野球部

2018.08.29

8月28日 侍ジャパン壮行試合 神宮球場

小島が高校代表を相手に力投!失点も持ち味発揮

TEAM
高校日本代表
大学日本代表 ×
(大)田中、清水、小島、津森、森下、松本、甲斐野-藤野

 大阪桐蔭高の優勝で幕を閉じた、夏の甲子園から1週間あまり。いまだその熱気も冷めやらぬ中、大学野球の聖地・神宮球場で、大学日本代表と高校日本代表の壮行試合が行われた。全国から精鋭が集められたこの試合に、早大からはエース小島和哉主将(スポ4=埼玉・浦和学院)が出場。2回を投げ1点を失ったものの、直球を軸にした巧みな投球術で、満員の観衆を釘付けにした。

1点は失ったが、持ち味は発揮した

 3点リードで迎えた4回から登板した小島。いきなり上位打線との対戦となったが、先頭打者を中飛に打ち取ると、続く打者をそれぞれ中飛、三直に切って取り、無難にこの回を終える。しかし続く5回。先頭の大阪桐蔭高の根尾昂(3年)に初球の直球を捉えられると、ライナー性の打球は目測を誤った中堅手の頭上を越えて外野最深部へ。これが不運な三塁打となり、次打者の一ゴロの間に三塁走者が生還。1点を失った。しかし小島は気落ちすることなく、冷静に後続を投ゴロ、遊ゴロに切って取った。この回で降板したため2回1失点という結果にはなったが、持ち味を十分に発揮したマウンドとなった。

試合後の整列で、大阪桐蔭高エース・柿木蓮(3年)と向かい合う小島(中央)

 試合は3本の本塁打を放った大学日本代表が7-3で貫禄勝ちを収めた。この試合を後に、大学日本代表の選手たちはそれぞれの大学へと帰っていく。六大学の精鋭たちが照準を合わせる先は、開幕まで10日あまりに迫った東京六大学秋季リーグ戦。開幕日の9月8日に先発が予想される小島も、もちろんその一人だ。初戦となる法大戦に向けて、残り少ない時間を有効に活用していく。

(記事 望月優樹、写真 松澤勇人)

小島の投手成績
名前 打者 球数
小島和哉 29 4.50