ア式蹴球部

2018.09.24

第40回関東女子選手権 (兼)皇后杯全日本女子選手権関東地区予選 9月23日 東京・駒沢公園総合運動場第二球技場

エースの2発で逆転勝ち、決勝進出決定!

 関東女子選手権も、いよいよ準決勝。ア式蹴球部女子(ア女)は、皇后杯出場が決定しているため、結果よりも内容にこだわりたい一戦だ。メンバーを数人入れ替えて臨んだ今試合は、前半に先制されてしまうまさかの展開となった。それでも、後半の早い時間帯にエース・FW河野朱里(スポ4=静岡・藤枝順心)が落ち着いて2発決めて逆転に成功。決勝へと駒を進め、関東女子選手権連覇に大手をかけた。

 関東大学女子リーグ戦で勝利している大東大。メンバーを入れ替えても、前半からア女らしいサッカーを展開できるかがカギとなった。先制点を決めて気持ちの余裕を持ちたいところだったが、序盤から一進一退の攻防が繰り広げられ、互いに一歩も譲らない展開が続く。ア女は、DF渡部那月(社4=兵庫・日ノ本学園)の積極的な攻撃参加からチャンスをつくりだそうと試みるものの、なかなか相手ゴールを割ることができない。そんな中、最初に先手を取ったのは大東大だった。33分、左サイドをDF浅田(大東大)を中心に崩されると、最後は前に出ていたGK鈴木佐和子(スポ2=浦和レッズレディースユース)が交わされ、先制を許してしまった。その後も相手にサイドから攻撃を仕掛けられ、あわや失点のピンチもあったものの、体を張った守りでなんとかしのいで前半を終えた。

相手に先制を許した場面

 関東女子選手権連覇を達成するためにも、何としても後半に逆転を狙いたいア女。MF熊谷汐華主将(スポ4=東京・十文字)、FW河野朱里(スポ4=静岡・藤枝順心)、FW山田仁衣奈(スポ3=大阪・大商学園)と前線の選手を投入し、得点を狙いにいく姿勢を見せる。すると、エース・河野が八面六臂の活躍を見せる。まずは55分、中央で河野がボールを受けると、そのまま超ロングシュートを放ち、ゴールの右隅に吸い込まれた。「イメージ通りだった」(河野)。チームを救うスーパーゴールで、1-1の同点とした。さらに60分、再びチャンスが訪れる。後半は、左CBでプレーしていた渡部のロングボールに反応したのは、またしても河野。相手GKが大きく前に出ていたところに落ち着いて流し込み、見事逆転に成功した。この後も、DF小林菜々子(スポ3=ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)を中心に相手の攻撃の芽をつぶし続けたア女。逆転勝ちで、決勝進出を決めた。

2得点を決め、チームを救った河野

 前半は劣勢を強いられていたものの、エースの2得点で立て直したア女。連戦の疲れもある中で、逆転勝利を収めた。決勝の相手は、日テレ・メニーナ。13節まで終了している関東女子リーグ戦では、唯一土をつけられた相手だ。決勝という最高の舞台でリベンジを果たし、関東女子選手権連覇を成し遂げたい。

(記事 下長根沙羅、写真 守屋郁宏)

スターティングイレブン

関連記事

雨の中つかんだ白星。皇后杯出場決定!/第40回関東女子選手権(2018.09.23)

第40回関東女子選手権
早大 0-1
2-0
大東大
【得点】
(早大)55’、60’河野 朱里
(大東大)33’豊原 彩葉
早大メンバー
ポジション 背番号 名前 学部学年 前所属
GK 16 鈴木 佐和子 スポ2 浦和レッズレディースユース
DF 渡部 那月 社4 兵庫・日ノ本学園
DF 32 小林 菜々子 スポ3 ジェフユナイテッド市原・千葉レディース
DF 23 源関 清花 スポ3 ちふれASエルフェン埼玉
→41分 山田 仁衣奈 スポ3 大阪・大商学園
DF 中田 有紀 スポ3 兵庫・日ノ本学園
MF 柳澤 紗希 スポ4 浦和レッズレディースユース
DF 15 冨田 実侑 スポ2 岡山・作陽
MF 村上 真帆 スポ2 東京・十文字
→77分 14 田中 実夏 スポ3 セレッソ大阪堺レディース
MF 安部 由希子 スポ4 宮城・聖和学園
MF 18 八神 友梨弥 スポ4 宮城・常盤木学園
→41分 ◎11 熊谷 汐華 スポ4 東京・十文字
FW 12 山田 彩未 スポ4 ジェフユナイテッド市原・千葉レディースU18
→41分 10 河野 朱里 スポ4 静岡・藤枝順心
◎=キャプテン
監督:川上嘉郎(昭51商卒=神奈川・横浜緑ケ丘)
コメント

FW河野朱里(スポ4=静岡・藤枝順心)

――皇后杯出場が決定している中で、きょうはどのような気持ちで試合に臨みましたか

チームの目標として、全部のタイトルを取るというものがあります。皇后杯の関東大会でも(タイトルを)取らなければいけないという自覚はありました。

――前半はベンチで見ていていかがでしたか

昨日の改善点を一部の人には伝えて、それを外から客観的に見ていました。うまくいっていない部分も多くあって、前半の途中の給水タイムでも伝えたりはしたんですけど、修正できていない点が多くあったなというのが印象です。

――うまくいかなかった点とは具体的にどこですか

SBに(ボールが)入った時の周りの関わり方が粗いというか、細かい駆け引きがなくボールを受けにいってしまったり、角度がつくれていないからそこから点が取れていなかったりしました。逆にSBが裏のスペースを見られていなかったり、逆や縦のスペースを使いきれていないのが具体的なところです。

――後半は入りから良かったように思います

1点ビハインドの状態だったので、10分で1点取ろうということを周りの人に言って入りました。トップである自分が前から仕掛けることでチームを引っ張ろうと考えていたので、2点自分が取れて交代としての役割は果たせたと思います。

――1点目はイメージ通りでしたか

そうですね。相手が引いて守ってくるスタンスを後半取ってきたので、その分ペナルティエリア内に全員が入ってくれるので、外が空くと初めに感じました。自分が下がっていってミドルシュートを打つというのは前から決めていたのでイメージ通りだと思います。

――2点目はいかがでしたか

自分が打ったりすると相手が引き出てくるのを感じていたので、それを逆に裏を取れたというのは、自分の中でも変化をつけられたと思いますし、相手の動き出しを自分が理解して、プレーに反映できたというのは成長ちょっとはしたところだと思います。

――いよいよ次は決勝になります

どっちの相手でも関東リーグで当たっているチームなので、ある程度の出方は分かります。日テレ・メニーナが出てきたら、前回負けているので分析をしっかりして、関東リーグの後期が残ってますけど、その前にとりあえず勝たないといけない相手だと思っています。タイトル奪還という意味でもそうですし、リベンジもあるのでしっかりチームとして戦いたいと思います。