ラクロス部

2018.09.10

第31回関東学生リーグ戦 9月8日 東京・国際基督教大フィールド

リーグ戦初白星 ファイナル4へ望みをつなぐ

前半 後半
早大
東農大
▽得点者
永廣3、秋山、山田、那珂、吉田

 関東学生リーグ戦(リーグ戦)2連敗を喫し、後がないまま挑んだ3戦目となる東農大戦は、7−3と点差を大きく広げ、見事リーグ戦初勝利を飾った。前半、立ち上がりから2点を相手から奪う好スタートを切った早大。途中、相手のフリーシュートなどにより2失点するものの、攻めの姿勢を崩さず着実に点を入れ返していく。前半終了間際、AT那珂春稀(社3=東京・大妻多摩)のゴールも生まれて5−2で前半を終えた。後半、攻防が続き6−3となるが、AT吉田なつ湖(スポ4=東京・明星学園)によるシュートが決まり7−3と相手を引き離す。残り3分、相手の攻撃が強まりピンチを迎える早大だったが、G稲田初絵(スポ3=東京・国分寺)を中心に全力で守り切り、結果7−3で勝利をつかんだ。

 「ワセダいつも(試合の)入りの失点が課題だったんですが、きょうは入りからすぐ1点取ることができました」と稲田が振り返るように、立ち上がり1分にMF永廣めぐみ主将(スポ4=米国・ラファイエット)が左サイドからのシュートを決め1点を相手から奪い、その流れでもう1点を加点。連敗した過去2戦で浮き彫りになった課題を乗り越えられたことがうかがえた。5分、G向山雛乃(スポ4=東京・小山台)が守り切れず失点する場面もあったが、早大は相手のファウルによるフリーシュートをMF秋山瑠奈(スポ4=神奈川・相模原)が決め、着実に1点を刻み込んだ。失点しても攻めの姿勢を崩さない冷静さを保ち、また、これまで練習してきたライドを確実に決めて流れをつかんだ早大は5−2で前半を終えた。

ゴール、アシスト、ドローと活躍した山田

 後半、双方の激しい攻防続いていたが、5分にゴール裏から放たれたAT山田美帆(社4=米国・サウスブランスウィック)のパスを生かし、永廣がシュートを決め、6−2とした。14分、相手に1点を入れられるものの、18分にゴール裏からのパスから吉田がランニングシュートを決め、7点目を刻んだ。残り3分となると相手の攻撃が強まり、守備のミスが現れ始め、失点のピンチを迎えてしまうが、稲田を中心に最後まで守り抜き、結果7−3で見事勝利を収めた。

攻撃の軸として3得点を決めた永廣

 「絶対にこの試合は圧勝してワセダの強さを出して勝ち切ろうと思っていて、最初にワセダがしっかりと点を取って流れを持ってこれたのが良かったです」と永廣が振り返ったように、やはり前半の立ち上がりでの得点が今回の勝利のカギとなったようだ。今までの反省が生かされ得たこの勝利によって、関東学生リーグ戦ファイナル4への望みををつないだ早大。残る法大戦、慶大戦でもこの勢いで勝利をつかんでほしい。

(記事 栗林真子、写真 芦澤りさ、細井万里男)

コメント

MF永廣めぐみ主将(スポ4=米国・ラファイエット)

――リーグ戦初勝利となりました

2戦連続で負けてしまって、絶対にこの試合は圧勝してワセダの強さを出して勝ち切ろうと思っていて、最初にワセダがしっかりと点を取って流れを持ってこれたのが良かったです。あとは、コーチがオーストラリアに行っていて、ここ数週間は学生で組み立てたりしていて、自分たちでしっかりと考えて今まで練習もできましたし、試合にも取り組めたのがすごく良くて、帰ってきたコーチも含めて全員で戦えたのが良かったかなと思います。

――きょうの試合では短いバスで相手のマークをずらしながら攻撃ができていたように思います

攻めつつパスをさばいて、もらう側もディフェンスからずれた位置でもらおうという話をしていたので、戦術通りにいけたと思います。

――ライドがはまる時間も目立ちました

クリアライドもずっと練習してきて、ライドが特にはまってくれて、そこで最初にワセダの流れをつかめたと思います。

――試合終盤に攻め込まれてしまった点はいかがですか

流れを持っていかれた時に軌道修正をするのが自分たちは下手で、ATの方につながらなくて、DFの方で何回も奪われてしまったので、特に4年生のプレイヤーがフィールド内でちゃんとゲームを読んで、流れをつかめなかったのが一番反省しなくてはいけないところです。

――最後に来週に控える法大戦に向けて一言お願いします

あと2戦残っている中で、圧勝して勝たなければいけないチームなので、自分たちの強さを出して、しっかりと勝ち切ろうと思います。

AT山田美帆(社4=米国・サウスブランスウィック)

――今回の試合を振り返ってみていかがですか

まずはやっと初勝利を挙げることができて、安心してほっとしています。自分たちが練習してきたことができた面もあったし、逆に修正がまだ必要だなと思うこともあったので、今回の試合は次につなげられる試合になったなと思いました。

――過去2戦はドローで苦戦していましたが、今回は早大がドローを取る場面が多かったと思います

みんなのボールへの執着心がすごく見られたと思っていて、サークル内のボールは絶対に取り切るということを決めていたので、そこができたのがすごく良かったなと思います。

――ゴール裏からのパスが得点の起点になるシーンが多かったと思われます

練習でやってきたことをやっただけなので、いつも通りという感じで得点を積み重ねることができました。自分も安心してパスを出せたし、みんなも安心してショットを決めることができたなという感じでした。

――今後の試合に向けての意気込みをお願いします。

次の法大戦は勝ち切るしかないので、前を向いて、きょうの試合の反省点も踏まえて、どんどん練習していって課題をつぶしていきます。

G稲田初絵(スポ3=東京・国分寺)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

ワセダはいつも(試合の)入りが課題だったんですが、きょうは入りからすぐ1点取ることができました。最初ちょっとバタバタしていましたけど、ワセダの流れで試合ができたので良かったと思います。

――きょうのディフェンスの出来はどうでしたか

みんな連係していて、すごいナイスディフェンスだったと思うのですが、最後残り3分くらいは自分のミスですごく危なくて。でもなんとかしのげたので、自分の課題ではあるのですが、あそこをしのげたのは良かったと思います。

――最後に法大戦に向けて一言お願いします

ワセダがファイナル4(関東学生リーグ戦ファイナル4)に進むためには得点差をつけて勝ち切らなければいけないので、今回出たいい所も悪い所もちゃんと反省して、次に生かして法大戦しっかり勝ち切りたいと思います。