対勝って波瑠さん(小西、スポ4=大分舞鶴)につなげようという気持ちで挑みました。

――本日までどのようなご準備をされてきましたか

普段通りできるように普段通りの生活をしました。

――勝てば勝利が決まる場面での試合でしたが振り返っていかがですか

自分が考えてはいけないので、無心で佐藤さん(真優、4年)に勝てるようにやろうと思っていました。

――見事に2本勝ちを収められましたが

1本目は狙ってはいなかったんですけど、2本目は速攻をかけて取りにいこうと思っていたので、そこをうまくできてよかったです。

――この早慶戦が4年生の引退試合となりますが改めて振り返っていかがですか

4年生とは本当にずっと一緒にできて試合もやってきました。これまで何一つ貢献できていなかったので申し訳ないんですけど、いい形で終われてよかったなと思います。

――最後にこれからのワセダはどのようなチームでありたいですか

もう失うものは何もないというか。関東団体も勝ててないので、初心に戻って部員全員で全日本団体出場を目指します。そのためにしっか
り引っ張っていきたいと思います。