Notice: mycategoryorder_Widget で呼び出された WP_Widget のコンストラクターメソッドはバージョン 4.3.0 から非推奨になっています ! 代わりに
__construct()
を使ってください。 in /home/wasedasports2013/www/wasedasports/wp/wp-includes/functions.php on line 3924
快勝で無傷の3連勝! | 早稲田スポーツ
Warning: getimagesize( http://wasedasports.com/club/table_tennis/img/180915-1.jpg) [function.getimagesize]: failed to open stream: No such file or directory in /home/wasedasports2013/www/wasedasports/wp/wp-content/themes/waseda20140108/twitter-card.php on line 44
メニュー

卓球部

2018.09.15

秋季関東学生リーグ戦 9月15日 埼玉・所沢市民体育館

快勝で無傷の3連勝!

 秋季リーグ戦は2日目に入り、埼玉工業大との3戦目に挑んだ。普段のオーダーとはやや異なるオーダーで臨み、硴塚将人(スポ3=帝京/エリートアカデミー)が敗れたものの他の選手がカバーし勝利。戦績を3勝無敗とした。

 男子の初戦は五十嵐史弥(スポ1=石川・遊学館)。1ゲーム目は相手の素早い攻めに対応できなかったが、後半以降はラリー戦を軸に展開し勝ち切った。2番手には硴塚が出場し、相手のエースと対戦した。調子のよかった昨日とは打って変わり試合の入りからミスを重ねてしまう。さらに相手の変則的なサーブ、タイミングをずらしたドライブにリズムを狂わされ、2ゲームを取られる。3ゲーム目では台から離れた位置での打ち合いや、カットレシーブなどの台上プレーに活路を見いだそうとするが、うまくいかず、ストレートで敗れた。

初戦でしっかりと勝ち星を収めた五十嵐

 続く3試合目は福田純大(スポ1=福岡・希望ヶ丘)。敗戦から引き継いだこともあり、序盤は消極的な姿勢が目立つ。強打を打ち込まれていたが、戦術を3球目攻撃からの速い攻めに移すと調子を上げていく。フルゲームに持ち込み、最終ゲームではチキータや、レシーブ強打で相手を圧倒。リーグ戦で初となる勝利を挙げた。ダブルスも勝ち最後を託された平野晃生主将(スポ4=山口・野田学園)が自身秋季リーグ初戦を戦った。試合の入りこそ動きが悪かったが、相手に流れを引き渡すことなく粘る。セットカウントが1-1となってからは長所であるカウンター攻撃、チキータを次々に決め試合を終わらせた。

見事な大逆転勝利でリーグ戦初勝利を飾った福田

  2日目が終わった時点で早大は全勝しスタートダッシュに成功。また春は成績が振るわなかった緒方遼太郎(スポ2=東京・エリートアカデミー/帝京)、川上尚也(スポ1=静岡学園)もいまだ負けなしと選手たちの状態も上がってきている。明日は春季リーグ戦で敗れた駒大、明大との2連戦。優勝のために落とせないというプレッシャー、疲労もあるだろうが選手全員で勝利をつかみにいく。

(記事 喜柳純平、写真 大島悠希、吉田寛人)

結果

▽男子 第3戦

VS 埼玉工業大 ◯4―1

○五十嵐史弥3―1小田

●硴塚将人0―3千葉

○福田純大3―2龐

○硴塚・緒方遼太郎組3―1千葉・中村組

○平野晃生3―1大澤

コメント

福田純大(スポ1=福岡・希望が丘)

――リーグ戦初勝利ですが、率直な気持ちはいかがですか

素直に嬉しいです。

――昨日初出場を飾りましたが起用を伝えられたのはいつですか

初戦が終わった後に伝えられました。出られるとは思っていなかったのでビックリしました。

――緊張はされましたか

いや、それほど緊張しなかったですね。

――監督から何か声はかけられましたか

昨日の試合後に、もっとできるということを言われたので、昨日よりも声を出していこうと思って試合しました。

――2セットを先に奪われる展開でした

セットを取られはしたのですが、自分のプレーはそれほど悪くなくて大事なところで強気にいくことができれば逆転できると思っていました。

――ベンチからの声援も大きかったですね

とても力になりました。

――明日以降の意気込みをお願いします

自分は1年生で向かっていく立場なので、全力で向かっていきたいです。