メニュー

庭球部

2018.09.09

関東大学リーグ 9月8日 茨城・筑波大テニスコート

全勝は逃すも開幕2連勝!/女子明大戦

 時折吹き荒れる強い風の中、関東大学リーグ(リーグ)第2戦、明大戦が行われた。ダブルスでは1−1とされたものの、シングルスでは下位陣の3人が順当に勝利を収め、合計スコア5−2で快勝。全勝とはならなかったものの、開幕からの連勝を2に伸ばし、次戦の亜大戦へ弾みをつけた。

 開幕戦に引き続きダブルス1を任された大矢希女子主将(スポ4=愛知・名経大高蔵)・上唯希副将(スポ4=兵庫・園田学園)組の強さはこの日も健在だった。ファーストセットを1−1から一気に5ゲーム連取で奪うと、セカンドセットではやや接戦になるも一度もブレークを許さず。貫禄すら漂うストレート勝ちで白星を手に入れた。一方、清水映里(スポ2=埼玉・山村学園)・下地奈緒(社2=沖縄尚学)組は、ファーストセットで6−0と相手を全く寄せ付けない強さを見せたものの、セカンドセットではミスをきっかけに相手に流れを引き渡してしまう。勢いに乗った相手にそのまま押し切られる格好でセカンドセットと最終セットを落とし、今季初黒星を喫した。

惜しくも敗れたが勝利への執念を見せた清水(右)・下地組

 シングルスでは、リーグ戦初出場のルーキー田中李佳(スポ1=兵庫・相生学院)が大活躍を見せる。ファーストセットでは5-1から5-5と追い上げを許すも見事立て直し、7-5で奪取に成功。「ミスが増えた場面もあったが、途中で修正できた」と田中。勢いそのままにセカンドセットを6-1の大差で取り、ストレート勝ちを収めた。シングルス1を務めた清水は、先日の全日本大学選手権(インカレ)で自身を敗退に追い込んだ宮田みほ(明大3年)とのリベンジマッチに挑んだ。「何がなんでも勝ちたかった」と並々ならぬ思いで臨み、気迫あふれるプレーを披露。力強いストロークと果敢なネットプレーで相手を圧倒し、セットをまたいで8ゲームを連取。最終的に6−2、6−1の大差で相手を下し、インカレのリベンジを果たした。主将の大矢、シングルス3の大河真由(スポ3=千葉・秀明八千代)も順当に勝利を収め、合計スコアを5−1とし早大の勝利が決定。しかしその後、シングルス2の上がフルセットの激闘の末、斉藤佳帆(明大4年)に敗戦。インカレで敗れた相手に、またも辛酸を舐めさせられる悔しい結果となった。

得意のフォアハンドで攻める清水。インカレのリベンジを果たした

 全勝とはいかなかったものの、勝つべき人がきっちり勝利を収め、連勝スタートに成功した女子庭球部。「(試合に)出たら必ずチームに一本持って帰りたい」という言葉がルーキーの田中の口から出てきたことから、チームに徹する意識が浸透していることがうかがえる。次戦は選手たちが口を揃えて「カギになる試合」(大矢)、「最初のヤマ場」(清水)と語る亜大戦。慶大、筑波大と強豪校を立て続けに下した今最も勢いのあるチームだ。最初の天王山と位置付けられたこの一戦で、女王の意地を見せつけたい。

(記事 森迫雄介、写真 松澤勇人)

結果

○早大5-2明大



ダブルス1
〇大矢希女子主将・上唯希副将6-1、6-3竹元琴乃・吉田百花
ダブルス2
●清水映里・下地奈緒6-0、3-6、3-6斉藤佳帆・宮田みほ


シングルス1
〇清水映里6-2、6-1宮田みほ
シングルス2
●上唯希副将7-6(7)、3-6、2-6斉藤佳帆
シングルス3
○大河真由6-2、6(5)7、6-1竹元琴乃
シングルス4
〇大矢希女子主将6-4、6-1金山晴菜
シングルス5
○田中李佳7-5、6-1吉田明日香

コメント

大矢希女子主将(スポ4=愛知・名経大高蔵)

――きょうのオーダーはどのような意図で組まれましたか

早慶戦のオーダーと全く一緒で、勝負をしにいったオーダーになりますね。

――ダブルスで一本落とす結果となりましたが

明治は勢いのある選手が揃っていて、私たちも夏の大会で何人もやられているっていうのもあったので、1-1はもちろん覚悟はしてました。取ってほしい気持ちは強くあったんですけど、取れれた二人は頑張っていて、勝つぞという思いが伝わってきたので、悪い流れにはならなかったんじゃないかなと思います。負けはしたけれどいい流れでシングルスにつなげたかなと思います。

――ご自身のダブルスの試合を振り返って

相手は個人戦では組んでないペアで、私たちはずっと一緒に組んでるので、ペアワークの差というか、ペアでできる範囲が私たちの方が大きかったと思います。

――シングルスの試合を振り返って

金山さんはすごくボールが重たくて、すごくハードヒットしてくる選手なんですけど、事前に分析もしていてしっかりつなげてチャンスがあれば自分彼攻められれば大丈夫だという安心感はありました。応援もすごく声を出してくれてたので、それを見てプレーすれば絶対大丈夫だと思ってプレーしてましたね。

――他の選手の試合を見ていていかがでしたか

田中が5-1から5-5に追いつかれながらの7-5でしっかり取ってくれたので、1年生ながらしっかり流れが悪くても取るんだぞという気持ちを前面に出してくれたと思いますし、大河も2セット目取られはしましたけどファイナルはしっかり6-1で勝ってくれましたし、全体的に勝負強さが出てるなと感じました。清水はインカレのリベンジを果たしたいと本人も言ってましたし、ロースコアで勝ってくれたので、今後も続けていってほしいなと思います。

――次戦はヤマ場となる亜大戦です。意気込みをお願いします

カギとなる試合になると思うので、空き日が1日しかないですけど、みんなでしっかり調整して、次は7-0目指してチーム一丸となって戦っていきたいと思います。

清水映里(スポ2=埼玉・山村学園)

――このリーグ戦にはどういった意気込みで臨まれていますか

どこの大学も強いと言われている中、去年ワセダが王座優勝していたとしても、チャレンジャーとして向かっていけたら良いと思っています。4年生のためにも王座の舞台に行けるように全力で戦いたいです。

――きょうはダブルスとシングルスでそれぞれ1試合ずつこなしていましたが、体力的にはいかがでしたか

全然大丈夫でした。個人戦とは違って1ポイントごとに応援してくださったり、サポートの方やボーラーの方がいらっしゃるので、個人戦より力が出せるので。

――ダブルスではファーストセットを取ったものの、相手の勢いに押し切られた格好になりました

6ー0でセットを取った後も全然油断はしていなくて、相手も強かったのでここからが勝負だと思っていたんですが、自分がダブルフォルトをしてしまって、そこで流れが相手に傾いてしまってそのまま負けてしまったという悔しい結果に終わってしまいました。それがあった分、シングルスでは絶対に一本取ってやろうと切り替えて臨めたかなと思います。

――そのシングルスは先日全日本大学選手権で辛酸を舐めさせられた相手でしたが、リベンジを果たしましたね

個人戦のリベンジというよりは『ワセダのために1勝取ってくる』という気持ちの方が大きかったですけど、絶対に何がなんでも勝ちたかったので。絶対に勝とうという一心でパワーを色んな方からもらって頑張りました。インカレで負けた時の反省もしっかり踏まえて臨んだので、テニスもうまくかみ合って良かったと思います。

――次戦以降への意気込みをお願いします

ここから相手もどんどん強くなっていきますし、次戦の亜大戦が最初のヤマ場だと思っているので、ワセダは団結力が強くチーム力もあるので、自分一人の力じゃなく他の人のパワーももらって、出させてもらえた試合ではみんなのために1勝を取ってきたいと思います。

田中李佳(スポ1=兵庫・相生学院)

――リーグ戦初出場となりました。緊張はしましたか

早慶戦の時もあんまり緊張しなかったって言ったんですけど、今回もあんまり緊張しませんでした。してるのかもしれないんですけど、自分の中では気にせず個人戦と同じように試合できたと思います。

――ダブルス1-1の状況で回ってきましたが、プレッシャーは感じましたか

早慶戦でも1-1で回ってきたので、今回もそんなに1-1という数字にプレッシャーは感じずにできたかなと思います。

――相手の吉田明日香選手(明大1年)との対戦経験はありましたか

初めてでした。

――対戦してみていかがでしたか

夏関で早稲田の選手が立て続けに負けてしまった相手で、かなり分析もしてきて、ミスしないタイプというのはやる前から分かっていたので、自分もミスしないように心掛けながらやってました。相手が緊張してたのか最初はミスが多かったんですけど、途中からだんだんミスが減ってきて、自分もミスが増えてきた場面もあって。でも後半は修正してミスなくできたのでよかったです。

――セカンドセットはファーストセットの勢いそのままにプレーできた印象です

そうですね、ファーストセット取れたのが本当に大きかったです。

――次戦以降への意気込みをお願いします

出たら必ずチームに一本持って帰りたいという気持ちです。あとはサポートしてくださってるみなさんに感謝の気持ちを忘れずにプレーしたいです。