水泳部

2018.09.13

第94回日本学生選手権 9月9日 神奈川・相模原市立総合水泳場

筑波大に敗戦。インカレを4位で終える

TEAM 1P 2P 3P 4P
筑波大 10
早大
▽得点者
田中3、中安1、眞板1、土橋1、樋爪1
 

 日本学生選手権(インカレ)もいよいよ最終日を迎えた。早大は筑波大との3位決定戦に臨んだ。第1ピリオドを制し、好調なスタートを切ったものの第2ピリオドで5失点。後半戦でも巻き返すことはできず、敗北を喫した。

円陣を組み、気合を入れる早大

 早大ボールから始まった第1ピリオド。開始1分、土橋玄(教2=埼玉・秀明英光)がカウンターから先制点を決める。その後1点を返されたものの、田中要(スポ2=埼玉・秀明英光)が2点目を決め、2-1で第1ピリオドを制した。しかし第2ピリオドが始まると状況は一転。相手の攻撃に対し粘り強い守備を見せるも隙をつかれ、失点が重なる。さらにはシュートを放ってもなかなか決まらず、第2ピリオドでの早大の得点は眞板晃生(スポ3=東京・明大中野)の1点に留まった。

 3点差をつけられて迎えた後半戦。中安正己(スポ4=静岡・磐田南)が相手選手2人のディフェンスを振り切りシュートを決め、第3ピリオドにおける先制点を奪う。しかしその直後ゴールを献上し、点差は再び3点へ。この追いつ追われつの展開は最終ピリオドまで続き、早大は追いつくことができないまま試合終了。3日間に及ぶ熱い戦いに幕を下ろした。

ゴールを狙う相手を前に、全力で守った

 インカレ4位という結果。昨年はメダルを手にしただけに、その悔しさはひとしおだろう。しかしこの後には日本選手権最終予選会も控えている。日本選手権出場に向けて、立ち止まることなく前を向いて突き進んでほしい。

(記事 池田春花、写真 佐鳥萌美)

※掲載が遅くなり、申し訳ありません

コメント

中嶋孝行監督(平13教卒=福岡工)

――まず3位決定戦前に意識していたことを教えてください

3位になることしかイメージしていなかったですけどね。大差で勝つことはあり得ないので、接戦になるってことは意識していたので、やっぱりディフェンスで、セットでうちが点を大量に取れるチームじゃないのでしっかり守ってカウンター、堅守速攻っていうのを選手も全員意識できてたのかなと思いますし、チームとして意識していましたね。

――筑波大はリーグ戦で勝てなかった相手ですが、どんな作戦を立てていましたか

もうベーシックに、相手のセンターフォワードも強いので、しっかりセンターバックは守って、ひとりで守れなければ周りがカバーして、マイボールになった瞬間から全員でいく、もうその意識だけです。

――リーグ戦では7-12だったのに対し、今回は7-10でした。点差が縮みましたが良かった点はありますか

最後までしっかり泳げていたのかなと思います。あとはやっぱりディフェンスの意識はできていたのかなと思うので、そこは本当によかったと思います。

――第2ピリオドで失点が目立ちましたが、原因は

ちょっとしたところだと思うんですけど、別に相手から綺麗に点を入れられたっていう形ではなくて、バタバタと流れの中でラッキーなシュートもあったかと思うので、あえて悪かったってところはなかったかなと思うんですよね。あまりそういうところは感じられなかったですね。とはいえ中にちょこちょこアンラッキーなシュートを入れられていたので、そこをもっとボールにしっかり積極的に当たりにいくとか、そういうところが意識できていればもう少し失点は防げたのかなと思います。

――この4位という結果をどう受け止めますか

昨年と比べると順位を1つ落としているので結果としては悔しい結果だったと思います。

――日本選手権最終予選に向けて意気込みをお願いします

1位通過目指してしっかり頑張ります。

吉村崇主将(スポ4=大分商)

――筑波大とはリーグ戦でも対戦しましたが、対策は何かありましたか

実は筑波大とは夏休み中に5、6回ほど練習試合を行なっていて、相手のやってくること、攻撃、ディフェンスすべてのことをお互いに知っていたので、その中でどういった崩しができるかであったり、相手のゴールキーパー、そしてフローターをどうやって抑えるかを全員では考えていました。決めるところを決めて守るところは守って、丁寧にプレーをするというのが対策ではありました。

――きょうの試合の中で良かった点は

良かった点としては、総合的な失点数が少ないというのと、基本的にピリオドで先制点を取れたっていうのはすごく大きくて、試合運びはすごく楽ではありましたが、シュートミスやパスミスっていうのがまだまだありましたので、良かった点というのはあまりないですね。

――第2ピリオドでの失点が結果に響いてしまいましたがどのように振り返りますか

結果的に見れば第2ピリオドが5失点というもので影響されたと思うんですが、第2ピリオドだけで言えば、相手のカウンター、そしてフローターを抑えることができなかったっていうのが大きくて、強いフローターをひとりで守ってしまってそのまま失点に繋がってしまった、またうちのシュートミス、パスミスから相手に楽な状況でシュートが決められていて、立て直しができなかったというのが結果的に悪い部分ではあったと思います。

――インカレを終えてみて、今のチーム状況を教えていただけますか

得点力はあるチームだと改めて思っています。ディフェンスも個々の能力は高いと思っています。ですが要所要所で、大事な場面で相手に失点をしてしまう、パスミスであったりシュートミスがあり続けることは、これから先、日本選手権予選においても繋がってくるので、ミスをなくすというのは厳しいと思いますが、安定したディフェンスとオフェンス、得点力と守備力でやっていくことがこれから先にも繋がってくると思います。

――日本選手権最終予選に向けて、意気込みをお願いします

最終予選は社会人チームも参加していて厳しい道のりだと思っています。ですが、このインカレの悔しさを忘れずプレーして(日本選手権に)出場することは難しくはないと思っています。また改めてこの1週間でチームとしての攻撃、守備の反省を次に活かしていきたいと思っています。絶対出場したいと思っています。