卓球部

2018.09.17

秋季関東学生リーグ戦 9月16日 埼玉・所沢市民体育館

高かった専大の壁、インカレの雪辱ならず

 秋季関東学生リーグ戦(秋季リーグ戦)は3日目に入り、駒大、専大と対戦した。駒大には春季リーグ戦の雪辱を果たしたが、専大には惜しくも敗れた。早大は5戦を終えた時点で4勝1敗とし、優勝の可能性をわずかに残して来週の2試合に挑む。

 16日の初戦の相手は駒大。硴塚将人(スポ3=東京・エリートアカデミー/帝京)が先勝をあげるが葉波啓(スポ2=山形・鶴崗東)が苦戦。相手のエースの3球目攻撃を取れず次々に失点を重ねる。葉波はサーブやカウンターで対抗し好プレーも見られたが、要所で得点できず敗れた。勝敗はイーブンに戻るが、続く五十嵐史也(スポ1=石川・遊学館)、緒方遼太郎(スポ2=東京・エリートアカデミー/帝京)の主力が流れを渡さない。緒方は速攻、五十嵐は強打を武器に競り勝ち駒大を撃破。春季リーグ戦で敗戦した相手にリベンジを果たした。

駒大にリベンジを果たした五十嵐

 2試合目は全日本大学総合選手権団体の部(インカレ)で完敗を喫した専大と対戦。早大は後半重視のオーダーで挑んだ。1番手、2番手が敗れ、3試合目にはエース緒方が登場。1ゲーム目はポイントを先行されながらも落ち着いて試合を展開し逆転でゲームを先取。しかし、2ゲーム目以降は相手がサーブにも慣れ、レシーブから積極的に攻められて2ゲームを奪い返された。ただ、追い詰められた4ゲーム目ではコースを変えたチキータ、打ち合いで相手を左右に振る作戦がハマりわずか2得点しか与えない。最終ゲームは得点を交互に取り合うが6-6になった場面で緒方のギアが上がる。フォア、バックの打ち合いをことごとくものにし、フルゲームの戦いを制した。続くダブルスは敗れたが5番手の五十嵐が踏みとどまる。第1ゲームを奪い、2ゲーム目では4-10から8連続ポイントで驚異の粘りを見せる。最後は危なげなく試合を締め見事にストレート勝利。チームの命運を懸けて回ってきたのは平野晃生主将(スポ4=山口・野田学園)。相手の打球点の速い連続攻撃に苦しみ2ゲームを落とす。意地で1ゲームを奪い返したものの逆転には至らず、試合終了。インカレの雪辱を果たすことはできず、早大は2―4で専大に敗れた。

エース対決を制した緒方

  「まだ優勝がなくなったわけではない」(緒方)。早大は秋季リーグ戦3日目を終えて4勝1敗。1週間後に対戦する明大、中大は実力者がそろう厳しい相手だが、夢を繋ぐためにも残り試合は落とせない。休養期間は短いが万全の準備を行い、次週の試合に臨んでほしい。

(記事 喜柳純平、写真 吉田寛人)

結果

▽男子 第4戦

VS 駒大 ◯4―1

○硴塚将人3―1西村

●葉波啓0―3渡井

○五十嵐史弥3―0水谷

○硴塚・緒方遼太郎組3―1二木・渡井組

○緒方3―1二木

▽男子 第5戦

VS 専大 ●2―4

●福田純大0―3三部

●川上尚也0―3及川

○緒方遼太郎3―2田添

●硴塚将人・緒方組0―3及川・郡山組

○五十嵐史弥3―0原井

●平野晃生1―3吉田

コメント

緒方遼太郎(スポ2=東京・エリートアカデミー/帝京)

――インカレに続いて専大に敗れてしまいました

全体的にこちらにいい流れが来ていない中で、僕が3番手で勝ったのですがダブルスでは0-3で負けてしまったのでいい流れを失ってしまったかなという感じです。

――シングルスでは先に2セットを取られる展開でした

いつも粘られて、自分が我慢できなくて先にミスしてしまっていたので、ラリーになったらどのようなボールにも対応できるように意識していました。

――中日にはどのような調整をしていきたいですか

前半戦でダブルスで2敗してしまって、団体戦においてダブルスは重要になるので、ダブルスの調整をしたいと思います。

――来週の2試合に向けて意気込みを聞かせてください

まだ優勝がなくなったわけではないので、全力で明大、中大に勝って優勝できるように頑張りたいと思います。