ソフトボール部

2018.08.31

第53回全日本大学選手権 8月31日 石川・スカイパークこまつ翼C面

悲願の優勝へ。主将の一振りで初戦突破!

1回戦
関 大
早 大
◯杖子-実重
◇(二塁打)石井 ◇(本塁打)鳥岡

 涙の2回戦コールド負けから一年。今年は北陸・石川で全日本大学選手権(インカレ)が開幕した。4年ぶりのインカレ制覇に向けて――。早大は初回、鳥岡健主将(スポ4=岡山・高梁)の中越え3点本塁打で先制に成功。先発の杖子量哉(スポ4=岡山・新見)は終盤に関大の追い上げを許すも、なんとかリードを守り切り白星発進した。

 試合はいきなり動いた。早大は1番・石井智尋(スポ2=千葉敬愛)の右中間への二塁打でチャンスメイク。2番打者が三振に倒れるも次打者が四球を選び、打席には、この一年主将としてチームをけん引してきた4番・鳥岡。「カウント的に有利。狙い通りに打てた」(鳥岡)。3球目のファーストストライクを決して逃さなかった。甘い球を捉えた痛烈な打球はセンターのフェンスを越えた。好機での打線のつながりを欠いた東京都大学連盟春季リーグ戦(春季リーグ戦)から一転、主将の一振りで先制に成功する。3点の援護をもらった杖子は、たびたび走者も背負いながらも関大打線を5回までゼロに封じた。3回には2死から三塁打を浴び、打者走者は一気に本塁を陥れようとしたが、左翼手・梶谷陽介(法2=神奈川・柏陽)と遊撃手・丹野太郎(スポ3=兵庫・滝川学園)の確実な中継プレーで本塁刺殺。続く4回にも三塁手・高橋尚希(スポ2=宮城・泉館山)に好守が飛び出し、野手陣にも助けられた。

先制の中越え3点本塁打を放った鳥岡主将

 だが、ピンチは訪れる。5回、関大の先頭打者に出塁を許すと、その後安打でつなげられ1死二、三塁。「3点リードしてる。ランナーを気にせず余裕を持って守ろう」(鳥岡)。マウンドに集まった守備陣に主将はこう声を掛けた。一度間を置き、冷静になった杖子は後続をきっちりと打ち取った。しかし6回にも山場がくる。先頭打者に失策で出塁を許すと、その後盗塁と暴投により三塁へ進塁。ここは犠飛を放たれ、1点を失った。さらに関大の追い上げは続く。迎えた最終回、この回先頭の7番打者が初球を捉えた打球は右翼へぐんと伸びていった。これが本塁打となり、早大は勝利を目前にして1点差に詰め寄られてしまう。だが杖子はなんとか踏ん張り、最後の三つのアウトを確実に取ってゲームセット。見事初戦を突破した。

粘り強く投げ抜いた杖子

 「初戦だったので、ちょっとみんなも硬かった」(鳥岡)。初回に3点を奪い主導権こそ握れたものの、まだまだ得点機は存在した。春季リーグ戦の打撃不振から徐々に抜け出すことはできているが、まだまだ本領発揮というべき状態ではないだろう。全国各地区から勝ち抜いてきたチームが一堂に会し、火花を散らすインカレ。今後勝ち残っていくには、ワンチャンスをものにできるかどうかに懸かっている。あすは2回戦を勝ち抜けば、ダブルヘッダー。東日本大学選手権で苦汁をなめさせられた国際武道大と対戦する可能性も残っている。悲願の優勝へ――。ワセダの挑戦は始まったばかりだ。

(記事 石﨑開、写真 守屋郁宏)

コメント

鳥岡健主将(スポ4=岡山・高梁)

――いよいよインカレの開幕を迎えました。今の心境としてはいかがですか

四年間の最後だからやってやろうという思いはあるんですけど、それに加えてこの一年間結果が出なかった悔しさをぶつけて、全部出し切ろうという思いが強いかなと思います。

――その中で最初の打席がチャンスの場面でまわってきました。どんなことを意識して打席に入りましたか

ランナーを返すとか返さないとかそういうことではなくて、ただボールに集中するということだけを考えて打席に入りました。狙ったところを振るというだけでした。

――その狙いと実際に打った球について教えてください

2ボール、ノーストライクだったので、カウント的に有利だったし、甘いところに来ると思ったので、ベルトから膝の高さを狙おうと思っていました。ちょうどベルトのところにすっと来てくれたので、狙い通りに打てたかなと思います。

――試合のターニングポイントとしては5回の守備にあったと思います。タイムをとった際にどんなことを共有しましたか

3点勝っているんだし、とにかく1個ずつアウトカウントを増やしていけばいいかなということで、あまりランナーを気にせずに、余裕を持って守備をやろうという意識付けをしました。

――今日のチームの得点はご自身の本塁打で挙げた3点止まりでした。目指す攻撃はどの程度示せたと考えますか

今日は初戦だったので、ちょっとみんなも硬かったかなと思います。自分たちから仕掛けるような攻撃的な姿勢で行けなかった部分がところどころあったなと思うので、そこは明日以降への反省材料かなと思いますね。

――明日は2回戦で勝利すればダブルヘッダーとなります。どういう風に臨んでいきますか

このチームでやれるのも最大であと4試合なので、目の前の一つ一つに完全燃焼するという気持ちで臨んでいくしかないと思います。特にうちは挑戦者なので、変に構えたりせずにやっていきたいと思います。

杖子量哉(スポ4=岡山・新見)

――ついにインカレが開幕しました。どのような気持ちで試合に臨まれましたか

絶対勝ちたいというのと、最後なので楽しんで投げたいという思いを持っていました。

――本日効果的に使えた球はありましたか

チェンジアップが良かったかなと思います。

――ライズボールの割合はいかがでしたか

ドロップ5割、ライズ3割、チェンジアップ2割くらいだったかなと思います。

――相手打線がバントの構えなどで揺さぶってきましたが、気にならなかったのですか

揺さぶってきたバッターが高校の同期とか後輩だったので、何をやってくるか分かっていたので。お互い会話しながら、楽しんで(プレーしました)。

――明日は第1戦に勝てばダブルヘッダーとなりますが、意気込みをお願いします

2試合とも完封して、近年遠ざかっている最終日に残って優勝したいです。