卓球部

2018.09.16

秋季関東学生リーグ戦 9月16日 埼玉・所沢市民体育館

チームの勢いとどまらず、開幕5連勝!

 前日の雨も止み、じっとりとした空気が広がったこの日、秋季関東学生リーグ戦(秋季リーグ)の第4戦、第5戦が行われた。第4戦の日体大戦では苦戦する様子が多く見られたが、それでも結果4-1で勝利。その後行われた日大戦では、3番手までが続けてストレート勝ちを見せチームを勢いづける。相手エースと当たった岩越帆香(スポ1=福岡・希望が丘)は2ゲームを先取され窮地に追い込まれるも、ここから脅威の粘りを見せ白星を獲得。開幕5連勝を飾った。

 この日の初戦、相手は日体大だ。前日とはオーダーを変え、トップには鎌田那美(スポ3=北海道・苫小牧小牧)が登場した。第1ゲームをジュースの末に取られ、第2ゲームでは最初0-6となかなか攻めにいくことができずにいたが、徐々に調子を取り戻し逆転。粘り勝ちでまずはチームに1勝を届けた。続く2番手、徳永美子女子主将(スポ4=福岡・希望が丘)も、カットマン相手にボールの回転を上手く見極め勝利を挙げる。3番手の笹尾明日香(社1=神奈川・横浜隼人)・岩越組は競り合う展開になったものの、ゲームカウント3-2で何とか相手ペアを退けた。このペアは毎試合出場しながら、今季未だ無敗である。3-0で迎えた4番手は阿部愛莉(スポ4=大阪・四天王寺)。勝負を終わらせにきたというような采配だったが、なんとこの試合阿部はゲームカウント0-3のストレート負けを喫してしまう。相手のサーブに苦戦し、果敢に攻めるもネットに阻まれ上手くいかない。珍しくサーブミスもあり、調子が上がらなかった。しかしながら、次の徳永とのダブルスでは相手ペアを寄せ付けず、チームの4連勝に貢献した。

カットマンの実力者相手に冷静なプレーを見せた徳永

 少し時間を空けて始まった第5戦、日大戦。トップはまたも鎌田が任された。連戦の疲れをものともせず、自分のペースに持ち込むことができた鎌田は笑顔でストレート勝ちを決める。続く笹尾は自慢の速攻で相手を圧倒し、良い流れのまま阿部・徳永ペアへと引き継いだ。チームの主軸を担う最上級生ペアも役目を果たし、3-0のまま4番手に。今季リーグ戦でシングルスでの出場は初となる岩越の相手は、日大のエース、奥下茜里(3年)だ。相手の速攻を思うように返せない岩越は序盤から苦戦を強いられる。続けざまに2ゲームを落とし、このまま押されてしまうのかとも思われたが、ここで岩越が持ち直し始める。得意のバッグとこの夏強化したフォアハンドを用いて攻めの姿勢を見せ、ゲームカウント3-2で格上相手に金星を挙げた。

逆転で金星を挙げた岩越

 秋季リーグ開幕後、未だ負けなし5連勝の早大。来週からは今までよりも相手が強くなり、厳しい戦いになることもあるだろう。しかし戦う選手の後ろには、いつも笑顔で応援するチームメイトがいる。来週からの試合でも、実力とチーム力、どちらも兼ね備えた強い早大の姿を見せて欲しい。

(記事 今山和々子、写真 吉田寛人)

結果

▽女子 第4戦

VS 日体大 ◯4―1

○鎌田3-2藤尾

○徳永3-1谷岡

○笹尾・岩越組3―2三橋・竹前

●阿部0-3竹前

○阿部・徳永組3―0高橋・谷岡組

▽女子 第5戦

VS 日大 ◯4―0

○鎌田3-0高原

○笹尾3-0金崎

○阿部・徳永組3―0金崎・高原組

○岩越3-2奥下