野球部

2018.09.23

東京六大学秋季リーグ戦 9月23日 神宮球場

好機で得点できず。サヨナラ負けを喫する/立大2回戦



立大2回戦 10
早 大
立 大 1×
(早)今西、●早川-岸本
◇(二塁打)檜村、瀧澤

 今季初の勝ち点奪取へ向け、是が非でも取りたい立大2回戦。早大は序盤から得点圏に走者を進めるが、あと一本が出ず、得点を挙げられない場面が続いた。一方の投手陣は援護点が入らない中でも今西拓弥(スポ2=広島・広陵)早川隆久(スポ2=千葉・木更津総合)の2年生コンビが好投。しかし、両校無得点のまま迎えた延長10回裏に、2死から早川がサヨナラ本塁打を浴びてしまう。接戦の末にこの試合を落とした早大は、勝ち点を懸けてあすの3回戦に臨むことになった。

6回3安打無失点と完璧な投球を披露した今西

 この試合、立大打線に左打者が多いことから、髙橋広監督(昭52教卒=愛媛・西条)は今西を先発に起用。前カードの法大3回戦では決勝本塁打を打たれ敗戦投手となった今西だが、今季初先発となったこの試合では好投した。6回を投げ、得点圏に走者を背負ったのは一度だけ。5回にボールが先行し、2死一、二塁のピンチを招いたが、後続の打者を見逃し三振に切って取り、無失点で切り抜けた。7回から代わった早川も、9回までの3回で6奪三振をマークする圧巻の投球を披露。期待の2年生コンビが無失点リレーを見せたが打線の援護はなく、両校無得点のまま試合は延長戦に突入した。

9回のピンチを三振で切り抜け、雄たけびを上げる早川

 打線は2回、檜村篤史(スポ3=千葉・木更津総合)が2死から左翼線二塁打で出塁し、先制の好機を演出。続く池田賢将(スポ4=富山・高岡南)の中前打で檜村は一気に本塁を狙ったが、中堅手の好返球に阻まれ本塁タッチアウト。先制点を挙げることはできなかった。その後、6回にも2死から瀧澤虎太朗(スポ2=山梨学院)の左中間二塁打で走者を得点圏に置いたが、続く4番の加藤雅樹(社3=東京・早実)が遊直に倒れ、またも得点できず。さらに7回には、岸本朋也副将(スポ4=大阪・関大北陽)が無死から四球で出塁すると、檜村の犠打と金子銀佑(教2=東京・早実)の中前打で2死一、三塁の好機に。ここで打席には、代打・重田慎太郎(文構3=佐賀西)。重田は左前に安打性の打球を打ち返したが、立大の遊撃手・笠井皓介(3年)がジャンピングキャッチの好プレーを見せ、ここでも得点を挙げることはかなわなかった。9回と10回にも安打で走者を出した早大だったが、最後まで点を入れることはできず。すると、延長10回もマウンドに上がった早川が、この回から出場した江藤勇治(3年)に甘く入ったスライダーを運ばれ、痛恨の被弾。大きな弧を描いた打球は、右翼席へと吸い込まれ、サヨナラ負けを喫した。「打たれてしまって全ての責任は自分にあるので、悔しさはあります」(早川)。好投する投手陣を見殺しにするかたちでの敗戦となった。

9回に2死一、二塁の場面で空振り三振に倒れ、肩を落とす福岡高輝(スポ3=埼玉・川越東)

 「点を取れる時に、きちんと取っておかないといけないと改めて感じました」(池田)。打撃陣がつながりを欠いたこの試合。5度も得点圏に走者を進めながら、無得点に終わったことは非常に問題だ。しかし一方で、今西、早川が好投したという収穫もある。あす敗れれば、戦況は非常に厳しいものとなる。次戦はなんとしても勝利し、立大から6季ぶりとなる勝ち点を手に入れ、優勝争いに踏みとどまりたい。

(記事 金澤麻由、写真 中澤紅里、宇根加菜葉)

黄字は打点付き

早大打者成績
打順 守備 名前 10
(一) 福岡高輝 .200 遊ゴ 一ゴ 一ゴ 空振 空振
(二) 西岡寿祥 .333 三ゴ 死球 投ゴ 二安 右安
(左) 瀧澤虎太朗 .273 三ゴ 空振 中2 二ゴ 捕邪
(右) 加藤雅樹 .118 一ゴ 見逃 遊直 四球 遊ゴ
(捕) 岸本朋也 .238 右飛 右飛 四球 右飛
(遊) 檜村篤史 .400 左2 二ゴ 投犠 中飛
(中) 池田賢将 .400 中安 空振 空振 三邪
(三) 金子銀佑 .400 二ゴ 中安 中安 三失
(投) 今西拓弥 .333 見逃 二ゴ
  重田慎太郎 .000 遊直
  早川隆久 .500   中安

早大投手成績
名前
今西拓弥 1.50
早川隆久 1.00
東京六大学秋季リーグ戦星取表
順位 法 大 慶 大 立 大 早 大 明 大 東 大 勝ち点 勝率
法 大 9/29
9/30
10/6
10/7
○5-1
●6-7
○5-4
△3-3
○3-2
○2-0
10/20
10/21
.800
慶 大 9/29
9/30
10/13
10/14
10/27
10/28
○2―1
●4―7
9/23
○6-4
○10-4
.750
立 大 10/6
10/7
10/13
10/14
●1―5
○1×―0
9/23
10/20
10/21
○8―2
○7―1
.750
早 大 ●1―5
○7―6
●4―5
10/27
10/28
○5―1
●0―1×
9/23
10/13
10/14
9/29
9/30
.400
明 大 △3-3
●2―3
●0—2
●1―2
○7―4
9/23
10/20
10/21
10/13
10/14
10/6
10/7
.250
東 大 10/20
10/21
●4-6
●4ー10
●2-8
●1―7
9/29
9/30
10/6
10/7
.000
関連記事

天敵を打ち崩す!小島完投で立大に先勝/立大1回戦(9/22)

落とせない勝ち点。絶対的エース攻略なるか/立大戦展望(9/19)

 

コメント

髙橋広監督(昭52教卒=愛媛・西条)

――なかなか得点の入らない接戦となりました

そうですね。立教もピッチャーが良くて、なかなか打てないだろうなっていうのは想定済みだったんですけれども、逆に今西(拓弥、スポ2=広島・広陵)がよく投げてくれましたね。早川(隆久、スポ2=千葉・木更津総合)もよく投げてくれていたんですけれども、やっぱりこういう試合だと長打1本で勝負が決まってしまいますよね。

――得点が入らない中、ベンチではどのような指示を与えていましたか

もうそれは想定内だったので、1点勝負ということでベンチでも慌てることなく。序盤が終わって中盤以降、1点を大事に取りにいこうとやっていました。でもやっぱり川端君(健斗、立大1年)にいいピッチングをされましたよね。今西も1点を取られなかったわけですから、こちらは想定以上によく投げていたと思います。

――その今西投手をきょう先発に起用した理由は

昨日は小島(和哉主将、スポ4=埼玉・浦和学院)が左(投手)でよかったんでね。きょうも予定では西垣(雅矢、スポ1=兵庫・報徳学園)だったんですけれども、やっぱり左を当てた方がいいだろうと。(立大)打線も左バッターが多いんでね。そういうわけで急きょ今西にしました。

――昨日からスタメンで出場している金子銀佑選手(教2=東京・早実)がきょうもいい働きをしました

そうですね。やっぱり何気なく起用したんじゃなくてね、サード強化ということで。本当にいい働きをしてくれたと思いますね。

――早川投手の投球はいかがでしたか

いい内容だっただけにね、(最後の1球は)やっぱり悔やまれますよね。(1球目と)同じ高さにいってしまったんでね。読み切られてしまっていたと思います。ちょっと悔いが残りますよね。(早川)本人もそうでしょうけど、チームとしてもね。

――あすの3回戦に向けての意気込みをお願いします

ぜひ勝って、勝ち点を挙げたいと思います。

池田賢将(スポ4=富山・高岡南)

――きょうの試合を振り返っていががですか

点が取れた場面が何度かあったのに、嫌な流れになってしまって、それが最後あんなかたちになってしまったのかなと思います。点を取れる時に、きちんと取っておかないといけないと改めて感じました。

――1打席目はいい当たりが見られましたね

打点取れるかなと思ったんですけど、また頑張ります。

――なかなか打線がつながらず、苦しい場面が多かったと思いますがいかがですか

点につなげることはできませんでしたが、チャンスはつくれたと思うので、気持ちを切り替えて、昨日みたいな試合をして、あした勝ちたいと思います。

――秋季リーグ戦開幕前対談では、キーマンとなる選手として早川選手、今西選手を挙げられていました。両選手、きょうは素晴らしいピッチングでしたが、どう見ていましたか

やはり下級生が粘ってくれたので、チャンスで打ちたかったです。1打席目は打てたのですが、その後はチャンスを潰しているので、必ずそこで後輩を助けられるようなバッティングをしないとなと思います。

――あすの3回戦の意気込みをお願いします

序盤から点を取って、主導権を握って、投手を楽に投げさせてあげたいです。

檜村篤史(スポ3=千葉・木更津総合)

――1打席目は左翼への二塁打となりました。まず打席を振り返ってみていかがですか

先日のミーティングで真っすぐを張っていくということになりました。打ったのも内角寄りの真っすぐでした。

――池田選手の中前打で本塁を狙いましたがアウトになりました。走塁を振り返ってみていかがですか

走り出しのタイミングは、初球だったということもあってベストタイミングではなかった気がします。クロスプレーは頭から行ってしまって、足からスライディングしていれば相手捕手が球を取りこぼしたりする可能性があったのかなと思います。

――9回の打席は凡退となりました。悔しそうな表情が印象的でした

甘い真っすぐが来たんですけど、仕留められなかったので悔しかったです。

――打線全体として得点圏に走者を置いてもあと1本が出ませんでした。川端健斗投手(立大1年)はいかがでしたか

しっかり要所要所でいい球を投げられてしまった印象がありました。やはりスライダーとカット系の球が良かったです。

――サヨナラ負けというのに関してはいかがですか

そうですね、このような負け方をしてしまったので、何が悪かったのか(チームで話し合って)反省してあすに生かしたいです。あしたは絶対勝とうという気持ちで臨みたいと思います。

今西拓弥(スポ2=広島・広陵)

――先発登板が決まったのはいつですか

昨日の夜です。

――試合前の立大打線の印象はいかがでしたか

つながるときは勢い良くつながっちゃうんで、勢いだけはつけちゃいけない打線だなって思ってました。

――5回に長打を打たれピンチとなりましたが、その後の投球はどのようなことを意識していましたか

そこは打順が8、9番と下がってきてたので、そんなに慌てることもなかったです。2人で1個アウトが取れればいいかなという感じで投げていました。

――変化球や直球の質はいかがでしたか

スライダーは本当に良かったんですけど、真っすぐが不安定でした。でも修正できたので良かったなと思っています。

――6回無失点という成績については

成績自体は良かったんですけど、(チームは)勝てなかったので、あした勝てるようにまた頑張ろうと思います。

――ご自身としては今までのリーグ戦で投げた回では最長でしたね

6回投げれたということは自信にはなりました。

――今後への意気込みをお願いします

取りあえずあした勝って、勝ち点が取れるように頑張ります。

金子銀佑(教2=東京・早実)

――今週からスタメンで起用されていますが、どんな意気込みで臨んでいますか

初週ベンチにも入れなくて、というかその前の練習からメンバーに入れてなかったんですけど、それでも絶対出番は来ると思っていて。今までだったらすねていたというか、ふてくされていたと思うんですけど、そこで出番は絶対に来るからとにかく練習しようと思って、しっかり練習できてました。チームもあんまりいい状態じゃなかったので、立教戦はベンチに入れるかもしれないと思って、それだけを目標に練習してました。出たら思い切ってやろうって思ってました。

――緊張はしましたか

かなり緊張しました。高校の時から緊張しいなんですけど、でも高校の時よりはうまく試合に入れたと思うので、そこは成長したなと感じました。

――東京六大学リーグ戦初安打、さらには2本目も飛び出しました。それぞれ振り返っていかがですか

これまでは当てに行くバッティングが多かったんですけど、2打席目のネクストバッターズサークルで小島さん(和哉主将、スポ4=埼玉・浦和学院)に、「ホームラン狙ってこい。思い切り振ってこい」って言われて、それだけ意識して打席に入りました。2打席とも思い切って振った結果がヒットになったかなと思います。

――守備では三塁を守っています。ここまで守備の調子はいかがですか

サードはこれまでこだわってやってきたポジションで、エラーは許されないと思ってやってます。今日も速い打球が飛んできたんですけど、とにかくまずは止めることだけを考えて、佐藤助監督(孝治、昭60教卒=東京・早実)からも、「まず止めてからアウト取ればいいよ」って言われてたので、それはしっかりできてたんじゃないかなと思います。

――あすへの意気込みをお願いします

あまり気落ちせず、一戦一戦ちゃんとやれば大丈夫なので、あしたもう一度切り替えて、もう一回フラットな気持ちでやれればいいなと思います。

早川隆久(スポ2=千葉・木更津総合)

――サヨナラ本塁打を打たれた球種はなんでしたか

スライダーです。外のスライダーを持ってかれたという感じです。

――4イニング目でしたが、疲労はありましたか

疲労というのはなかったんですけど、2試合含めて初めての(打席の)バッターで、そこであのスライダーを一発で捉えられたということは、やっぱりあっちが上だなというのは感じました。

――3回を0点に抑えましたが、調子自体はいかがでしたか

調子自体は、真っすぐもそんなに悪くもなく良くもなくという感じなので、ぼちぼちでした。

――先発した今西拓弥投手(スポ2=広島・広陵)が6回無失点の好投を見せましたが、見ていていかがでしたか

今西の気持ちも汲んでしっかり投げないとな、というのはあったんですけど、打たれてしまって全ての責任は自分にあるので、悔しさはあります。

――空き週のオープン戦では先発もしましたが、どういった調整をしてきましたか

先発もあるかな、という心の準備はしてたんですけど、まあ後ろの方が先発陣も安心するということで後ろで投げることになったんですけど、後ろでもこういう結果でふがいなくて悔しいですね。

――最後は敗れましたが、きょうは三振も欲しいところで取れていたと思います

そうですね。三振取りたい場面で取れたんですけど、やっぱり最後甘いスライダーが、追い込んでからじゃないボールを打たれてしまったので、そういう面では悔しさは残ります。

――きょうは打席でも中前打を放ちましたが、何を狙って打席に立ちましたか

甘いボールがあればしっかり打てればなというのはあったので、甘いボールが来てしっかりセンター前に弾き返せたのでよかったです。

――あしたも登板の可能性があると思いますが、意気込みをお願いします

しっかり気持ちを切り替えて、自分らしく三振取りたい場面でしっかり取れるようなピッチングをしていければなと思います。