メニュー

野球部

2018.09.22

東京六大学秋季リーグ戦 9月22日 神宮球場

天敵を打ち崩す!小島完投で立大に先勝/立大1回戦

立大1回戦
立 大
早 大 ×
(早)○小島-岸本
◇(二塁打)瀧澤、檜村

 開幕カードの法大戦で勝ち点を得ることができなかった早大。優勝するためにはもう負けられない状況の中で、この日は相性の悪い立大に挑んだ。厳しい展開が予想されたが、初回に先制点を奪うと、その後も攻撃の手を緩めず立大のエース田中誠也(3年)をマウンドから引きずり下ろす。投げては小島和哉主将(スポ4=埼玉・浦和学院)が9回1失点完投と貫禄を見せ、チームを3季ぶりとなる立大戦勝利に導いた。

 先発のエース小島は初回に1死から連打を浴び、早くもピンチを迎える。髙橋広監督(昭52教卒=愛媛・西条)が「2点でもちょっと厳しい」と話す難敵・田中誠を相手に先制点を許すことは命取りとなる、重要な場面。しかし、バッテリーは冷静だった。「真っすぐを張っていた感じがあったので、変化球で打ち取りにいくのが一番かな」(岸本朋也副将、スポ4=大阪・関大北陽)。「一番自信があった球種」(小島)のスライダーを続けてクリーンアップから連続三振を奪い、無失点で初回を終えた。するとその裏、打撃陣が2死一、三塁の好機をつくり、打席には岸本が入る。1―1からの3球目、高めの直球を振り抜くと、打球は詰まりながらも中前にポトリと落ちる先制適時打に。ロースコアが予想された本試合において非常に大きな意味を持つ、先制点を奪うことに成功した。

この日2本目の適時打を放ち、田中誠をノックアウトした岸本

 次に試合が動いたのは5回裏。1死から西岡寿祥(教4=東京・早実)がこの日2本目の中前打を放つと、その後、連続四死球で満塁の好機をつくる。ここでまたも岸本が、前進守備を敷いていた三塁手の横を抜ける左前適時打を打つ。ここで田中誠はマウンドを降り、5回途中にしてノックアウトとなった。さらに代わった2番手の江口奨理(3年)から2つの押し出し四球を選んで2点を奪い、立大を突き放す。7回には、この日リーグ戦初スタメンに抜てきされた金子銀佑(教2=東京・早実)の犠飛でだめ押しに成功し、試合を決定付けた。一方の小島は危なげない投球を続ける。威力ある直球にキレ味鋭いスライダーやチェンジアップを織り交ぜ、立大打線を寄せ付けない。6回こそ1点を失ったが、球数が100球を超えた8、9回で計5つの三振を奪うなど、最後まで球威は衰えず9回1失点完投。自己最多タイとなる13もの三振を奪う、文句のつけどころのない投球で勝利を飾った。

13奪三振完投で、今季初勝利を挙げた小島

 ここまで黒星を重ねてきた田中誠に、ようやく雪辱を果たしたこの日。開幕カードの法大戦では全3試合に登板しながら、勝ちがつかなかったエースが収めた完投勝利は、チームに勢いをつけるだろう。「今までの結果はあまり良くなかったんですけど、しっかりと対策を練ってやってきた」と池田賢将(スポ4=富山・高岡南)も話すように、徹底した対策も功を奏した。「きょうみたいにいい試合をして、いいかたちで勝ち点を取りたい」(西岡)。あすも全身全霊をかけて、難敵との戦いに臨む。

(記事 望月優樹、写真 岡田静穂、金澤麻由)

黄字は打点付き

早大打者成績
打順 守備 名前
(一) 福岡高輝 .250 遊ゴ 空振 遊ゴ 左安 中飛
(二) 西岡寿祥 .294 中安 中飛 中安 右飛 三失
(左) 瀧澤虎太朗 .294 左飛 左2 死球 投ゴ 遊安
  西田燎太
(右) 加藤雅樹 .154 右安 中飛 四球 四球 二併
(捕) 岸本朋也 .278 中安 二ゴ 左安 二ゴ 捕ゴ
(遊) 檜村篤史 .438 空振 遊ゴ 四球 左2
(中) 池田賢将 .500 右安 二ゴ 一邪 投安
  走中 小太刀緒飛 .000
(三) 金子銀佑 .000 投犠 二失 四球 右犠
(投) 小島和哉 .143 空振 三ゴ 空振 左飛

早大投手成績
名前
小島和哉 13 3.57
東京六大学秋季リーグ戦星取表
順位 法 大 慶 大 立 大 早 大 明 大 東 大 勝ち点 勝率
法 大 9/29
9/30
10/6
10/7
○5-1
●6-7
○5-4
△3-3
○3-2
○2-0
10/20
10/21
.800
慶 大 9/29
9/30
10/13
10/14
10/27
10/28
○2―1
9/23
○6-4
○10-4
1.000
立 大 10/6
10/7
10/13
10/14
●1―5
9/23
10/20
10/21
○8―2
○7―1
.667
早 大 ●1―5
○7―6
●4―5
10/27
10/28
○5―1
9/23
10/13
10/14
9/29
9/30
.500
明 大 △3-3
●2―3
●0—2
●1―2
9/23
10/20
10/21
10/13
10/14
10/6
10/7
.000
東 大 10/20
10/21
●4-6
●4ー10
●2-8
●1―7
9/29
9/30
10/6
10/7
.000
関連記事

落とせない勝ち点。絶対的エース攻略なるか/立大戦展望(9/19)

コメント

髙橋広監督(昭52教卒=愛媛・西条)

――空き週の間に、田中誠也投手(立大3年)に対してどのような対策をしましたか

一番はやっぱり彼のいいときっていうのは、低めへのコントロールが非常に良くて。ツーストライクに追い込んでから低めにいいボールがくるので、追い込まれるまでに好球必打で打っていくというような指示はしてましたけどね。きょうは田中投手もそんなに状態は良くなかったですけど、よく先制点たたき出して、試合の流れをつかんだと思います。

――初回からかなり球数を投げさせていたと思います

そうですね。よく見極められていたと思いますね。

――空き週のオープン戦から中堅手と三塁手のスタメンを入れ換えましたが、その意図は

ちょっとやっぱり(中堅手は)小太刀(緒飛、スポ4=新潟・日本文理)の調子が良くなかったのと、サードはファーストとの問題になるんですけど、田中誠也が左ピッチャーなので、右バッターを考えたときに金子(銀佑、教2=東京・早実)は使ってなかったんですけどサードにして、福岡(高輝、スポ3=埼玉・川越東)をファーストっていうことでね。右バッターを1人プラスアルファということでやってました。

――2本の適時打を放った岸本朋也副将(スポ4=大阪・関大北陽)の働きはいかがでしたか

いやもう十分だったと思いますね。そういうタイムリー打ったりすると、キャッチャーは乗ってきますからね。だからいいリードもしますし、そういういいリードしたらやっぱりピッチャーもいいピッチングしますよね。

――2桁安打を放ちましたが、打線として勢いがついたという印象はありますか

そうですね。よく打ってくれたと思います。

――先発の小島和哉投手(スポ4=埼玉・浦和学院)の調子はいかがでしたか

いや、よかったと思いますね。

――8回にかなり球数を投げさせられていましたが、最終回での交代は考えませんでしたか

本人が完投したいという気持ちがあったので。

――あすの先発は

これから考えます。

小島和哉主将(スポ4=埼玉・浦和学院)

――大事な立大戦を先勝しました

先々週の法大戦で情けなかったので、勝ててよかったです。

――1回はピンチの場面でもスライダーを続けましたが、そこは決めていたのですか

そういうわけではないのですが、一番自信があった球種でした。

――その後は直球も増えていきました

そうですね。きょうは真っすぐとカット(ボール)がよかったので、うまく攻められてよかったです。

――あす以降に向けてお願いします

あしたも勝てるように頑張ります。

岸本朋也副将(スポ4=大阪・関大北陽)

――チャンスで打てていたと思いますが打撃を振り返って

先制点を打てたのは、自分としても課題にしてたので、それはよかったかなと思うんですけど、5回は周りがチャンスを回してくれたので、前に立つバッターがよかったのかなと。自分はたまたまその状況で打たせてもらっただけっていうのは思います。

――空き週で修正したことはありますか

いや特に、いつも通りセンターから右中心に打つことを意識してやっただけですね。

――初回のピンチはどのようなことを意識してリードしましたか

あそこはクリーンアップで、真っすぐを張ってきてた感じがあったので、変化球で打ち取りにいくのが一番かなと思ってそういう感じで攻めた結果、打ち取れたのでよかったかなと思います。

――小島和哉投手(スポ4=埼玉・浦和学院)の投球を振り返って

やっぱり真っすぐは低めでしっかり決まっていたので、そこはよかったと思います。

池田賢将(スポ4=富山・高岡南)

――相性のよくない田中誠也投手(立大3年)が相手でしたが、きょうの試合を振り返っていかがでしたか

今までの結果はあまり良くなかったんですけど、しっかりと対策を練ってやってきたので、それがちゃんとできたというか。狙い通り序盤で(点を)取って、中盤で突き放すことができたので、いい展開だったかなと思います。

――本日は安打を放たれましたが、今の状態はいかがですか

良いですね。

――今のチームの雰囲気はいかがですか

本当にベンチが一体となってやれている感じがありますね。

――あす以降への意気込みをお願いします

負けられない試合が続くので、全部勝って優勝したいと思います。

西岡寿祥(教4=東京・早実)

――立大は天敵・田中誠也投手(3年)が先発でしたが特別な対策はありましたか

僕は春(春季リーグ戦)打席に立っていないので、良く言えば、変な先入観なく打席に立てたのかなと思います。(投球の)データも確認したんですけれども、あんまり固定観念を持っても駄目だなと思ったので、好球必打というか、打てる球をしっかり振りにいった結果がたまたま2安打というかたちになってよかったです。

――その2安打はいずれも得点に絡みました。この辺りは振り返ってみていかがですか

本当に2本とも、得点に絡んだというのが良かったと思います。特に初回に1点取れたのは重要だと思いますし、5回の攻撃も(自分の安打から)フォアボールとかで攻撃がつながってよかったかなと思います。

――先々週に引き続き、打撃は好調を維持していると見てよろしいでしょうか

まあ(状態が)いいといいますか、自分は実績があるわけではないので、とにかく相手ピッチャーに食らい付いていくという気持ちでやっています。

――きょうは逆方向への打球が多かったですが、右へ打つことを意識しているのでしょうか

いや、意識は特にしてないですね。

――立大は左打者が多いですが、何か守備では意識していることなどありますか

法政戦でもよくセカンドに打球が飛んで来ていましたし、守備の準備というのはずっと前々からしてきているので特に何かを変えたということはないですかね

――2回戦に向けての意気込みをお願いします

明日もきょうみたいにいい試合をして勝って、いいかたちで勝ち点を取りたいと思います。

加藤雅樹(社3=東京・早実)

――田中誠也投手(立大3年)に対して、どんな考えで対しましたか

甘いボールが少ないので、配球を考えながら、積極的に振っていけたらいいなと思いました。

――ボールを見極める場面も多かったですが

あー。まあ、でも、「配球を考えながら」の積極性です。甘くない球に手を出す必要はないので、甘い球に積極的にいけるように配球を考えるという意味です。

――8回の打席は、無死一、二塁という好機での打席でした。どんな考えで臨みましたか

そこまでコントロールがいいという印象はなかったので、初球からきたボールを打つというイメージです。

――きょうに限らず、自身の調子のバロメーターはどのぐらいですか

全然悪くないし、いい当たりも多いので続けていきたいです。

檜村篤史(スポ3=千葉・木更津総合)

――きょうの試合を振り返ってみていかがですか

初回のチャンスで打てなかったのが反省です。粘っていたんですけど、最後はチェンジアップを打てなかったので。そこを見極めることができていれば結果も違ってきていたのかなと思いました。あの場面はすごく打ちたかった気持ちが強かったんですけど、最後、1本出たのでよかったです。

――守備でチームを盛り立てることが多かった印象があります

しっかり足も動いていて、飯迫さん(恵士、立大4年)の打球は福岡(高輝、スポ3=埼玉・川越東)がカバーしてくれたので、その助けもあっていいプレーができました。

――笑顔も多く見られました

そうですね、安打が出てくると自分の気持ちも乗ってくるので笑顔が増えてると思います。

――打席について、3打席目は押し出し四球となりました。投手交代直後でしたが、あの四球は狙っていましたか

いや、1死満塁だったので、しっかりゾーンを上げて打とうというのを意識していたので、四球を狙っていたわけではないです。

――4打席目は初球を捉えて二塁打になりました

変化球を狙っていて、カットボールもカーブも対応できるように待って、結果あのかたちで打てたのでよかったです。

――打席に入る前に岸本さんと話していましたね

カットボールが多かったって言っていたので、それで変化球を狙いました。

――次戦への意気込みをお願いします

きょうは良いかたちで勝つことができたので、しっかりあすも勝って、連勝で勝ち点取りたいです。

瀧澤虎太朗(スポ2=山梨学院)

――これまでに田中誠也投手と対戦した経験はありますか

初めてです。

――初対戦となった3打席を振り返って

田中投手は六大学を代表する投手なので、試合前はとても楽しみでした。打席に立ってみてやっぱりいい投手だなということは感じました。

――そんな好投手からも二塁打を放ちました

格上の投手なので、来た球を必死に振りました。振ったらああいう良い結果になったので良かったです。

――早大としてもここまでなかなか点が取れずに苦しんできた投手ですが、打席に入る前に意識した点は

チームとしてはかなり作戦も練って、全員で戦おうとしていました。自分としては、初めての対戦だったので、精神的な面で、あまり良い投手だと意識しすぎないようにしました。

――きょうは共にケガを乗り越えた金子銀佑選手(教2=東京・早実)もスタメン出場を果たしましたね

一緒にケガを乗り越えて来た仲間と同じグラウンドに立てたことは本当にうれしかったです。

――打てていなかった投手から点が取れたことは今後に向けての弾みにもなったと思います

打てていなかった投手から打てたことは、チームにとってもプラスになったと思います。あしたの試合でまずは勝って勝ち点1を取りたいと思います。

――小島和哉主将(スポ4=埼玉・浦和学院)も素晴らしい投球でしたが、左翼から見ていていかがでしたか

主将として、エースとして、チームの大黒柱なので、本当に頼もしく思いました。

――あすへ向けての意気込みをお願いします

厳しい戦いになるとは思いますが、全力で勝ちにいきます。