バスケットボール部

2018.09.09

関東大学女子リーグ戦 9月9日 栃木・白鷗大大行寺校舎

連戦の疲れにも屈せず2校目も両日勝利!

 きのうの日体大戦から一夜明けてきょうも再び日体大との一戦に臨んだ。連戦による疲れが見え始め、前半は苦しい時間帯が続いた。C田中真美子(スポ4=東京成徳大)は「きのうと比べてマイナス10点くらい」と語ったが第2Qで失速して来た今までの3試合に対し、きょうは第2Qから尻上がりに調子を上げていった。きのうよりはロースコアとなったが約20点差をつけて4戦目も白星で飾った。

 第1Qは日体大に先制点を許し早大が追う形で始まった。日体大のシュートがゴールに吸い込まれていく一方で早大の放つシュートはゴールに弾かれてしまう。連戦のためか選手たちの表情には少し疲れも見えたが早大はG高田静主将(スポ4=山形市立商)とC中田珠未(スポ3=東京・明星学園)の得点でじりじりと詰め寄っていく。約5分経過時点で田中のゴール下シュートで9-8と逆転すると猛反撃を始める。中田がスリーポイントを沈めアジア競技大会でさらに磨きをかけたアウトサイドのプレーも披露するなど波に乗るかと思われた。しかしそう簡単に負けていられない日体大が必死に食らいつき、2点差で第1Qが終了。第2Qはきのうと同じくディフェンスリバウンドに苦戦する時間帯があったが、我慢し続け少しずつ点差を広げていく。前半の最後の最後までディフェンスリバウンドに手こずったがノータイムでF澁谷咲月(スポ3=大阪薫英女学院)がスリーポイントを決め44-31で折り返した。

ゴール下でもスピードのあるプレーで圧倒する中田

 きのうとは違い早大の流れで迎えた第3Q、先制点こそ日体大に取られたが立て続けに早大が得点を重ねていく。田中のパスカットの後に中田がゴール下でシュートしたり澁谷の粘り強いディフェンスの後にF内山未悠(社3=愛知・桜花学園)がミドルシュートを決めたりとディフェンスから自分たちの得点につなげる流れを作った。F細貝野乃花(スポ3=愛媛・聖カタリナ)のスリーポイントやG長谷川玲子(社4=福井・足羽)のドライブインも決まり16点差で最終Qへ。田中と中田のセンターコンビによる得点から始まった最終Q、途中でパスミスが連続するなど危うい場面もあったがすぐに立て直す。オフェンスリバウンドにも全員が積極的に飛び込み気づけば点差は30点に。後半は完全に日体大が追いかける展開となり最終スコア83-64で勝利した。

ディフェンスでチームにリズムをもたらす澁谷

 今大会初めて第2Qを制した。未だ選手の中ではリバウンドなど課題が残っているが一戦一戦を通して改善されていっていることは間違いない。次戦の相手は拓大で簡単な戦いにはならないがワセダのバスケを貫いて是非勝利を収めてもらいたい。

(記事、写真 阿部かれん)

第68回関東大学女子リーグ戦 9月9日(vs日体大)
   1Q 2Q 3Q 4Q 合計

早大

21 23 17 22 83
日体大 19 12 14 19 64
◇早大スターティングメンバー◇
G#21 高田静(スポ4=山形市立商)
C#14 田中真美子(スポ4=東京成徳大)
F#23 澁谷咲月(スポ3=大阪薫英女学院)
C#33 中田珠未(スポ3=明星学園)
F#37 内山未悠(社3=愛知・桜花学園)
コメント

C田中真美子(スポ4=東京成徳大)

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

きのう戦ってみて自分たちのミスの後にやられてしまっているという反省があったんですけど、それを絶対やらせないという指示を受けてみんなで徹底してやろうってなったんですけど、そこをまたきょうもやられてしまって、相手にやられたというよりも自分たちで崩れてしまって自分たちのいいペースに持って行くことができなかったので、最終的には20点差ついたんですけどたくさん課題が残る試合だったかなと思います。

――きのうと比べてきょうの試合に点数をつけるとしたら何点でしょうか

マイナス10点くらいかなと思います。改善できていた部分もありはするんですけど、チームとしてこれはやらせないというのを徹底しきれなかったのはきのうよりもダメでした。

――リーグ戦でずっと課題に挙げられるリバウンドについて

きょうも取りきれなかったりとかボックスアウトを徹底してなかったところとかあるので、正直今回の相手は身長があまり大きくなかったりとかガツガツ飛び込んで来ないチームだったにも関わらずやられてしまったので、この意識のままだと上に行けば行くほどもっとリバウンドやられてしまうと思うので、もっと硬い意識でひとりひとりが責任を持ってやって行くというのをこれからの練習で徹底して行けたらいいかなと思います。

――リーグ戦の第2ピリオドで初めての勝利ですが

それも結構ミーティングとかで出てて、やっぱり1ピリいい形で入れて2ピリで落ちちゃうっていう反省があって、それに関して2ピリの出だしをしっかり意識していこうと言ってきょう実際2ピリ勝てたのでそこはまあ良かったかなと思います(笑)。

――ご自身のプレーを振り返っていかがですか

また決めきれるシュートを落としちゃったりとか簡単なミスとかしてしまったので、最上級生としてもチームを引っ張って行かなきゃ行けない存在なので、簡単なミスとかは改善して、点数取りに行くとかもそうなんですけど声出したりとかみんながやりやすいようにプレーするというのも意識してやって行けたらいいかなと思います。

――次の試合に向けて意気込みをお願いします

次は1週間空いて拓大で結構強い相手になってくるんですけど、相手がどこであろうと自分たちがやって来たバスケをするのが大事だと思うのでまたここから2週間しっかりみんなで練習して一戦一戦勝てるように頑張って行きたいと思います。