ハンドボール部

2018.08.31

関東学生秋季リーグ 9月1日~10月7日 国士館大学多摩体育館ほか

関東学生秋季リーグ男子展望

 関東学生秋季リーグ(秋季リーグ)が9月1日をもっていよいよ始まろうとしている。関東学生春季リーグ(春季リーグ)では久しぶりの優勝をつかみ取ったワセダセブン。2季連続で頂を狙う彼らはどのような戦いを見せてくれるのだろうか。

 まずはオフェンス面とディフェンス面に分けて見ていこう。昨季の総得点数は筑波大に続いてリーグ2位であったワセダ。やはり攻撃の中心となるのは、山﨑純平主将(社4=岩手・不来方)、伊舎堂博武副将(社4=沖縄・興南)、小畠夕輝(スポ4=岡山・総社)のフローター陣、そしてキレのある動きから多彩なシュートを繰り出す正サイドの三輪颯馬副将(スポ4=愛知)ら、昨季個人賞を受賞したメンバーだ。今季も『堅守速攻』を起点に、連続得点で相手を引き離すような爆発的な攻撃力を見せたい。一方この夏、ワセダが最も重点的に強化してきたのはディフェンス時の連係だ。春季リーグではボールへの強い執着心が冴えわたり総失点数の少なさでリーグトップに立ったが、良くない失点の仕方もゼロではなかった。「寄りであったり1対1の強さであったりそこのコミュニケーションであったり」(山﨑)を強く意識し、春に比べて完成度を高めてくる他大のオフェンスに備えている。攻守どちらにおいても春季リーグで主戦だったメンバーがこの秋も健在で、スターターそのもの変動は多くはなさそうだ。しかし、清原秀介(商3=東京・早実)と逆サイドのポジション争いを繰り広げる宗海皓己(スポ4=高知・土佐)や、要所での出場が考えられる四十宮実成(政経4=徳島市立)、宮國義志(社3=沖縄・浦添)など、強力な顔ぶれがそろっている。試合の行方を占う場面で誰が起用されるのか見どころだ。

鍛えてきた堅守が本領を発揮できるか

 頼もしい戦力がそろっているのは上級生だけではない。6月の早関定期戦で大暴れした前田理玖(スポ2=福井・高志)や、入学直後から出場のある福田友貴(スポ1=神奈川・法政二)、青沼健太(社1=千葉・昭和学院)らの成長は著しく、春季リーグと比べても彼らのコートに立つ機会や時間は増えそうだ。ワセダは定期戦やミニミニカップでチームを二分三分して編成し、個の力を鍛えてきた。一人一人のプレー時間が増え、出場機会が少なかったメンバーも経験を積むことが意味は大きいに違いない。また、自身のプレーをアピールする絶好の場でもあったこれらの大会で、ベンチ入り争いはいっそう激化。限られた枠を奪取するため、各選手がチーム内のライバルとのしのぎを削っている。「争う分だけチームのプラスになると思うので、切磋琢磨してできていて良いと思います」と山﨑主将。個々のレベルアップがチームの底上げを導いているといえよう。チーム内の強い競争意識によって、スターター以外にも多彩な戦力をベンチにそろえられることは、全日本学生選手権(インカレ)において決勝までの5連戦を戦い抜くことを考慮しても好材料となる。秋季リーグは選手層の厚さで他大を圧倒し、総動員で相手に襲い掛かりたい。

サイドでプレーする前田。下級生の台頭にも注目だ

 伝統的な特徴である『堅守速攻』の精度、泥臭いながらも切らすことのないボールへの集中力、そしてチーム全員で戦うという心構え。春に体現されたワセダらしさが、夏を経てさらに強固なものへと進化したように思える。無論、『一戦必勝』のスタイルも春と同様で、立大との開幕戦へ照準を合わせている状況だ。春季リーグ、秋季リーグ、インカレをすべて制する『3冠』という悲願達成のためにも、関東連覇は必須条件。ワセダセブンが秋の陣でもその力を遺憾なく発揮する。

(記事・写真 小松純也)

コメント

山﨑純平主将(社4=岩手・不来方)

――秋季リーグ開幕前、練習の雰囲気は良いでしょうか

そうですね、徐々にリーグに向けて。6月7月ぐらいはモチベーションも上がりにくくて大変だったんですけど、8月に入ると意識も変わってきて、みんなリーグに向けて春秋連覇、2冠へすごく雰囲気は上がってきているので、よくできていると思います。

――夏の間重点的に強化してきた部分は何ですか

主に強化したところは個人技で、やはり最終的には個なので、個のレベルアップは6月7月ぐらいにやって。今月に入ってからはディフェンスの寄りであったり1対1の強さであったりそこのコミュニケーションであったり、ディフェンスを強化してきました。

――ミニミニカップや定期戦でもそういったところを意識していたのでしょうか

そうですね。2チームや3チームに分けていたので、そこでは個人技、個の底上げということで、そういった目的を持ってやっていました。

――ベンチ入り争いも激しくなってきたのでしょうか

激しいと思います。自分のワンプレーでも試合に使ってくれというアピール、当落線上でのメンバー争いはすごいです。でもそこは争う分だけチームのプラスになると思うので、切磋琢磨してできていて良いと思います。

――やはり春のスタメン陣がオフェンス・ディフェンスでポイントになってきますか

そうですね。ただ下級生、例えば前田(理玖、スポ2=福井・高志)や福田(友貴、スポ1=神奈川・法政二)、青沼(健太、社1=千葉・昭和学院)あたりは春よりも出場機会が増えてくるかなと。やはりインカレ5試合をスターティングメンバ―だけでは戦えないので、控え選手(の出場)は春よりも多くなってきてよりチーム力が試されるというか、チームで勝ちにいかなければならないという感じですね。

――春季リーグと同様、目の前の一戦へ意識は変わりませんか

そうですね。今はもう初戦の立教戦しか見ていないので。逆にそこ勝てば(勢いに)乗れると思うので、初戦、目の前の一戦が今一番大事かなと思います。

――最後に秋季リーグ優勝へ向けて意気込みをお願いします

春季リーグ優勝できたんですけど、秋季リーグはどのチームも自分たちを倒そうとやってくると思うので、それにひるまず自分たちは自分たちのやるべきことをしっかりやって、春同様チーム全員で戦うワセダらしさを見せて、優勝を狙っていきたいと思います。