剣道部

2018.09.03

関東女子学生優勝大会 9月3日 東京武道館

またも全国に届かず…無念の2回戦敗退

 全国の壁は厚かった。3年ぶりの全日本女子学生優勝大会(全日本)出場を懸け臨んだ早大勢だったが、結果は2回戦敗退。日本一の夢はまたしても道半ばにして途絶えた。

1回戦では見事2本勝ちを決めた山下

 早大の1回戦の相手は高崎健大。先鋒の山下紗奈未副将(社4=山形・左沢)は「絶対に勝って後ろに回すっていう強い気持ちを持って臨んだ」と中盤に立て続けに2本のメンを奪い快勝。チームに流れをもたらす。その後、1年生ながらレギュラー入りを果たした二神明日美(社1=愛媛・済美)も相メンを決め勝利。順調に2回戦に駒を進めた。

 2回戦で当たったのは宿敵・駒大。昨年度、同じく2回戦でまさかの敗北を喫した相手だ。さらにメンバーも5人中4人が昨年と変わらないということもあって、リベンジに燃えた早大であったが、序盤から思うように一本が取れない。パワーで圧倒する相手に攻めきれない展開が続いた。そしてついに副将戦で試合が動く。副将・太田麻友(スポ3=茨城・守谷)は序盤から果敢に攻め続ける。しかし中盤、技を仕掛けようと手元が上がった瞬間を捉えられ、相手のコテが決まってしまう。その後太田は逆ドウや引きメンを狙うもなかなか1本には届かず、1本負けとなってしまった。もう勝つしかない場面、大将は小西波瑠主将(スポ4=大分舞鶴)。初太刀から激しい打ち合いとなった。なんとか勝ちが欲しい小西だったが、序盤に相打ちになり、メンを食らってしまう。その後、必死にドウや飛び込みメンを繰り出すも、相手の頑丈な守備の前にうまく決めきれない。結局最後まで小西の技が通ることはなく、早大の2回戦敗退が決まった。

小西の試合を見守る早大勢

 「去年負けてる分、私たちの方が負けたくないって気持ちは強いと思ってたし、研究もしたんですけど、まだ力が及ばなかった」(小西)。試合を終えた選手たちの頬には涙が伝っていた。今年こそは、と臨んだ今大会だったが、これで早大は3年連続で全日本出場を逃したことになる。勝てない試合ではなかっただけに、悔しさもひとしおだ。だが、今月末には早慶女子試合(早慶戦)も行われる。「最後の試合になるので、自分が勝って終わりたいってのもあるし、今まで関わってきた人に恩返しをしたいっていう点でも早慶戦では負けられない」(沖田瑞希、社4=京都・日吉ヶ丘)。4年生は早慶戦で引退を迎える。気持ちを切り替えて、次は笑顔で有終の美を飾りたい。

(記事・写真 松本一葉)

結果

1回戦 ○早大2(4)―(1)1高崎健大●

先鋒 山下 メメ―  布施

次鋒 沖田   ー  竹島

中堅 二神 メメー  田中

副将 太田   ー  小島

大将 小西   ーメ 藤生

 

2回戦 ●早大0(0)―(2)2駒大○

先鋒 山下  ―   大園

次鋒 沖田  ー   五十嵐

中堅 二神  ー   前波

副将 太田  ーコ  徳田

大将 小西  ーメ  越田

 

早大 2回戦敗退

コメント

小西波瑠主将(スポ4=大分鶴崎)

――試合を終えて今率直にいかがですか

みんな私に回してきてくれたのにそこでとれなくて、すごい責任は感じてます。

――駒大とは昨年も当たりましたが、対策などは考えられましたか

もう向こうは5人中4人は去年負けたメンバーと変わってなかったので。でも去年負けてるって分、私たちの方が負けたくないって気持ちは強いと思ってたし、研究もしたんですけど、まだ力が及ばなかったな、という感じです。

――展開も去年と似ていました

そうですね、自分も去年のシーンがフラッシュバックして。でも試合始まる前にみんなの顔見て、自分の出来ることはもう精一杯出来たと思うので、悔いはないです。

――きょうの2試合はベストメンバーで臨まれたのですか

そうですね、本当に拮抗してる状態だったので、選考で実力のあるものが負けたり波乱もあったんですけど、もう選ばれた中で私たちはもう精一杯のメンバーだったと思います。

――1年生の二神明日美さん(社1=愛媛・済美)がレギュラー入りを果たしました

すごい安定感のある子で、安心して試合を任せられましたね。

――作戦としてはつないでつないでという感じでしたか

今年は全員が1本を取りに行くっていう強い気持ちでやった結果がやっぱああいうスコアに、向こうも強かったのでなかなか1本取れないっていう場面が続いたのかなって思います。

――2回戦では旗が1本と2本に分かれて1本取られてしまう展開もありました

そうですね、正直自分でも打った瞬間は当たったかなって思ったんですけど、まあ悔しいっていう気持ちです。

――最後に早慶戦に向けて意気込みをお願いします

今年は15連覇がかかってるので、でもあんまり15連覇っていうのは意識しすぎず、最後の試合で最高の試合ができるように頑張ります。

山下紗奈未副将(社4=山形・左沢)

――試合を終えて今率直にいかがですか

自分が勢いをつけて後ろに回さなきゃいけなかったんですけど、なかなか1本とれなくて。やっぱり悔しいですね。

――試合前に話し合いなどはされましたか

去年負けてたので、同じ相手には絶対負けないって、絶対勝とうって気持ちで戦おうってレギュラーみんなで集まって話し合いました。

――1回戦では見事2本勝ちを収めました、これで勢いに乗った部分もあるんじゃないでしょうか

そうですね、最初の試合で一番最初に試合をやるのが自分だったので、これが一番大事な戦いになるかなって思って、絶対勝って後ろに回そうっていう強い気持ちを持って臨んだので良かったです。
もともと相手も去年から出ているメンバーですごい勢いのある選手だったので、その勢いに負けないように、気持ちは絶対に負けないように相手よりも上回ってガンガン行ったので。でもそれが最初からできてたらもっと良かったのかなって思います。

――後ろで試合を見守ってていかがでしたか

自分の試合がうまく勢いをつけれたのかなっていう不安はあったんですけど、こう起きたから続いて、こう勢いのある試合をしてくれてすごくほっとして見れてる部分もありましたし、でも最終的に取られてしまったのは、相手の方が上手だったのかなって思うので、もっと実力をつけていけたらなって思いました。

――最後に早慶戦に向けて意気込みをお願いします

今年も、ポジションは私はどこになるかわからないですけど、どこのポジションになっても自分が勝って、チームを勝利に導けるように頑張ります。

沖田瑞希(社4=京都・日吉ヶ丘)

――試合を終えて今率直にいかがですか

今は何も考えられないです。

――選考はいかがでしたか

厳しい戦いでしたね。品川(大華、スポ3=広島・広)も入ってないですし、中澤(結貴、社3=伊奈学園)も入ってないし、めちゃくちゃ厳しかったですね。

――1回戦の相手は上段でした

上段って知らなくて、焦ってしまったんですけど、まあ硬かったんじゃないかなってのが率直な感想ですね、自分の剣道が。

――1回戦目はみなさん入りが硬いような感じがしました、緊張もありましたか

そうですね、別に1試合目なので、緊張せずにとは監督も言われなかったので、いい緊張感の中で1回戦もできたんじゃないかなって思ってるんですけど。

――2試合目はつないでつないでという感覚でしたか

最初から、もうつないでつないでってよりかは、精一杯のことをしようって感じでやりました。

――後ろで試合を見守っていていかがでしたか

見てて負けるとは思わなくて、安心してみてたっていうのも正直あって。取られた時もまだ返せるんじゃないかと思ったので。見ててなにかあったとかもないですし、自分たちがもうつないでああなってしまったからもう仕方ないなって感じで。

――最後に早慶戦に向けて意気込みをお願いします

最後の試合になるので、もう自分が勝って終わりたいってのもあるし、今まで関わってきた人に恩返しをしたいっていう点でも早慶戦では負けられないなって思うので、4年生を中心に、頑張っていきたいと思います。