メニュー

庭球部

2018.08.28

関東学生選手権 8月27日 埼玉・大宮けんぽグラウンド

木元・田中優組が古賀・安上組を圧倒し、優勝!

 猛暑の続く大宮で行われた関東学生選手権(夏関)は最終日。男子ダブルス決勝は、昨年に続き早大ペアの同士打ちとなった。結果は木元風哉(社2=埼玉・早大本庄)・田中優之介(スポ2=埼玉・秀明英光)が、古賀大貴(スポ3=大分舞鶴)・安上昂志(スポ3=福岡・柳川)組を圧倒。先輩後輩対決は、後輩ペアに軍配が上がった。

決勝戦でも木元(右)・田中優組のサービスゲームは抜群の安定感を誇った

 準決勝までを順当に勝ち上がってきた両ペア。普段は共に練習を行い、お互いに手の内を知っている。戦略について「いつも練習でしているのでそんなに深くは考えていなかった」(田中優)、「僕らも特にプランはなかった」(古賀)と、まさに真っ向勝負の戦いが行われた。ファーストセット、古賀のサーブで始まった第1ゲームから試合は動く。強風が吹き荒れる中、両ペアの激しい打ち合いに。3度のジュースの末、田中優の好リターンで木元・田中優組がブレーク。「いいイメージで入れた」(木元)と、続くサービスゲームをしっかりキープし、流れをつかんだ。その後も木元・田中優組が球足の速いストロークやボレーで攻め立てる。準決勝、準々決勝で一度もブレークを許していない古賀・安上組に対し、3度ブレークに成功し、6-1で奪った。セカンドセットも情勢は変わらず。古賀・安上組も今大会好調のサーブで相手を崩そうと試みるが、木元・田中優組がリターンを通すとあっという間に二人のペースに。最後は古賀のボレーがネットにかかり、ゲームセット。「二人(古賀・安上組)は勢いがすごいので、乗らせないようにだけは意識した」(田中優)、「得意パターンになる前に終わっていたので完敗」(安上)。古賀・安上組の追随を全く許さず、木元・田中優組が圧巻の試合運びで、優勝を果たした。

ここまで順調に勝ち上がってきた古賀(左)・安上組だが、決勝では後輩ペアに圧倒されてしまった

 木元・田中優組の最大の強さは、打球の球威にある。この日の試合でもボレーの得意な古賀・安上組に対し、木元、田中優の両者共に強いストロークで攻め続け、力でねじ伏せる場面が多くあった。加えて巧みさも兼ね備える。ファーストセットでセットポイントを握った場面では、これまで強いボールを打ち続けていた中、木元が絶妙なロブショットを上げ、見事にポイントを奪った。田中優もサーブやストロークに加え、ボレーにも磨きをかけ「前よりはうまくなったんじゃないか」と自信をのぞかせた。これで田中優は全日本学生選手権(インカレ)に続き、ダブルスで優勝。木元は大学での初タイトルとなった。

完全優勝を決め、喜ぶ木元(左)と田中優

 一方、古賀・安上組も強さを増していることは間違いない。春の早慶対抗試合でサーブリターンに課題を見出した二人。これまでとリターンサイドを入れ替え、夏の大会に臨んだ。インカレこそ不完全燃焼に終わったが、わずかな時間で修正を施し、今大会ではリターンでポイントを奪う場面も多くあった。「サーブリターンの質が二人とも上がったので、そこは練習の成果が出た」(古賀)と手応えも得たが、「収穫でもあるし課題でもある」(安上)とさらなる向上へ意欲を見せた。

 これで今季の個人戦は全て終了。休む間もなく、来週からは関東大学リーグが始まり、団体戦シーズンへと突入する。個人戦の結果を見る限り、他大も力を付けていることは間違いない。団体戦ではシングルスの前に行われるダブルス3本を、いかにものにできるかがカギを握るだろう。今大会で決勝を戦った2ペア以外にも、インカレで田中優とペアを組み優勝を果たした坂井勇仁主将(スポ4=大阪・清風)をはじめ、多くのメンバーが出場のチャンスをうかがう。「誰が出ても自分の役割をしっかり果たしたい」(古賀)。早大の底力が試される、秋の戦いが始まろうとしている。

(記事 吉田優、写真 松澤勇人)

チャンピオンに輝いた木元(右)・田中優組

準優勝に輝いた古賀(左)・安上組

チャンピオンスピーチ

木元風哉 まずはじめにこの大会を主催してくださった関東学生テニス連盟の皆様をはじめ、たくさんの方々、本当にありがとうございました。僕はまさか賞状をもらえるとは思っていなかったので、とてもうれしいです。ペアの田中くんには感謝したいと思います。今後もまた頑張っていきたいと思います。ありがとうございました。

田中優之介 まずはじめにこの大会を主催してくださった関東学生テニス連盟様をはじめ、関係者の皆様、本当にありがとうございました。インカレに続き夏関でもダブルスで優勝できたことがすごくうれしく思います。次はシングルスでも盾をもらえるように頑張りたいと思います。本当に今日はありがとうございました

結果

▽男子ダブルス決勝

〇木元風哉・田中優之介6-1、6-2古賀大貴・安上昂志●


最終成績

▽男子シングルス(13人)

ベスト4

小林雅哉

ベスト16

安上昂志、田中優之介

2回戦敗退

佐藤祥次、木元風哉、千頭昇平、武藤洸希

1回戦敗退

町田亮副将、松本貫太朗副将、古賀大貴、髙村佑樹、樋口廣太郎、藤井颯大

▽男子ダブルス(6組)

優勝

木元風哉・田中優之介

準優勝

古賀大貴・安上昂志

ベスト16

佐藤祥次・武藤洸希

1回戦敗退

齋藤聖真・髙村佑樹、町田亮副将・樋口廣太郎、小林雅哉・名越大地

コメント

古賀大貴(スポ3=大分舞鶴)・安上昂志(スポ3=福岡・柳川)、木元風哉(社2=埼玉・早大本庄)・田中優之介(スポ2=埼玉・秀明英光)

――まず今の率直なお気持ちはいかがですか

安上 一言で!

木元 うれしいです!

田中優 今まで二度関東の決勝で負けていたので、三度目の正直で優勝することができてうれしいです。

安上 完敗です。

古賀 悔しいです。

――今日は同士打ちでお互いのことをよく分かっている中での試合でしたが、お互いにどういったプランを考えていましたか

木元 そんなに深くは考えてなかったですけど、何回も練習でやっていて本能的に分かっているところもあったので、いつも通りやりたいなと思っていました。

田中優 僕もいつも練習でしているのでそんなに深くは考えてなかったです。でもやっぱり二人は勢いがすごいので、乗らせないようにだけは意識してやっていました。

古賀 僕らはプランはなかったね(笑)。調子がいいのは分かっていたので、崩せればいいねと話はしていたんですけど、崩れてくれなかったですね。

安上 プランもクソもなかったです(笑)。

古賀 間違いない。強かった、まじで。

――両セット共に木元・田中組が圧倒するかたちになりましたが、試合全体として振り返ってみていかがでしたか

田中優 1ゲーム目でブレークできたのが大きかったです。毎試合のルーティンじゃないですけど、毎回リターンから選んでブレークしてて、それが今日もできたので僕の中では「おっ!いいんじゃないかな」と思うところはありました。

木元 僕もブレークを先にできたのはいいイメージで入れました。なので次のサーブをファーストをしっかり入れることを意識してそこでキープできたのがよかったと思います。

安上 球が速くて、サーブリターンもいいし、ストロークもよくて、ボレーもよかったですし、全部相手が上でした。得意パターンになる前に終わっていたので完敗ですね、本当に。

古賀 何かをしたくてもさせてもらえないくらい全部先に何かやられていたので、同じになっちゃうんですけど完敗です(笑)。

――インカレ、夏関と試合が続きましたが、それぞれこの夏の収穫は何でしょうか

田中優 僕はダブルスがうまくなったんじゃないかなって思います。前まではサーブとストロークとリターンで終わっていたのが、インカレや夏関では結構ボレーでも点が取れていたので、前よりはうまくなったかなと。ちょっとうれしいです。

木元 去年と比べてダブルスはもちろんそうなんですけど、インカレ、夏関と単複で去年より上回る成績を残せたので、そこは自信にしていきたいなと思います。

古賀 インカレでうまくいかなくて夏関に入って、サーブリターンの質が二人とも上がったので、そこは練習の成果が出たのかなと思います。

安上 でも僕はもっとサーブリターンをやらないとペアに迷惑をかけているので、サーブリターンですかね。収穫でもあるし課題でもあります。

――来週からリーグが始まって団体戦のシーズンになりますが、目標や意気込みをお聞かせください

木元 しっかり準備して出る機会があるなら少しでもいいプレーをしていきたいなと思います。

田中優 僕も自分の役割を果たすことです。1週間しかないですけど、シングルス、ダブルスのどちらでも出たら勝てるように準備をしていきたいです。

安上 しっかり準備してチームのために次は戦わないといけないので、出たとしても出なかったとしてもしっかりやりたいなと思います。

古賀 言いたいこと全部言われちゃったんだけど(笑)。

一同 (笑)。

古賀 インカレの結果とかを見ても結構他大が力を付けてきていると思うので、どの試合も気が抜けないですけど、みんなが言ったみたいに誰が出ても自分の役割をしっかり果たして、いいかたちでリーグを終えられるようにチーム一丸となって頑張ります。

田中優 まとめてくれました!(笑)