競走部

2018.10.07

第30回出雲全日本大学選抜駅伝 10月8日 島根・出雲大社前〜出雲ドーム

フレッシュなメンバーで初陣・出雲へ挑む/出雲駅伝展望

 昨年度の学生三大駅伝において早大は執念を見せた。出雲全日本大学選抜駅伝(出雲)では入賞を逃す9位、続く全日本大学駅伝対校選手権(全日本)では7位でシード権落ちという苦しい結果に。しかし東京箱根間往復大学駅伝(箱根)では最上級生が意地を見せ3位に食い込んだ。今年のトラックシーズンはなかなか結果を出せないまま終わったが、先週の世田谷競技会では好記録が続出。約2カ月にわたる夏合宿を経て、チームの状態が上向きであることが確認できた。『学生三大駅伝全て3位以内』の目標に挑む、出雲での早大の布陣をお伝えする。

プレスインタビューに応じる相楽監督

 全長45.1キロメートルのスピード駅伝・出雲。3位以内を目指すにおいて出遅れの許されない1区にはルーキー半澤黎斗(スポ1=福島・学法石川)がエントリーされた。相澤晃(東洋大)、橋詰大慧(青学大)など実力者ぞろいとなった今回の1区。集団に食らい付き、ラストで持ち味のスパートを引き出すことができるか。そして学生三大駅伝初出場となる小澤直人(スポ4=滋賀・草津東)が2区に登場。自己記録を更新した勢いをそのままに、最短区間5.8キロを駆け抜ける。1区の半澤と共にチームに良い流れをもたらしたい。エースの集う3区には中谷雄飛(スポ1=長野・佐久長聖)が抜てきされた。ゴールデンルーキーとして世間から注目を集める中谷だが前半シーズンは不調に苦しんだ。しかし9月末の世田谷競技会では大学初の13分台をマーク。上り調子の中谷が他大のエースと渡り合う。

 『つなぎ区間』として重要度を高めつつある4区、5区には新迫志希(スポ3=広島・世羅)、太田直希(スポ1=静岡・浜松日体)がそれぞれエントリー。新迫は前回大会と同じ区間の出走となる。区間10位に終わった昨年の雪辱を果たしたい。5区の太田直は初めてエンジのユニフォームに袖を通す。ロードに得意意識を持つ太田直が好走を披露することができるか。そして6区を務めるのは清水歓太駅伝主将(スポ4=群馬・中央中教校)。今年の箱根では9区区間賞を獲得した清水。4年生らしい泥臭い走りでタスキをゴールに運んでみせる。

9月29日の世田谷競技会で13分台で走った中谷

 1年生が3人、経験者は4区の新迫のみというフレッシュなメンバー構成となった早大。記者会見で相楽豊駅伝監督(平15人卒=福島・安積)は「若さと勢いで頑張りたい」と抱負を述べた。前半シーズンの結果を見ると、青学大、東洋大、東海大が上位争いを繰り広げることが予想される。早大もその中に食い込み、30回目という節目の大会で好順位をつかみたい。3位以内の目標に向け、いざ初陣たる出雲に臨む。

(記事 岡部稜、写真 平松史帆、斉藤俊幸)

第30回出雲全日本大学選抜駅伝
区間 距離 名前 学部・学年 出身校
1区 8.0キロ 半澤黎斗 スポ1 学法石川
2区 5.8キロ 小澤直人 スポ4 草津東
3区 8.5キロ 中谷雄飛 スポ1 佐久長聖
4区 6.2キロ 新迫志希 スポ3 世羅
5区 6.4キロ 太田直希 スポ1 浜松日体
6区 10.2キロ 清水歓太 スポ4 中央中教校
補欠    吉田匠 スポ2 洛南
補欠    千明龍之佑 スポ1 東農大二

1区 8.0キロ:半澤黎斗(スポ1=福島・学法石川)

1999年(平11年)12月3日生まれ。165センチ、52キロ。

5000メートル 13分58秒08

1万メートル 30分01秒84

ハーフマラソン ――

高校総体1500メートル優勝のスピードスター。大学入学後はアジアジュニア選手権の1500メートルで2位に入り、日本代表として結果を残した。夏以降は距離を踏むことに重きを置いており、駅伝への準備は万端だ。入学時からの希望だった1区で自らのスピードを生かしたい。

2区 5.8キロ:小澤直人(スポ4=滋賀・草津東)

1997年(平9年)3月29日生まれ。180センチ、60キロ。

5000メートル 14分08秒52

1万メートル 29分40秒88

ハーフマラソン 1時間6分56秒

大学入学から苦しんでいた男がついに復活した。先日の世田谷競技会では大学初の5000メートルで自己記録を更新。4年目にしてケガなく練習を積めており、好調の様子が伺える。初めての学生三大駅伝でも臆することなく4年生の意地を見せつけろ。

3区 8.5キロ:中谷雄飛(スポ1=長野・佐久長聖)

1999年(平11年)6月11日生まれ。169センチ、58キロ。

5000メートル 13分47秒22

1万メートル 29分19秒98

ハーフマラソン ――

世代トップの実績を引き下げ、早大に入学してきた中谷。これまでのシーズンは思うようにいかない結果が多かったが、世田谷競技会で大学発の13分台を記録し「やっと、自分らしい走りができた」と語った。その勢いをそのままに、他大のエースと渡り合えるか注目だ。

4区 6.2キロ:新迫志希(スポ3=広島・世羅)

1997年(平9年)4月28日生まれ。163センチ、49キロ。

5000メートル 13分47秒97

1万メートル 29分07秒06

ハーフマラソン ――

チームトップクラスのスピードを誇る新迫。今季に入って不調が続いていたが、9月29日の世田谷競技会でシーズンベストを記録。本調子とはいかないが復調の兆しを見せた。昨年に続く4区でチームの流れを加速する走りに期待したい。

5区 6.4キロ:太田直希(スポ1=静岡・浜松日体)

1999年(平11年)10月13日生まれ。168センチ、51キロ。

5000メートル 14分09秒43

1万メートル 30分39秒63

ハーフマラソン ――

他の実績のあるルーキーに埋もれ、注目されることが少なかった太田直。だが、春先から自己記録を更新し、夏合宿では「100パーセントこなせた」とルーキーイヤーから好調だ。ロードが得意な太田直は初めてのエンジのユニフォームに身を包み、タスキを確実に最終区間につなげる。

6区 10.2キロ:清水歓太(スポ4=群馬・中央中教校)

1996年(平8年)5月3日生まれ。168センチ、52キロ。

5000メートル 14分08秒97

1万メートル 29分24秒33

ハーフマラソン 1時間3分08秒

長い距離が得意な清水は最長区間の6区にエントリーされた。春先はあまり調子が上がらなかった清水だが、先日の世田谷競技会では5000メートルで大学ベストをマーク。出雲に向けて徐々に調子を上げてきた。最初にして最後の出雲路でチームの目標の3位以内でゴールする。

補欠:吉田匠(スポ2=京都・洛南)

1999年(平11年)3月25日生まれ。172センチ、57キロ。

5000メートル 14分10秒30

1万メートル 30分00秒68

ハーフマラソン 1時間6分05秒

補欠:千明龍之佑(スポ1=群馬・東農大二)

2000年(平12年)3月3日生まれ。169センチ、53キロ。

5000メートル 14分03秒27

1万メートル 30分06秒42

ハーフマラソン ――