準硬式野球部

2018.09.11

東京六大学秋季リーグ戦 9月8日 早大東伏見グラウンド

久郷好投!打線も奮起し勝ち点奪取/東大2回戦

東大2回戦
早大 10
東大
(早)〇久郷、今井、江藤、大津-吉田
♢(本塁打)永井(4表、7表)、中村大(4表)、久郷(6表)

 勝てば勝ち点奪取となる東大2回戦。この日は打線が爆発した。4回、永井隆太(スポ4=石川・七尾)と中村大輔(商4=東京・早大学院)に2者連続本塁打が飛び出し、先制に成功。その後も得点を重ね、合計10得点を奪った。一方投手陣は、先発・久郷太雅(創理3=静岡・沼津東)が6回無失点と好投。久郷の後を継いだ救援陣もリードを守り、10―1で大勝した。

  3回まで早大打線は積極的に振りにいくも、東大先発・渡邊雄太(4年)をなかなか捉えられずにいた。しかし4回、この回先頭の森田達貴主将(スポ4=埼玉・県立浦和)にチーム初安打が出る。続く打席には3番・永井。「後ろにつなぐ意識で」(永井)。大振りをせずに、2球目の高めに浮いた甘い球を確実に捉えると、打球は左中間フェンスを越えた。会心の2点本塁打で先制に成功。さらに、続く4番・中村大にも左越え本塁打が飛び出した。2者連続本塁打で主導権を握った早大。それ以降も得点を重ねた。6回に久郷の右越え2点本塁打、7回には永井のこの日2本目となる本塁打で中押し。8回には四球と内野安打で好機をつくると、代打・宮崎翔(商2=埼玉・早大本庄)の犠飛、そして1番・今駒顕二郎(教4=東京・早大学院)の中前適時打で追加点を奪取。9回にも2点を加え、14安打10得点と力強さを見せた。

この日2本目の本塁打を放つ永井

  この日先発のマウンドを託された久郷は好調だった。キレのある真っすぐを中心にチェンジアップなどの変化球を絡め、相手打線を手玉に取る。6回を投げて2安打無失点と東大打線につけ入る隙すら与えなかった。先日行われた清瀬杯第50回全日本大学選抜ではベンチ外に甘んじた久郷。その悔しさを晴らすように見事な投球を披露した。7回はルーキー今井佑哉(社1=東京・早実)が登板するも、先頭打者から連打を浴びいきなりピンチを迎える。1つアウトを取った後に犠飛を浴び、1失点。後続は冷静に打ち取り、まずまずのデビューとなった。8回と9回は、今井の後を任された救援陣がそれぞれ無失点で切り抜けた。

好投を見せた先発の久郷

  東大に貫録の大勝を収めた早大。打線の好調ぶりもうかがえたが、この日は久郷のすばらしい投球が光っていた。エース杉山周平(教3=神奈川・山手学院)に次ぐ第2先発が出てくれば、優勝への望みは現実味を帯びてくるだろう。次週の相手は東京六大学春季リーグ戦の優勝校・法大。今大会一番のヤマ場を迎えることとなるが、全員野球で粘り抜き、なんとか勝ち点獲得にこぎつけたい。

(記事 石﨑開、写真 金澤麻由)

★二人で狙え!3割打者

 その堅実な守備でワセダを支える正捕手・吉田龍平(スポ3=東京・小山台)。1年生の頃から上級生を抑え、主力として活躍してきた。そんな吉田が今季狙うのは打率3割超えだ。入部した頃はあまり打撃がうまくいかなかったようだが、この春は大きく成長。打率3割超えはかなわなかったが、高校時代からの先輩である諏訪健太(スポ4=東京・小山台)も「バッティング面でもかなり龍平(吉田)は成長していて」と、その成長を評価している。

 そしてなにより、吉田には心強い味方がいる。1学年上で、4番を打つ中村大輔(商4=東京・早大学院)だ。普段から吉田の打撃指導をする中村大。この夏の清瀬杯第50回全日本大学選抜の時も吉田の部屋まで来て、打撃の話をしたという。秋季リーグ戦でも打席に入る前の吉田の元へ駆け寄る中村大の姿が見られ、まさに二人三脚で打撃向上に挑んでいるのだ。「秋には吉田が3割を打つと思うので期待していてください」と夏の対談で中村大が言ったことからも、その期待が伺えるだろう。中村大の熱心な指導もあり、吉田はこの夏、春よりも打撃で勝利に貢献。その打撃は春からも進化している。吉田にはこの秋以降も3割を狙う機会があるが、中村大と過ごすリーグ戦はこれが最後。尊敬する中村大のためにも、もちろんチームの9季ぶりの覇権獲得のためにも、この秋に目標の打率3割を達成したい。秋季リーグ戦では吉田の一振に期待だ!

頼れる先輩中村大(左)と優しい吉田。二人で吉田の3割超えを目指す

(記事、写真 金澤麻由)

コメント

永井隆太(スポ4=石川・七尾)

――きょうの打席を振り返ってみていかがですか

序盤の1巡目では完璧に抑えられていて接戦になるのかなという中で、回ってきた2打席目以降は甘い球は逃さないという意識を続けていました。

――皆さん積極的に振りにいっていたと思いますが、チーム全体としてそういう意識があったのですか

そうですね、結構全体的に結構フライが上がってて、そういう印象はあったかもしれませんが、打つべき球は間違っていないというのはチームで徹底していたので、あれは悪くなかったのかなと思っています。

――最初の本塁打を打った球は何ですか

インコース高めの多分変化(球)だったと思うんですけど、抜けてきた甘い球という感じでそれを打てたのは良かったです。

――先制点が欲しい場面だったと思いますが、どのような意識を持って打席に入りましたか

一発を狙ったとか(の意識)は全くなくて、それこそ後ろにいる4番バッターの中村(大)につなぐ感じで。あと5番の徳島(有樹、スポ4=早稲田佐賀)もかなり当たっているので、そこにつなぐバッティングができればいいかなというのが、たまたまヒットの延長がホームランになったという感じでしたね。

――本塁打を2本打たれましたが、調子はいかがですか

2本目のホームランは自分でもよく分かりませんね。チームメイトからも「神風だったな」という感じだったので、僕もそうなのかなと思っていて。なので1打席目いい感じで打ったのを継続できればなという感じですかね。

――来週の法大戦はヤマ場になると思いますが、意気込みをお願いします

春リーグ(東京六大学春季リーグ戦)で負けて悔しかったし、法政に勝たなければ優勝はないと思っているので、必ず勝ち点を取って、さらにいい感じの波に乗って優勝を目指していきたいと思っています。

――打撃で意識している点は

基本的に意識していることは変わらないんですけど、後ろにつなぐバッティングというのと甘い球は絶対逃さないという、この2点で頑張っていきます。

久郷太雅(創理3=静岡・沼津東)

――きょうの投球を振り返っていかがですか

序盤からストレート先行でいけたので、それでリズムを作ることができたと思います。

――きょう有効に使えた球は何ですか

そうですね、基本的には真っすぐがとても走っていたので、それを中心に組み立てて、最後はチェンジアップで打ち取る、という自分のいい時のパターンが作れたので良かったです。

――きょう調子はいかがでしたか

良かったですね。

――先週の清瀬杯第50回全日本大学選抜ではベンチ外でしたが

本当に悔しかったです。チームは優勝しましたが、自分としては清瀬杯中もずっと悔しくて。この悔しさを忘れずに今後やっていこう、と気持ちを持っていけたのは良かったと思います。

――秋季リーグ戦は第2先発としていかれるということでしょうか

まだ確定はしていない状況なので。きょうこうしていいピッチングができたので、もし今後も使ってもらえるようであれば、いいかな、と。

――きょうの本塁打を振り返ってみていかがですか

きのう杉山(周平、教3=神奈川・山手学院)が打っていたので(先制適時打)、ちょっと負けられないな、という気持ちもありました。本職は投げることなので、そっちに集中してバッティングは打てたらいいな、という感じです。

――次週は春の王者・法大との対戦ですが、意気込みをお願いします

法大はとても強敵ですが、逆に言えば、法大に勝つことができれば本当に勢い付くと思います。もし投げることがあれば、自分のピッチングをして勝利に貢献したいです。