メニュー

卓球部

2018.09.20

秋季関東学生リーグ戦 9月20日 港区スポーツセンター

痛恨の敗北を喫するも、逆転優勝へ向けいざ最終決戦へ!

 熱戦が続いてきた秋季関東学生リーグ戦(秋季リーグ戦)もついに勝負の2日間に突入。第5戦を終えて5戦全勝の早大は、この日専大と対戦した。最大のライバル中大との対戦を前に弾みをつけたい早大であったが、序盤から苦戦を強いられる。徳永美子女子主将(スポ4=福岡・希望が丘)の活躍で粘りを見せたが、最後まで相手の勢いを止めることができずに団体戦スコア2-4で敗戦。優勝へ向けて試練の1日となった。

 早大の1番手はエースの阿部愛莉(スポ4=大阪・四天王寺)。初戦で勝利してチームに勢いをつけたいところであったが、この日の阿部はプレーに精彩を欠く。レシーブミスやラリー中のオーバーミスなど、自らのミスで失点する場面が目立ち、なかなか自分のプレーをすることができない。終盤には得意のフォアスマッシュも決まらずまさかのストレート負け。第4戦に続き出場2試合連続の敗戦となり、阿部の状態に不安が残る結果となった。エースの不調をカバーするべく、2番手には徳永が登場。相手の強打をブロックでしのぎ、緩急を使いながらラリー戦で得点を重ねていく。主将として貫録のあるプレーで快勝し、早大に1勝をもたらした。主将の作ったいい流れに乗っていきたい笹尾明日香(社1=神奈川・横浜隼人)・岩越帆香(スポ1=福岡・希望が丘)組であったが、バックを中心とした相手にラリーで主導権を握られ、持ち味を出せないままストレートで敗戦。ルーキーペアはリーグ戦初黒星を喫した。

ラリー戦での強さを見せた徳永

 団体戦カウント1-2のビハインドで回ってきた笹尾は苦手としている専大のエース安藤みなみ(4年)と対戦。得意のフォアハンドで攻めていきたい笹尾であったが、ロングサーブを主体とした安藤の攻撃を止めきれない展開が続く。相手に強烈なフォアハンドを次々と打ち込まれて失点を重ね、笹尾がカウンターを試みるも返されてしまう。最後まで果敢に攻めたが、笹尾の得意な展開に持ち込むことはできずに完敗し、専大に王手をかけられた。後がなくなった5番手ダブルスの阿部・徳永組は負けられない試合で抜群のコンビネーションを見せ、白熱のラリー戦を展開する。この試合では徳永の回転量の多いフォアドライブが有効で、相手のオーバーミスを誘い得点を重ねていった。毎セット接戦となったが、終盤に勝負強さを見せた阿部・徳永組が見事に勝利。そして、続く6番手の鎌田那美(スポ3=北海道・駒大苫小牧)は逆転勝利への望みを繋ぐべく、攻撃的な卓球を展開する。しかし、安定した両ハンドドライブで組み立てる相手に粘られて勝負は最終セットへ。全日本大学総合選手権団体の部(インカレ)でも最終セットの強さを見せていた鎌田に大きな期待がかかったが、序盤で不運な失点もありまさかの8連続失点。この差を最後まで詰めることができずに無念の敗戦。この瞬間団体戦スコア2-4で専大に軍配が上がった。

気迫を見せて戦ったが惜敗した鎌田

 第6戦での痛恨の敗戦で通算成績を5勝1敗とした早大。しかし、まだ早大には自力優勝の可能性が残されている。ここで早大の優勝パターンを確認すると、まず早大は明日の中大戦に勝利することが優勝への絶対条件である。その上で、専大が最終戦に敗れた場合、早大はスコアを問わず中大戦勝利で優勝となる。一方、専大が最終戦に勝利した場合、早大は中大に4-0、もしくは4-1での勝利が求められる。4-2で勝利した場合は2位、4-3以下の結果であれば3位ということになる。このように、優勝へ向けてはかなり厳しい状況ではあるが、気持ちを切り替え、明日の試合に挑んでほしいところだ。この1年間、4年生3人を中心としてチーム13人一丸となって偉業を成し遂げてきた。自分たちの力を信じて最後まで笑顔でワセダらしい卓球を貫いた先には必ずや栄光が待っていることだろう。運命の最終戦、明日の熱戦から目が離せない。

(記事 吉田寛人、写真 岡部稜)

結果

▽女子 第6戦

VS 専大 ●2―4

●阿部0-3枝松

○徳永3-1木村

●笹尾・岩越組0―3安藤・枝松組

●笹尾0-3安藤

○阿部・徳永組3―1木村・牧之内組

●鎌田2-3柴田