剣道部

2018.09.11

関東学生優勝大会 9月9日 日本武道館

健闘するも全国の出場権は得られず

 夏の強化期間を経て、満を持して挑んだ関東学生優勝大会(団体戦)はシードで2回戦からの出場。5月に行われた関東学生選手権(関東)に出場した安井奎祐主将(スポ4=茨城・水戸葵陵)が「本番は団体戦」と語ったように、早大剣道部がこの大会にかける思いは強かった。果敢に攻めて最後まで諦めない剣道をするが、一度も白星を挙げることなく全日本学生優勝大会への道は閉ざされてしまった。

相手の動きを見極める秋山

 先鋒の丸田大輝(法4=東京・早大学院)は序盤から声を出して前から攻めにいき、積極的な剣道を見せた。相手の動きをしっかりと見極めて受け身になることなくメンを打って勝負に出る。しかし惜しくも決まらず、勝って良い流れを手に入れたかった初戦はそのまま試合終了。次鋒の鈴木涼也(社1=佐賀・龍谷)は相手との距離を慎重に取りながら一瞬の隙を狙ってドウを打つが、簡単には決めさせてもらえない。吉村逸平(社2=東福岡)と中嶋優樹(法3=東京・国学院久我山)の2人も最後まで粘って技を仕掛けにいくもなかなか勝負はつかず、両校とも焦りが見え始めた。

 迎えた5試合目、三将の藤田啓人(スポ2=東福岡)は試合開始直後から激しく攻めにいくが早々にメンを決められてしまう。その後は旗が一本上がり、藤田が流れを取り戻してきたかのようにも見えたが健闘は及ばず。この時点では「まだ返せる」(丸田)と勝利を諦めていなかった早大は副将の秋山健太(スポ3=福岡大大濠)に期待がかかる。相手の動きに動じず、自分の剣道を貫き通した秋山に会場からは歓声や拍手が聞こえた。終始有利な状況に見えたものの、ここでも白星を挙げることなく試合結果は大将の安井に委ねられた。「絶対に私が取らないといけない」と緊張感が高まる最後の一戦。持ち前のスピードを生かし、夏の間に取り組んできた確実な一本を取ることに全神経を集中させた。メンやコテを狙うが、流経大の中根大将も負けじと激しい打ち合いに。次につなげるためにも何が何でも勝たなければいけなかったが、試合終了間際にメンを決められてしまい早大は2回戦であっけなく散ることとなってしまった。

激しい打ち合いをする安井

 予想外の結果に試合終了後、あぜんとした様子の早大剣道部。会場から去っていく足取りは重く、今大会にかけている思いが強かっただけにショックは大きい。しかし「個人個人としては攻めていて、決して実力が出せなかったわけではない」と丸田が試合後に語るように内容は悪くなかった。気持ちを切り替えて約1カ月後に行われる早慶戦では、一本を確実に取り切って勝ってほしい。

(記事、写真 大山遼佳)

結果

2回戦 ●早大0(0)-(2)2流経大

先鋒 丸田  ×  園田

次鋒 鈴木  ×  今野

五将 吉村  ×  冨樫

中堅 中嶋  ×  長須

三将 藤田  ―メ 中根

副将 秋山  ×  鳥部

大将 安井  ―メ 中根

コメント

安井奎祐(スポ4=愛知・水戸葵陵)

――今大会に向けて準備してきたことを教えてください

個人的な力はあまりないので最後までチームとして戦って、後ろに回すことを意識してやってきました。

――チーム全体の雰囲気はいかがでしたか

2週間前からとてもいい雰囲気で、全員の調子がとても良くてやれることは全てやってきたという感じでした。実際にきょうの試合を見ていて出せる力は出していたし、言うことはないです。

――個人としての内容はいかがでしたか

絶対に私が取らないといけないところだったのですが、自分の実力が足りませんでした。逆に取られてしまい、この結果は完全に自分の責任です。普通に試合をしたら取れない相手だったので、何が何でも勝ちにいこうという強い気持ちで臨みました。

――今のチームの状況はいかがでしたか

今年負けて来年のシードもなくなってしまったので、全員がもう一段階レベルをあげないと厳しいと思います。

――早慶戦に向けて意気込みをお願いします

全日本がないので早慶戦に全てをかけて絶対に最後は勝てるように気持ちを切り替えてチームを引っ張っていきたいと思います。

丸田大輝(法4=東京・早大学院)

――今大会に向けて準備してきたことを教えてください

一本をどう取るかを考えて部員一丸となって夏合宿の前の強化練習と夏合宿で集中的に取り組みました。とにかく一本を取ること、気持ちで負けないことを意識してやってきたつもりです。

――チーム全体の雰囲気はいかがでしたか

雰囲気自体はとても良かったです。心を一つにして絶対に勝とうという気持ちが全員にありました。

――相手の印象はいかがでしたか

相手は初戦で試合をしてきて、強い相手に勝ってチームの流れは良かったのだと思います。

――どういった気持ちで試合に臨みましたか

先鋒だったので流れを作らなければなりませんでした。とにかく気持ちでは相手に負けないように声をしっかり出してチームを盛り上げる剣道をしました。

――個人としての内容はいかがでしたか

自分としては納得のいく内容ではなく、もっともっと自分から攻めてチームを鼓舞できる試合ができていれば結果は違ってきたかと思います。

――チーム全体としての内容はいかがでしたか

個人個人としては攻めていて、決して実力が出せなかったわけではないと感じています。勝負の世界なので、相手に一本拾われてそれを取り返せなかったという試合の結果を真摯(しんし)に受け止めるしかないです。チームとしては一本取られた時点ではまだ返せると思って、最後まで諦めずにいました。

――早慶戦に向けて意気込みをお願いします

今回この段階で負けて全日本学生優勝大会に行くことができなくなってしまいました。早慶戦で負けるということは考えられないので、勝利だけを考えて気持ちを切り替えて一から部員全員でやっていこうと思います。