メニュー

庭球部

2018.09.05

関東大学リーグ 9月3・5日 東京・明大西調布テニスコート

リーグは白星発進!幸先の良いスタートを切る/男子亜大戦

 上位2校に全日本大学対抗王座決定試合(王座)への出場権が与えられる関東大学リーグ(リーグ)が、ついに開幕。早大は初戦で亜大と対戦した。悪天候の影響で3日にダブルス、5日にシングルスと日をまたいでの試合となったが、集中力を切らさなかった早大は8-1と亜大を圧倒。リーグ開幕戦で快勝し、幸先の良いスタートを切った。

チームに1勝目を届けた古賀(左)・安上組

 降雨の影響で開始時間が大幅に遅れたリーグ戦初戦。イレギュラーなかたちにはなったが、ダブルスから勢いを付けるべく、3組が試合に臨んだ。まず1勝目を持ち帰ったのは、ダブルス3の古賀大貴(スポ3=大分舞鶴)・安上昂志(スポ3=福岡・柳川)組だ。平行カウントで試合が進んだファーストセットは、好リターンが光った第10ゲームでブレークに成功。セカンドセットでは相手のミスにも助けられながら要所を締め、6-4、6-3と盤石の戦いぶりを見せた。それから程なくして、2勝目を挙げたのはダブルス1の坂井勇仁主将(スポ4=大阪・清風)・田中優之介(スポ2=埼玉・秀明英光)組。全日本学生選手権チャンピオンのエースペアは、ファーストセットから相手を圧倒した。セカンドセットではジャッジともめる場面もあったが、冷静に対応。タイブレークでは、出だしで相手を突き放し、7-1でものにした。ダブルス2の齋藤聖真(スポ4=神奈川・湘南工大付)・島袋将(スポ3=三重・四日市工)組は、経験豊富な二人だが、緊張から思うようなプレーができず、ファーストセットを落としてしまう。しかし「セカンドセットはお互い気持ちの整理ができた状態で入れた」(齋藤)と、トイレットブレークをうまく利用し、切り替えた。サーブリターンをしっかり通すことでリズムを生み出し、セカンドセット中盤からは齋藤・島袋組のペースに。逆転勝利を飾り、ダブルス全勝でシングルスにつなげた。

ネットプレーを展開する齋藤(左)・島袋組

 ダブルスから2日後に行われたシングルス。シングルス6で起用された藤井颯大(スポ2=京都・同志社国際)はDEF勝ちとなり、リーグ戦デビューとはならなかった。早大の勝利を決めたのは古田伊蕗副将(スポ4=静岡・浜松市立)。6-2、6-1と圧巻のスコアでチームを勢いづけた。シングルス4の齋藤は関東学生選手権準優勝の熊坂拓哉(亜大2年)と対戦。ファーストセットこそ4-6で落としたものの、その後はしっかりと相手のテニスに対応し、逆転勝利。単複共に勝利を挙げる活躍を見せた。早大が誇るトップ選手が名を連ねたシングルス上位陣。シングルス3の田中優が接戦の末に敗れ全勝とはならなかったが、先日アジア競技大会から帰国したばかりのエース島袋将(スポ3=三重・四日市工)も健在ぶりをアピール。早大シングルスの層の厚さを見せつけるかたちとなった。

 雨の影響でイレギュラーな進行となったが、結果としてダブルスで3-0としたことが早大に勝利を呼んだと言えるだろう。「とにかくダブルスでリード、3-0を目指してやっていければ結果はついてくると思う」(坂井)。ダブルスでリードし、シングルス下位陣で勝負を決める。開幕戦は早大が得意とするパターンで勝利をつかんだ。次なる戦い・明大戦もダブルスからエンジン全開で臨む。

(記事 吉田優、松澤勇人 写真 小田真史、松澤勇人)

結果

○早大8-1亜大



ダブルス1
〇坂井勇仁主将・田中優之介6-2、7-6(1)加藤彰馬・吉田慎
ダブルス2
〇齋藤聖真・島袋将5-7、6-2、6-1清水奎吾・堀内竜輔
ダブルス3
〇古賀大貴・安上昂志6-4、6-3高見澤岳飛・呉岡拓弥


シングルス1
〇島袋将6-4、6-4加藤彰馬
シングルス2
〇千頭昇平6-4、6-3堀内竜輔
シングルス3
●田中優之介5-7、6-2、6(0)7高見澤岳飛
シングルス4
〇古田伊蕗副将6-2、6-1清水奎吾
シングルス5
○齋藤聖真4-6、6-3、6-4熊坂拓哉
シングルス6
○藤井颯大DEF吉田慎

コメント(※ダブルス終了時)

坂井勇仁主将(スポ4=大阪・清風)

――ダブルスの結果については

初めてのオーダーで臨んだんですけど、3-0という結果はシングルスにいい流れでつなげられたんじゃないかなと思います。

――きょうのオーダーはどのような意図で組まれましたか

島袋はインカレ出てなくて学生と組むのも久しぶりでどうかなって思ってたんですけど、立ち上がりは久々に団体戦で硬さもあったんですけど途中からはしっかりやってくれたかなと思います。

――ダブルス3が最初に勝利を挙げました

古賀・安上は3だったら一番くらい実力のあるペアだと思うので、自信持って3組送り出せましたね。

――きょうは雨で試合開始が遅れましたが、その際はどのようにチームをまとめているのですか

僕はそんなに気を張らせることはせず、各自に任せてます。集合の時にすぐに切り替えられるように、目につくような行動があったら注意はしますけど、基本的には自主性ですね。

――シングルス、そして今後のリーグへの意気込みをお願いします

ダブルスがカギになるのは間違いないので、ダブルス出る人がチームを引っ張って行かなきゃだと思います。それがしっかりできればシングルスもいい流れで入れると思うので、とにかくダブルスでリード、3-0を目指してやっていければ結果はついてくると思います。

齋藤聖真(スポ4=神奈川・湘南工大付)・島袋将(スポ3=三重・四日市工)

――このペアで出場するというのはいつ頃言われていたのですか

島袋 可能性あるなってなったのは、1カ月前くらいですかね、(亜大との)対抗戦の時だと思います。そこで初めて聖真さんと組みました。

齋藤 でもその時はリーグにこのペアで出るなんて思ってなかったです。その時は亜細亜相手に6-1、6-4で勝って、すごくいい印象があったのでそれは伝えて、夏関(関東学生選手権)終わってから練習でも組み始めたんですけど、最初は合わないところもあったけど、悪くないなって自分たちも周りも感じてたと思います。

――ファーストセットは硬いプレーが多かったですが、緊張からでしょうか

島袋 その通りです、本当に堅かったです。

齋藤 緊張してたんだと思います。

島袋 団体戦は緊張するってのは分かってることですし、その中でベストのパフォーマンスをしなきゃいけなかったんですけど、僕たちの方は足が止まっていて、簡単なミスを多くしてしまってファーストは落としてしまいましたね。

――結果としては逆転勝利ですが、いかがですか

齋藤 ファースト取られたとは言ってもチャンスはあって、それはお互い分かっていたので、ファースト終わってトイレットブレーク取って、セカンドセットにはお互い気持ちの整理ができた状態で入れたかなと思います。セカンドもファイナルも最初のゲームは相手にキープされたんですけど、そこは相手のサーブがよかったので割り切って、その次への入り方がよかったのが一番かなと思いますね。リターンゲームでしっかりリターンを通せばこっちが勝負できると思っていて、それは和田(隼友主務、社4=栃木・足利工大付)からも伝えられていたので、それを実行できたのがスコアや結果につながったと思います。

――ダブルスは合計3-0となりました

島袋 内容はともあれ3-0つけられたのはよかったと思います。3-0がベストなので、これを今後も維持できるように、一人一人気を引き締めていきたいです。

齋藤 3試合ともジャッジともめる部分が見られたので、もっと厳しい戦いになればそういう状況も増えてくると思います。その中で初戦でしっかり3-0にできたのはよかったと思います。

――まだまだ続くリーグへの意気込みをお願いします

島袋 シングルスがまだ残ってるので、まずは初戦でしっかり9-0つけられるように頑張ります。そこから勢いよく明治、法政戦に乗り込んでいきたいです。一戦一戦集中していきます。

齋藤 リーグは毎年雨で時間が変わったり会場が変わったりとイレギュラーなスケジュールになることが多いので、それを乗り越えて王座への切符をつかんでこそ、その後の戦いに生きてくると思います。長い期間ずっと気を張っていても疲れちゃうので、オンオフ切り替えながら生活していければいいかなと思います。

古賀大貴(スポ3=大分舞鶴)・安上昂志(スポ3=福岡・柳川)

――いよいよリーグ戦が始まりましたが、今日の第1戦にはどのような気持ちで臨みましたか

安上 団体戦なので個人戦とは違う緊張感があって普段できるプレーができないこともあるだろうなというふうには思っていました。そう思いながらも、チームのためにその日に自分ができることをやろうと思って試合に臨みました。

古賀 (5月の)早慶戦であまりいい試合ができなくて、それ以降久しぶりの団体戦で緊張するというのは分かっていたので、自分たちがやることを決めて元気出していこうというふうに思って試合に入りました。

――ファーストセットは勝負どころでブレークして取るかたちになりました

古賀 特別よくはなかったんですけど、悪くもなくしっかり自分たちのかたちでしつこくしつこくやれていたので、結果的に大事なところで相手にミスが出たりっていう感じでやれました。初戦の入りとしてはよかったかなとは思っています。

――セカンドセットは先にブレークされたものの中盤からはリードした展開で進みました

安上 そうですね。ただ思っていたよりも相手が落ちなかったので、セカンドセットもこっちが危ない場面もありましたし、ずっと気は抜けない展開だったんでした。キープしたい時にキープできて、ブレークしたい時にブレークできたので、全体的にはセカンドセットも悪くはなかったかなとは思います。でも出だしでもうちょっと相手を突き放せていれば、もしかしたらもっと楽な展開になっていたかなと思うので、そこは反省すべき点というか、前半でリードしたかったなと思います。

――この後亜大戦はシングルスが、またリーグ戦自体も続いていきますが、今後に向けてはいかがですか

安上 この後のことはどうなるか分からないですけど、出たらしっかりチームに一勝を持ってこないといけないと思うので、出たらしっかり勝つこと。出なくても、選手はすごく緊張すると思うので、自分たちが今日の試合で支えてもらったみたいに支えられるように、しっかり応援したいと思います。

古賀 徐々に相手も強くなってくるので、調子を上げていかないといけないと思います。いい準備をして試合に出たらしっかり勝てるようにっていうのと、出られなくてもモチベーションを落とさずにしっかり応援して、また次に備えるっていう感じでやっていきたいです。