ソフトボール部

2018.09.22

第50回東京都大学連盟秋季リーグ戦 9月22日 早大所沢キャンパスグラウンド

2年生の奮闘あり今季初白星

秋季リーグ戦
東 大
早 大
○山内、石井、松下-澤、井口 ◇(本塁打)石井、杉本

 2年生の活躍が光った。先週国士舘大に敗北を喫し、迎えた東大戦。初回、織部雅之(スポ3=宮崎南)の適時打や石井智尋(スポ2=千葉敬愛)の2点本塁打などで先制に成功する。3回には杉本亮太(教2=神奈川・柏陽)にも本塁打が飛び出しリードをさらに広げた。投げては2年生3人の投手リレーで東大打線を2失点にまとめ、今季初白星を手にした。

 先に仕掛けたのは早大だった。初回、先頭の丹野太郎主将(スポ3=兵庫・滝川学園)が内野安打で出塁し、3番・織部の打席で二盗に成功。すると織部は中前へきっちりと運び、丹野が生還した。あっさりと先制に成功し、続く打席にはこの日4番に座った石井。「(打ったのは)アウトコース低めのドロップ。感触は良かった」(石井)。そう振り返る打球は逆方向へ大きく伸びた。会心の一発で追加点を奪い、初回から東大を攻め立てる。しかし2回。早大先発の山内壮起(スポ2=千葉・成田国際)は先頭打者に安打を許すと、その後下位打線に連打を浴び1点を失った。続く3回のマウンドはゼロで抑え、攻撃に流れをつなげる。するとその裏、先頭の梶谷陽介(法2=神奈川・柏陽)が絶妙なセーフティバントを決め、さらに二盗で好機を演出。続く織部がまたもや中前にはじき返し、相手中堅手が打球処理にもたつく間、梶谷は一気に本塁へとかえった。次打者が二ゴロに倒れ、1死二塁。打席には杉本。3球目のファーストストライクを振り抜いた打球は美しい弾道を描き、中堅フェンスを越えた。この回3点を重ね、リードを6点に広げることに成功した。

初回に左越え2点本塁打を放った石井

 山内は4回を3者凡退で締め、次回からは石井がマウンドに。5回は3人で終えたが6回、四球で出した走者が内野ゴロの間にかえり1点を失った。それでも後続を断ちリードを保ったまま、7回のマウンドを今季初登板の松下直矢(スポ2=京都・南陽)に託す。緩い変化球を駆使し簡単に1つ目のアウトを取ったが、次打者に味方野手の失策で出塁を許すと、さらに2者連続の四球を与え1死満塁のピンチ。1発を浴びればたちまち1点差に詰め寄られるが、ここは息を吹き返した。後続2人を冷静に切って取り、試合終了。2年生の活躍もあり、今季初勝利を手にした。

3番手・松下は走者を背負いながらも試合を締めた

 盗塁など、足を絡めて果敢に次の塁を陥れる。得点圏では、きっちりと一本を出して得点する。まだ新体制2試合目だが、徐々に理想の攻撃がかたちになってきているようだ。積極的な攻撃を展開し、今季初白星を飾れたことは自信になるだろう。次戦の相手はリーグ随一の強豪・日体大。当然、好機は少ないと予想される。足や小技を絡めて数少ない好機をものにし、勝機を見出せるか――。日体大から勝利を得れば、優勝も現実味を帯びてくるに違いない。

(記事、写真 石﨑開)

関連記事

新体制始動も初戦は宿敵にコールド負け/東京都大学連盟秋季リーグ戦 (9/16)

コメント

石井智尋(スポ2=千葉敬愛)

――きょうの試合、振り返ってみていかがですか

初回に山内(壮起、スポ2=千葉・成田国際)が抑えてくれて、そのいい流れを受けて1打席目で打てたので、試合の入り方としては良かったと思います。

――きょうは4番に座りましたが、気持ちの変化などはありましたか

逆に、打つだけだとシンプルに考えられたので、それが1打席目の結果に表れたのかなと思います。

――その初回の本塁打について。打った球は覚えていますか

アウトコース低めのドロップですかね。

――逆方向に伸びました

捉えた感触は良かったです。

――投手としてはきょうの試合、いかがでしたか

1点は取られましたけど、ストライクも入っていたし、まあ良かったかなという感じです(笑)。

――来週の日体大戦への意気込みをお願いします。

新チーム1勝目ができて、これからどんどん乗っていけると思うので、一戦一戦確実に勝っていきたいと思います。