ホッケー部

2018.09.11

関東学生秋季リーグ 9月9日 神奈川・慶大日吉グラウンド

秋リーグ初白星、大きな勝ち点

 関東学生秋季リーグ(秋季リーグ)二戦目となった駿河台大とのゲームは上位リーグに進出するためにも勝つことが条件だった。早大にとっては相性の良い相手出会ったが、「油断せずに戦った。」と原聡監督が振り返るこの一戦は早大のペースで進められた。第1クオーター(Q)は無得点だったが第2QでFW糸賀俊哉主将(スポ4=島根・横田)がシュートを決めリードし試合を折り返すと第4QでDF中嶋鍊(スポ3=島根・横田)が2点目を決め秋季リーグ初勝利を飾った。

 早大のセンターパスで幕を開けたゲームは早大が積極的に攻撃を仕掛ける。開始直後FW大野誠弥(政経3=東京・早大学院)からFW清水拓登(スポ2=滋賀・伊吹)が敵陣に攻め込みシュートを打つがここは惜しくも外れてしまう。先週春の王者・法大と好ゲームを繰り広げた駿河台大も食らいつく。第1Q中盤相手選手が一気に駆け上がるがDF依田星也(商2=東京・早大学院)が好守を見せる。終盤相手の攻撃をカットしDF湯本修嗣(政経3=東京・早大学院)からFW大野にパスが繋がるとサークルに侵入し、直接シュートは打つことができないものの相手のミスを誘いペナルティーコーナー(PC)を獲得。しかしここはものにできず0対0で第1Qを終えた。第2QではDF湯本が起点となり好機を演出するもゴールとならない。直後FW糸賀主将がボールを持つとドリブルで相手をかわし思わず観客から歓声が上がるような華麗なシュートを決めた。

先制点を奪い笑顔をみせた選手たち

 1点リードしても迎えた試合後半。得点の機会を一気にひっくり返され攻められる展開を迎えるがGK山本健悟(スポ3=滋賀・伊吹)の堅い守りによって難を逃れる。駿河台大もシュートを打つ場面もあるが決定力を欠き試合は均衡する。第4Q前半、早大は連続してPCを獲得するが相手キーパーを前にゴールネットを揺らせない。このまま試合終了かと思われたが、早大は5回目のPCをものにする。パッサーからボールをDF中嶋がしっかりと決め相手を突き放し2対0で勝利した。

PCから得点したDF中嶋(右)

 駿河台大から得た勝ち点3は上位リーグに進むためにも大きい。勝利にも「攻める中で詰めのところが課題」(原監督)と表情を引き締める。次戦は関東学生春季リーグを制覇した法大だ。リーグ優勝へ向けて弾みをつけるためにも非常に重要な一戦となるだろう。2週間後、課題を克服しステップアップしたチームを見るのが楽しみだ。

(記事 新藤綾佳、写真 芦澤りさ、山本野乃)

結果
TEAM 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
早大
駿河台大
コメント

原聡監督(昭59理工卒)

――試合を終えて率直な感想はいかがですか

春はこちらの方が上位でしたし昨年も勝っているので勝たないといけない相手なのですが、相手も先週はいい試合をしていますし油断をせずに戦いました。

――試合を振り返っていかがですか

相手の出方も大体は予定通りでしたので、それに合わせて準備をしてきたつもりでした。しかし攻める時間はあったのですが、シュートを打つというか、サークルに入るというか、そういったところが少なかったので、詰めのところが課題になったかなと思います。

――相手の攻撃面は抑えられた印象でした

カウンター気味にくるであろうということで、強いボールや上を越えてくるボールを予想して、練習から準備をしていたのでそこはできたのですが、何本か後ろをとられてしまった場面があったので、ほぼできてはいたのですが完璧ではないといったところですね。

――次戦は重要な試合となります。秋の2試合を踏まえて、今後取り組みたいポイントはありますか

ちょっと楽に戦ってしまった部分があって、もう少し早いペースの試合をできないといけないですし、春はその中で活路を見いだした部分もあったので、厳しくはなりますけども自分たちでもそういった試合をつくっていって、結果的に得点も増やしていきたいと考えています。

FW糸賀俊哉主将(スポ4=島根・横田)

――今日の試合を振り返っていかがですか

今日の試合の目標は、駿河台に勝つということだったのですが、結果的に2点取れたので良かったです。

―選手の交代の多い試合でしたが、戦っていく面でどうでしたか

夏の期間に1年生をフォワードを中心にしっかり育てたので、3人のフォワードが常に元気でいられるよう、1年生を短いスパンではあるけれど、少しずつ出すようにしていました。

――1点目を決められていましたが、プレーを振り返ってみていかがですか

試合前のミーティングで、相手はハーフプレスでくるということで、なかなかスペースがないので、どんどん外から打ち込んでいこうと話していました。自分としては打ち込んできたボールをそのままタッチするか、こぼれ球を狙おうと思っていて、こぼれ球狙ってシュートできたので良かったです。

――法政戦に向けてひとことお願いします

次の農大対法政の試合結果によりますが、自分たちは法政に勝てば、1位か2位で上位リーグに進むことができるので、また、勝ちを目標にやっていきたいです。

DF中嶋鍊(スポ3=島根・横田)

――きょうの試合を振り返ってみてはいかがですか

きょうは対策をしっかりとみんなでミーティングして、相手の作戦を止めるという同じベクトルを向いてやっていたので失点など危ない場面はほぼなく安心した試合運びがチーム全員でできたと思います。

――駿河台大と対戦してみての印象はいかがですか

後ろのバックラインのスクープがケタ違いでした。関東で1番くらいスクープが飛ぶ選手が揃っているので、スクープが強いチームという印象でした。またハーフプレスでひいてきてカウンターという戦術だなという印象を受けました。

――秋季リーグの目標のためには負けられない試合でしたがチーム内で意識したことなどはありましたか

先ほど述べたように相手の攻撃の起点となるスクープなどをしっかり止めていく、打ち込みに対してのファーストプレッシャーをしっかりいくという決め事を実践することができ自分たちペースの試合になったと思います。

――ペナルティコーナー(PC)から2点目を決められましたが、その場面を振り返ってはいかがですか

素直に嬉しかったです。自分どうこういうより、みんなが獲得してくれたPCなのでしっかり入って良かったです。

――秋季リーグの個人目標などがありましたら教えてください

個人的な目標というよりはリーグ戦優勝です。去年、山梨学院大と0対1という紙一重な勝負をしているので法政大も強いですが勝ちきれるようにフリックで得点することもディフェンスで最終ラインとしてゴールを守ることももちろんのことですが、優勝することが第一の目標です。

――次戦へ向けての意気込みをお願いします

次も決めたいと思います。絶対に勝ちきって予選リーグ1位で突破して決勝に弾みをつけるためにチーム全体で頑張っていきたいです。