野球部

2018.09.23

東京六大学秋季リーグ戦 9月22日 神宮球場

接戦を制し開幕からの連勝を3に伸ばす/明大1回戦

明大1回戦
慶 大
明 大
(慶)○髙橋佑、髙橋亮-郡司
◇(本塁打)嶋田1号ソロ

 開幕カードで東大に連勝し、3連覇に向けて波に乗りたい慶大は明大と対戦した。慶大の先発・髙橋佑樹(3年)は2回にソロ本塁打を浴びて先制を許す。しかし6回、慶大はこの回からマウンドに上がった入江大生(2年)を攻め、2死一、二塁の好機から中村健人(3年)の適時打で同点に追い付く。さらに9回には嶋田翔(2年)のソロ本塁打が飛び出し勝ち越しに成功すると、そのまま明大の反撃をかわした慶大が2-1で勝利。接戦をものにして勝ち点奪取に王手をかけた。

 試合が動いたのは2回だった。東京六大学春季リーグ戦(春季リーグ戦)では中継ぎとして10試合に登板し、防御率0.00と活躍を見せた髙橋佑。その安定感が評価され昨秋開幕戦以来の先発登板を果たしたが、この回先頭の明大・北本一樹(3年)に「不用意だった」と振り返る初球の甘い変化球をスタンドまで運ばれ先制を許す。直後の攻撃では髙橋佑自身が中前打を放ち出塁するも、後続が倒れ得点を奪えない。その後も敵失や四球によって得点圏に走者を進めるものの、あと一本が出ないまま試合は進んでいった。

 しかし3連覇を狙う王者・慶大はここから反撃を見せる。6回、粘りの投球を見せていた明大の先発・竹田祐(1年)が降板し入江がマウンドに上がると、先頭の郡司裕也(3年)がバットを折られながらも遊撃内野安打で出塁する。そして、続く内田蓮副将(4年)の内野ゴロの間に二進。次打者の嶋田は空振り三振に倒れたが、この好機を好調の中村が逃さず、同点の中前適時打を放った。中村はこれで早くも今季7打点目。東大戦では2試合連続本塁打を放ち、負傷交代した河合大樹主将(4年)の穴を埋める働きを見せたが、きょうもここ一番の場面で存在感を発揮した。

6回に同点の中前適時打を放つ中村

 先制弾こそ浴びたものの、その後は危なげない投球で強力明大打線を封じてきた髙橋佑は8回、味方の失策と安打で1死一、三塁のピンチを背負う。「最後の方はバテていたかもしれない」と語るように、中継ぎとしてマウンドに立つ機会の多かった髙橋佑にとって大きな山場を迎えた。ここで迎えるのはプロ注目の3番・逢澤峻介(4年)と4番・越智達矢(4年)。外野フライも許されないこの場面で、2人の強打者をそれぞれ三邪飛、二邪飛に打ち取りこのピンチを脱した。直後の9回、その投球に応えるかのように先頭の嶋田が左翼席にソロ本塁打を放ち、勝ち越しに成功する。その貴重な勝ち越し点を守るべく、最終回のマウンドには髙橋亮吾(3年)が上がった。明大の代打攻勢により1死一、二塁のピンチを背負ったものの最後は連続三振に打ち取り試合終了。苦しみながらも勝利をもぎ取った。

久しぶりの先発登板で躍動した髙橋佑

 これで開幕から3連勝となった王者・慶大。しかし、3試合とも決して楽な試合展開ではなかったのも事実。「苦しい試合だったけど、こうなることは分かっていた」と髙橋佑が語るように、他大を圧倒する盤石の布陣を敷けていないのが現状だ。主将の河合はケガで欠場が続いている上、投手陣は好調の髙橋佑を配置転換したことからもうかがえるように、昨季までのような安定感は見られない。また、やや湿っぽい上位打線も不安材料だ。春季リーグ戦優勝の原動力となった3番・柳町達(3年)や4番・郡司などの中心打者が本来の調子を取り戻すことができれば、夢の3連覇も見えてくるだろう。今後も王者・慶大の戦いから目が離せない。

(記事 山田流之介、写真 久保茉里奈、野口駿)

コメント

髙橋佑樹(3年) ※囲み取材より抜粋

――きょうの投球を振り返っていかがでしたか

8回1失点は出来過ぎなところもあるんですけど、1人1人丁寧に投げるというのはまあまあできたんじゃないかなと思います。

――特に意識した点は

先発は久しぶりでしたが、中継ぎの頃にやってきたことと変えずに1人ずつアウトに取っていくというのを意識して投げました。

――自身最長のイニングを投げたことについては

きょうは8回も投げられるとは思ってもいなかったんで自分でもびっくりしています。最後の方はバテてたかもしれないんですけど、一生懸命投げてなんとかなった感じです。

――前回の東大戦から修正した点は

前回の東大戦でも結構いい感じで投げられたので、それを崩さないまま精度を上げられるようにという意識を持って先週は練習を行ってきました。

――春季リーグ戦からずっと好調を維持している要因は

今季はもう2点取られてるのでアレですけど(笑)、伸ばさなければいけないところは伸ばせるように意識して練習しました。

――自身が課題としていた球速については

自分の球速は投げるときには見ないようにしているので、どうだったのか分からないんですけど、まずまずだったんじゃないかなとは思います。

――2回に打たれた本塁打を振り返って

1人1人投げると言った割にあの球はちょっと甘かったというか不用意だったのかなと思います。きょうの一番の反省です。

――自身のクリーンヒットを振り返って

バッテイングフォームはヤクルトの青木選手(宣親、平16人卒=現東京ヤクルトスワローズ)をまねしています。ヤクルトが好きなので、青木選手のまねをしながら打ててバッティングに関しては本望です。

――開幕から3連勝となりましたが、チームの雰囲気は

苦しい試合でしたけど、こうなることは分かって練習をしていたので、張り詰めた良い雰囲気の中でできていると思います。

――今季の個人的な目標を教えて下さい

監督を裏切らない投球をすることです。