メニュー

野球部

2018.09.24

東京六大学秋季リーグ戦 9月24日 神宮球場

小島、4安打完封で6季ぶりに立大から勝ち点奪取!/立大3回戦

立大3回戦
立 大
早 大 ×
(早)○小島-岸本
◇(二塁打)瀧澤、岸本、福岡、田口

 小島和哉主将(スポ4=埼玉・浦和学院)が立大打線を完封する圧巻の投球を披露し、待望の勝ち点1を獲得した。2回戦のサヨナラ負けで流れた不穏な空気を払拭(ふっしょく)するかのように、大エースは好投を見せる。安打はわずか4本に抑え、三塁を踏むことすら許さなかった。打線は5回に敵失で先制すると、8回には代打・田口喜将(商3=東京・早実)の左翼線2点適時二塁打でダメ押しに成功。3―0で立大を下し、優勝争いに希望を残した。

 1回戦で9回1失点の好投を見せた先発・小島は、この日も立大打線を圧倒した。初回、先頭打者を中飛に打ち取ったが、次打者の放った打球が左手に直撃するアクシデントに見舞われる。結果は内野安打となってしまったが、この出来事に対し、「気合が入れられた」と小島。後続を連続三振に抑え、上々の立ち上がりを見せた。2回以降は切れのあるカットボールと直球を軸に、6回まで安打を1本も許さない完璧な投球を披露。小島と立大エース・田中誠也(3年)の投手戦が繰り広げられることとなった。小島を援護したい打線だったが、2回戦同様、得点機での『あと1本』が出ない。3回は2死三塁から3番・瀧澤虎太朗(スポ2=山梨学院)が三飛に倒れる結果に。続く4回は、先頭の岸本朋也副将(スポ4=大阪・関大北陽)の左越え二塁打と檜村篤史(スポ3=千葉・木更津総合)の犠打で1死三塁の好機をつくる。しかし、加藤雅樹(社3=東京・早実)に代わってスタメン起用となった黒岩駿副将(スポ4=長野日大)金子銀佑(教2=東京・早実)が三振を喫し、得点に結び付けることはできなかった。

圧巻の完封勝利でリーグ戦通算20勝を達成した小島

 田中誠を前に苦戦を強いられた打線であったが、5回に思いがけないかたちで先制点が生まれる。1死から福岡高輝(スポ3=埼玉・川越東)西岡寿祥(教4=東京・早実)の連続安打で一、二塁の好機を演出すると、続く瀧澤が放った打球は、二塁手へのゴロに。4−6−3の併殺になるかと思われたが、ここで立大の遊撃手が悪送球。ボールが転々とする間に福岡が生還し、先制に成功した。援護をもらった小島は、スコアボードに『0』を並べ続ける。7、8回は先頭打者に安打を許したものの、冷静に後続を打ち取り、付け入る隙を与えず。するとその直後の攻撃で、打線がついに小島の好投に応える。この回からマウンドに上がった中川颯(2年)に対し、4番・岸本が投手強襲の内野安打を放つと、5番・檜村はバントヒットでそれに続く。そして次打者・加藤の進塁打で2死二、三塁としたところで、髙橋広監督(昭52教卒=愛媛・西条)が打席に送ったのは、代打の切り札・田口。真ん中に甘く入った2球目を捉えると、これが左翼線への2点適時二塁打に。田口が持ち前の勝負強さを発揮し、立大の息の根を止めるダメ押しの追加点をもたらした。最後は小島が前日サヨナラ弾を放った江藤勇治(3年)を空振り三振に仕留め、待望の勝ち点1を奪取した。

代打起用に応える左翼線2点適時打を放った田口

 立大に対し、長らくの間勝ち点を献上してきた。その天敵を相手に6季ぶりに勝ち点を奪ったことは、早大とって大きな意味を持つだろう。優勝の可能性が首の皮一枚つながったこと。この日の勝利が小島にとって東京六大学リーグ戦通算20勝目となったこと。チームの団結がより強固なものになったこと。守備面でのプラス要素が多い中で、攻撃面では課題も見えてきた。得点圏での『あと1本』、不要な犠打のミス、走塁ミスなど、拙攻が目立ったのも確かだ。東大戦まで中4日ではあるが、その中で課題を修正し、連勝して優勝争いに食らい付きたい。

(記事 中澤紅里、写真 杉山睦美、岡田静穂)

黄字は打点付き

早大打者成績
打順 守備 名前
(一) 福岡高輝 .241 三直 投ゴ 中安 左2
(二) 西岡寿祥 .333 空振 投犠 中安 遊ゴ
(左) 瀧澤虎太朗 .269 左2 三飛 二ゴ 遊飛
(捕) 岸本朋也 .280 一飛 左2 見逃 投安
(遊) 檜村篤史 .391 中飛 三犠 遊ゴ 投安
(右) 黒岩駿 .500 空振 空振
  加藤雅樹 .105 三ゴ 三ゴ
(中) 池田賢将 .333 空振 四球 三邪
  田口喜将 1.000 左2
  走中 小太刀緒飛 .000
(三) 金子銀佑 .333 三安 空振 二飛 空振
(投) 小島和哉 .100 二失 三ゴ 中飛

早大投手成績
名前
小島和哉 2.56
東京六大学秋季リーグ戦星取表
順位 法 大 慶 大 立 大 早 大 明 大 東 大 勝ち点 勝率
法 大 9/29
9/30
10/6
10/7
○5-1
●6-7
○5-4
△3-3
○3-2
○2-0
10/20
10/21
.800
慶 大 9/29
9/30
10/13
10/14
10/27
10/28
○2―1
●4―7
○7―3
○6-4
○10-4
.800
立 大 10/6
10/7
10/13
10/14
●1―5
○1×―0
●0―3
10/20
10/21
○8―2
○7―1
.600
早 大 ●1―5
○7―6
●4―5
10/27
10/28
○5―1
●0―1×
○3―0
10/13
10/14
9/29
9/30
.500
明 大 △3-3
●2―3
●0—2
●1―2
○7―4
●3-7
10/20
10/21
10/13
10/14
10/6
10/7
.200
東 大 10/20
10/21
●4-6
●4ー10
●2-8
●1―7
9/29
9/30
10/6
10/7
.000
関連記事

好機で得点できず。サヨナラ負けを喫する/立大2回戦(9/23)
天敵を打ち崩す!小島完投で立大に先勝/立大1回戦(9/22)
落とせない勝ち点。絶対的エース攻略なるか/立大戦展望(9/19)

 

コメント

髙橋広監督(昭52教卒=愛媛・西条)

――まず、スタメンから加藤雅樹選手(社3=東京・早実)を外しましたが、どういった意図でしたか

三振するとか打てないとかは私は全然構わないんですけど、昨日の見逃し三振した時にあまりにも無気力感というか、闘争心が見られなかったのでね。そういう意味で外しました。

――黒岩駿副将(スポ4=長野日大)を起用したのは、相手が左投手ということも影響していますか

そうですね。オープン戦とか、この間(のリーグ戦で)も代打で2本ヒット打ってますからね。そういう好調を買っての起用です。

――昨日は延長の末に敗れましたが、チームの雰囲気はいかがでしたか

うーん、昨日はやっぱり押しゲームでね。勝ってる試合とは言い切れないけど、内容的にはワセダの方が有利なような試合だったんでね。まあちょっとやっぱり落胆したところありましたけど、キャプテンの小島(和哉主将、スポ4=埼玉・浦和学院)がそういうところしっかり吹っ切ってくれました。きょうは本当にいいゲームで、彼がしっかり投げてくれたので勝てたと思いますね。

――小島選手の投球内容を振り返っていかがでしたか

いや、申し分ないですね。中1日で、一昨日150球近く投げてきょうですからね。コンディション悪かったと思うんですけど、いいピッチングしてくれたと思いますね。

――田口喜将選手(商3=東京・早実)の適時打も大きかったと思います

いやー大きいですよね。あそこで(点を)入れないと9回のピッチングも違ってきますからね。あそこで立教の息の根を止めたというか、非常に大きかったと思います。

――次戦は東大戦ですが、このカードを踏まえて取り組みたいことは

やっぱり大事なところの送りバントとか、打つ打たないは相手のピッチャーが良かったら打てないわけですから。そういう送るところ送るとか、エンドランのミスとか、そういうところを徹底したいですね。

小島和哉主将(スポ4=埼玉・浦和学院)

――昨春以来の完封勝ちです

前に完封した時も立教戦だったので、運がいいのかなと思います。

――きょうは三塁すら踏ませない投球でしたが、1回戦と比べていかがでしたか

初回のピッチャーゴロの時に手にボールが当たってから気合いが入れられたというか(笑)。そこから体がめっちゃ軽くなって、ラクに投げられました。

――特にスライダーのキレが抜群でした

あれはカットボールですね。カットがよかったです。

――これでリーグ戦通算20勝となりましたが、その点についてはいかがですか

あまり勝ち星は気にしていないのですが、早めに一区切り付いたのでよかったと思います。

――来週以降に向けてお願いします

もう負けられないので、一戦一戦必死に頑張りたいと思います。

西岡寿祥(教4=東京・早実)

――5回に得点につながる安打を放ちました。振り返っていかがですか

多分、僕には変化球が多くて、初球も変化球でした。狙っていた球とは違かったんですけど、2球目の真っすぐはコースが真ん中だったので、自然にバットが出て、いいかたちでセンターに抜けてくれました。

――昨日も2安打と当たっていますが、今の調子はいかがですか

なんか調子がいいというよりは、もうちょっと振りたいなとは思うんです。フルスイングという意味で。そこはちょっとできていないとは思うんですけど、安打が出ているということは、タイミングは合っていると思うので、自分の中ではいいように捉えます。

――犠打も1球目で決めました

やっぱり2番なので、自分は犠打と守備を一番やってきたので、そこは決めとかないといけないです。あの場面も一発で決められたので良かったです。

――そしてその守備では、三回厳しい打球に飛びついて止めました(三回共に内野安打)

僕は本当に守備に自信を持ってやっていたので、難しい球をアウトにして初めて需要があるかなと思います。きょうは内野安打にしてしまったんですけど、あれぐらい厳しくてもアウトにできるように、もっと練習したいと思いました。

――小島投手の投球を見ていていかがですか

いや、もう、きょうの勝ちは本当に小島のおかげというか。守っていてもテンポ良くて守りやすいし、テンポがいいから自分も1歩目がパッと動いたりとか。間が悪くなったり、テンポが悪いと集中力も切れてくるので、きょうは本当に小島の投球に感謝です。

――次戦に向けてお願いします

僕らは法大に勝ち点を取られたので、勝ち点だけでなく1敗も許されない状況だと思うので、東大戦でまず2連勝して、明大戦、早慶戦へ向けてのステップアップにしたいです。東大には油断することなく自分らの力を出したら2連勝できると思うので、あまり気負わずに普通にやりたいなと思います。

福岡高輝(スポ3=埼玉・川越東)

――立大から勝ち点を取りました

取りたかった勝ち点なので取れたことは素直にうれしいですね。

――きょう2安打打ちましたが、調子はいかがですか

調子自体は悪くなくて、いい感じでは来れていたんですけど、打たされていた部分があるので、そこは修正していきたいです。

――ご自身の中で調子の波があると感じていますか

立大はキャッチャーが知っているので、すごく考えてしまう部分があって。自分の中で考えすぎたと思います。調子の波はそんなにないと思います。

――好機でなかなか打てていないことに関してはいかがですか

チームに申し訳ないなと思っています。

――今カードから一塁を守っていますが、いかがですか

チームが勝つためなので全然やります。

――好プレーも出ていますね

自分的にも久しぶりのファーストなんですけどいい感じに守れていると思います。

――今後に向けてお願いします

ここから負けられない試合が続くので、自分もチームに貢献できるように、練習を詰めていきたいと思います。

田口喜将(商3=東京・早実)

――調子はいかがでしたか

先週はすごくよかったんですけど、実は今週右脇腹を肉離れしてしまって、それで試合に出られるか分からなかったんです。でもトレーナーさんとかに毎日マッサージをしてもらって、きょうベストな状態で試合に臨めたので、感謝しています。

――狙い球はなんでしたか

(速球と変化球を)どっちも狙ってたんですけど、代打だったので初球変化球来るかなと予想していました。そしたら自分が想像してたよりも浮き上がるようなストレートがきて手が出なかったので、そこからは何も考えず、自分の出来るフルスイングをしたのが結果につながったと感じています。

――今後への意気込みをお願いします

これからもおそらく大事な場面で監督さんは使ってくれると思うんで、その期待に応えられるように次の東大戦までに練習して打てるように頑張ります。

檜村篤史(スポ3=千葉・木更津総合)

――きょうは5番ショートでの起用でした。5番を言い渡された時の気持ちは

加藤がスタメンで出ないことが分かって、それまで自分は6番起用だったので、打順が上がるかなとは思ってました。

――チームからの期待も大きくなっていると思いますが、プレッシャーなどはありませんか

いや、そういうのは感じずに、今まで通りのバッティングをすればいいと思っていました。

――勝ち点を取りました。チームの雰囲気やベンチワークも盛り上がっている印象があります

そうですね、接戦が多いんですけど、みんなで話し合ったり声を掛け合ったりしているので雰囲気はいいと思います。

――きょうは小技が光りました。バントヒットが印象的でした

8回の場面はしっかり三塁線を狙ってバントをしたんですけど、結果いい感じに転がせてセーフになったので、よかったと思います。

――東大戦への意気込みをお願いします

いいかたちで勝つことができたので、次の東大戦も連勝して2点目の勝ち点を取りたいです。

金子銀佑(教2=東京・早実)

――試合を振り返っていかがですか

きょうは投手戦になることは分かってたので、守備が大事になってくると思ってました。バッティングでは貢献できなかったんですけど、自分ができることはどんな速い打球が飛んで来ても止めること、そのためにファールボールでもなんでも反応して準備することだと思うんで、そこに関してはよかったと思います。

――小島和哉主将(スポ4=埼玉・浦和学院)の投球は後ろから見ていていかがでしたか

本当に頼もしいの一言です。気迫を感じましたし、その分絶対に守らないといけないと思って、守備に関しては自分のできることはできたと思います。

――田中誠也投手(3年)と対戦してみて感想は

第1戦よりは振れたかなと思います。これまであれほどのレベルのピッチャーと対戦したことはなかったので、2試合通して格上のピッチャー相手に振り切るってことができたのはよかったと思います。

――得点圏でも打席が回ってきましたが、どんな心境でしたか

いつも通り行こうとは思ってたんですけど、少し考えすぎた部分があったかなと思います。いつもなら初球から積極的に振ろうと思ってるんですけど、きょうはちょっと見てしまっていたので、そこは反省ですね。

――立大戦で勝ち点を奪い、チームの雰囲気はいかがでしょうか

きょう勝ったことで次の東大戦絶対勝つぞという雰囲気になっているので、いい雰囲気だと思います。中4日ですけど、しっかり調整して全員で勝てたらいいなと思います。

――来週の東大戦への意気込みをお願いします

本当に今の六大学はどこが強い弱いはないと思うので、東大相手だからとかいう考えは捨てて、白いユニホームを着ればみんな同じだと思って、挑戦者の気持ちを忘れずにやっていきたいと思います。

瀧澤虎太朗(スポ2=山梨学院)

――1打席目でいきなりの二塁打を放ちました。狙っていましたか

最近、1打席目であまり打てていなかったのでしっかりと狙い球を絞っていきました。昨日ストレートを打っていたので、多分スライダーが来るのかなと思って、スライダーを狙っていたら打てました。

――2度目の対戦ということで、ある程度イメージがあったということですね

そうですね。この前初めて(田中誠也投手と)対戦して、そこからすぐなので、やりやすさはありました。

――3回は好機で打席が回ってきました

なんとか返したかったのですが、相手の投手が一枚上手でした。自分もかなり力が入ってしまって、納得のいくスイングができなかったです。

――ここまで走者がいない場面では安打も出ていますが、好機での一本が出ていません

走者がいないときは平常心で打席に入れるのですが、走者がいると考えすぎてしまう部分があります。その部分は次の試合までに修正して臨みたいです。

――5回の打席は相手のミスでしたが、先制点につながりました

あの場面で、理想は安打で1点を取ることです。自分としても内容は納得はしていないですが、結果としては1点入ったので。チームが勝てば自分としてはいいので、良かったです。

――これで今季初の勝ち点獲得となりました

勝ち点を取るのがどれだけ大変かということを身をもって感じました。しっかり次へ準備をして臨みたいです。

――東大戦への意気込みをお願いします

1週間しかないのですが、東大戦では自分が打って勝てるようにしたいです。