メニュー

野球部

2018.09.24

東京六大学秋季リーグ戦 9月24日 神宮球場

主軸の復活で快勝!3連覇へ一歩前進/明大3回戦



明大3回戦
慶 大
明 大
(慶)○髙橋佑、髙橋亮-郡司
◇(本塁打)嶋田2号3ラン(5回)(二塁打)内田

 『陸の王者』がついに本領発揮だ。3番・柳町達(3年)、4番・郡司裕也(3年)ら主軸が振るわず破壊力を欠いていた今カードの慶大打線だったが、勝ち点を懸けた3回戦で奮起。同点の5回に、この回から登板した明大エース・森下暢仁(3年)に中軸が怒涛(どとう)の4連打を浴びせ4点を勝ち越すと、続く6回にも2点を奪い試合を決定付けた。投げては、1回戦で白星を挙げた髙橋佑樹(3年)がこの日も好投。8回3失点で今カード2勝目を挙げ、チームの勝ち点獲得に大きく貢献した。

 先制したのは慶大。2回、2死から8番・瀬戸西純(2年)、9番・髙橋佑が連続内野安打で一、二塁の好機を演出する。ここで迎えるは、開幕からの好調ぶりを買われ、この日トップバッターに抜てきされた中村。故障の河合大樹主将(4年)の穴を十二分に埋める活躍を見せている男の、今季11打点目となる左前適時打で先制し、慶大が主導権を握る。3回に先発の髙橋佑が4本の安打を許し同点に追い付かれるが、リードは許さず迎えた5回。前打席で12打席ぶりの安打を放ち復調の兆しを見せていた先頭の柳町が、この回からマウンドに上がったエース森下暢から左前打で出塁を果たす。続く郡司がヒットエンドランで無死一、三塁と好機を拡大したところで、打席には内田蓮副将(4年)。5球目の内角球を強振した打球は右翼線適時二塁打となり、勝ち越しに成功する。さらに、次打者の嶋田翔(2年)に左越え3点本塁打が飛び出し、森下暢をノックアウト。中軸の連打で、明大に引導を渡した。

6回に、とどめの中前適時打を放つ4番・郡司

 6回表にも郡司の中前適時打と内田の犠飛で2点を加え、試合を決定付けた慶大。大量リードをもらった髙橋佑は直後に2点本塁打を浴びたが、7、8回は明大打線を無失点に封じ込め、勝利を確実なものとした。そして、最終回のマウンドに上がったのは髙橋亮吾(3年)。先頭打者を三振に切って取ると波に乗り、三者凡退で試合終了。投打がかみ合った理想的な試合展開で、難敵を退けた。

今カード2勝目を挙げた髙橋佑(左)と攻守に復活の兆しを見せた柳町(右)

 これで開幕から2カード続けての勝ち点奪取となり、3連覇に向けて視界良好の慶大。主軸が復活の兆しを見せたことに加えて守備でも再三好プレーが見られ、この試合に関しては完勝と言ってよいだろう。しかし一方で、気掛かりなのが投手陣の駒不足。勝利を収めた今カードの1、3回戦は共に、8回までを髙橋佑、9回を髙橋亮が締めるかたちとなった。この二人、特に髙橋佑へ依存している印象が拭えない。今週末に控えるのは、現在同率首位で並ぶ法大戦。不安定な投手陣を整備し、勝負の首位攻防戦に備えたい。

(記事 皆川真仁、写真 山田流之介)

関連記事

序盤に大量失点。反撃むなしく2回戦を落とす/明大2回戦(9/24)

接戦を制し開幕からの連勝を3に伸ばす/明大1回戦(9/23)